新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017122日 No.1864
 
タイトル:安倍氏は国会で虚偽答弁を繰り返しても平気で居座れるのはなぜか:悪名高い選挙屋・ムサシの闇協力の下、自民党を傀儡化する米国CIAジャパンハンドラーが自民総裁人事を闇掌握しているからか
 
1.加計学園問題に関して、安倍氏は国会で虚偽答弁を繰り返していたことがばれる
 
 本ブログはこのところずっと、安倍氏の挙動を取り上げていますが、加計学園問題に関して、安倍氏は国会でずっとウソ答弁を繰り返していたことがばれています(注1)
 
 国民は安倍氏と加計氏が長年の友人関係であることを知っており、その親密さを示す証拠画像はネットに溢れています。さらに、安倍氏自身が、加計氏とは友人関係であることを認めています。だから、最初から加計学園ありきで今治市の獣医学部新設認可を下ろした事実を、安倍氏がいくら国会で否定しても、国民の疑いが晴れることはありません。
 
 しかしながら、案の定、安倍氏はやはり国会でウソ答弁を繰り返していたのです。
 
 安倍氏自身は、自分は偉い総理大臣だから、自分の言ったことを国民はみんな信用してくれるはずと勝手に考えているようです。
 
 だからこそ、安倍氏は平気でウソをついてきたわけです。
 
2.安倍氏は一回目の総理になった2006年時点ですでにウソツキ政治家であった
 
 さて、筆者個人が、安倍氏は平気でウソをつく政治家であるとみなしたのは、2006年から2007年にかけて、年金記録問題(注2)が起きたときでした。
 
 この当時、一回目の総理大臣であった安倍氏は年金未払い者(5000万件)に対し、一人残らず必ず支払いますと街頭演説で絶叫していたのをよく憶えています。このときの安倍氏はその時、その時で、その場しのぎで、適当なことを公言していると直感しました。総理大臣の身分で、よくもまあ無責任に、平気で口から出まかせが言えるなと、あきれた記憶があります。
 
 それまで、多くの国民は総理大臣たるものが、国民に向かって、平気でウソをつくはずがないと信じていました。筆者もその一人でした。
 
 その安倍氏は、一回目の総理になる直前、20069月に“美しい国へ”という本を出版していますが(注3)、その後、この本は、統一教会の元会長・久保木氏(注4)の著作“美しい国/日本の使命”のパクリであることがばれています(注5)
 
 筆者も当時、この本を買ってちょっと見ましたが、すぐに放り投げた記憶があります。
 
 よくもまあ、こんな歯の浮くことが書けるなと思ったからです。タイトルからして、ウソくさいわけです。案の定、この本は安倍氏が書いたものではなかったのです。筆者個人の見方では安倍氏には本は書けないという気がします。
 
 こんな本を平気で他人に書かせて、自分が著者を装って、平気で出版していたのです。
 
 安倍氏はこの時点から、国民だましの詐欺師的側面を持っていたのです。
 
3.なぜ、こんな人物があろうことか、二度も総理になれたのか
 
 周知のように、日本の総理は、国民投票で選ばれるのではなく、ときの政権与党の総裁もしくは代表が自動的に総理になります。
 
 安倍氏の場合は、自民総裁選で総裁に選ばれています。
 
 自民総裁選は、悪名高い選挙屋・ムサシが請け負っていますから、いかようにも、票操作が可能です。
 
 本ブログの見方では、自民党は、日本を乗っ取る米国戦争屋CIAジャパンハンドラーの傀儡政党と観ていますから、当然ながら、彼らは自民党総裁選に介入してきます。そして、安倍氏は二度も、総理になっています。ところで、ムサシの筆頭株主が上毛実業であることは周知の事実です(注6)。要するに上毛地方は群馬県であり、自民清和会・故・福田赳夫・元総理の地元です。
 
 安倍氏の父・安倍晋太郎も清和会でしたから、ムサシとのつながりを指摘するブログもあります(注7)。またムサシは自民党への献金企業でもあります。だから、自民総裁選をムサシが請け負うのは自然な流れなのです。
 
 本ブログの見方では、安倍一派がムサシに命じて、自民総裁選の票操作をしても、自民(戦後すぐにCIAの協力でできた政党)を傀儡化する米戦争屋CIAジャパンハンドラーが闇承認しなければ、自民総裁は決まらないのではないでしょうか。
 
 安倍氏の場合、CIAエージェントであった岸信介の孫ですから、米戦争屋CIAジャパンハンドラーが安倍氏を自民総裁(自動的に総理就任)にするという人事を闇承認していると推測されます。
 
 安倍氏の本心では、国民のための政治には一切、興味を示さず、ひたすらアメリカ様の言いなりになっているのは確かですから、いくら安倍氏が反国民的総理であっても、CIAさえOKすれば、堂々と日本国総理をやっていられるのです。
 
 その結果、安倍氏は国会でどれだけ適当なウソをついても、CIAが罷免しない限り、総理でいられるのです。そのことを安倍氏自身がよくわかっているのでしょう。
 
 われら国民はこの日本の現状をきっちり認識した上で、選挙で1票を入れるべきです。しかし、この現状を知らない国民が多いので、安倍自民は選挙で勝つのです。しかも、ムサシの協力もあるわけですから。
 
ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。
 
なお、上記、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
 
注2:年金記録問題
 
注3:美しい国
 
注4:久保木修己
 
注5:きっこのブログ“美しい国って?”200693
 
注6:nk2nk2の日記“上毛実業株式会社=ムサシの筆頭株主2014510
 
注7:wantonのブログ“不正選挙−撹乱情報に御注意を!”2013427
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事