新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命20171210日 No.1872
 
タイトル:遂に本格的な安倍おろしが始動するのか:モリカケ・ヤマカケ・スパコン疑惑に加えて、リニア中央新幹線不正入札疑惑が表面化
 
1.安倍関連疑惑・モリカケ・ヤマカケ・スパコンにさらにリニア中央新幹線不正入札疑惑が加わった?
 
 本ブログでは今、森友学園・加計学園疑惑およびアベトモ・ヤマカケ疑惑に嵌っている安倍氏関連の一連の疑惑事件に加えて、さらに追加されたとみなせるスパコン助成金詐欺事件および、同スパコン社長とアベトモ・山口某の関係を取り上げています(注1、注2、注3)。ところが、以下のように、さらにもうひとつの疑惑事件が加わりました。それが、今回のリニア中央新幹線工事にまつわる大林組の不正入札事件です。
 
 上記、大林組事件には、安倍氏の黒幕のひとりとみなせる日本会議・JR東海の葛西氏が絡むと疑われます、なぜなら、リニア中央新幹線工事の発注者は、JR東海だからです。そしてこの度、あの東京地検特捜部が大林組を立ち入り捜査しています(注4)
 
 筆者個人は、東京地検特捜部の動きはすべて点と線でつながるのではないかと直感して、ネットを調べると案の定でした(注5)
 
 この大林組案件も安倍利権と密接につながる疑惑が濃厚です。
 
 東京地検の大林組への立ち入り捜査のテレビニュースの際、案の定、葛西氏のJR東海も報道されていました。
 
 本ブログにて、安倍氏の黒幕の一人とみなしているのが葛西氏(日本会議)ですが、この人物はJR東海名誉会長です。そして、同氏と関係がありそうなのが、今の内閣人事局長・杉田氏です(注6、注7)
 
 本ブログの見方では、後期高齢者の葛西氏は東大法卒同期の同じく後期高齢者の杉田氏(元・警察官僚)経由で、安倍氏をコントロールしていると観ています。
 
 このような葛西氏の居座るJR東海とリニア中央新幹線利権でつながる安倍一派に、新たに大林組が食い込んで、リニア中央新幹線工事を受注している可能性が大です。
 
2.本格的な安倍おろしが始まったとみなせる
 
 今年10月の衆院選にて、安倍自民は大勝し(不正選挙疑惑あり)、くやしながら、安倍一派は、モリカケ疑惑に嵌っているにもかかわらず、安泰にみえました。そして、彼らはマスコミに圧力を掛けて、モリカケ疑惑を握り潰そうと画策し始めていました。
 
 ところが、今回の大林組への東京地検特捜部の立ち入り捜査で、いよいよ、安倍おろしが本格化したと断定してよいでしょう。
 
 これまで、安倍一派の天敵であった朝日新聞は、20171210日朝刊にて、アンチ安倍の狼煙(のろし)を上げています。
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、今の米トランプ政権下において、旧・米戦争屋から新・米戦争屋に移行中であると本ブログでは観ています。
 
なお、上記、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
 上記、東京地検特捜部は、旧・米戦争屋CIAの事実上の日本支部と本ブログでは観ていますので、米国CIAが指示すれば、彼らは平気で、ときの首相でも逮捕します。
 
 今回、東京地検特捜部は明らかに、安倍おろしに走っているとみなせますので、米国CIAから指示があったか、財務省・検察庁サイドが密かに、米国CIAに掛け合って、安倍おろしの承諾を得たとみなせます。
 
 いずれにしても、米国CIAの了承なしに、東京地検特捜部が勝手に、安倍おろしに走ることは絶対にありません。
 
3.時代遅れのリニア中央新幹線プロジェクトを仕切るのはJR東海の葛西氏ではないか
 
 このリニア中央新幹線の建設コストは総額9兆円とのことですが、案の定、利権の巣窟のようです(注8)
 
 このネット社会に、新幹線はもう時代遅れでしょう。今の日本はもう衰退の一途であり、こんなものは不要です。まさに高度成長期を生きてきた後期高齢者の発想でしかありません。
 
 葛西氏の魂胆は、安倍自民に食い込んで、このコストの大半をわれらの血税で負担させるつもりなのではないでしょうか。本四架橋や関空と同様、従来型のハコモノ行政の典型です。
 
 このような葛西氏の時代錯誤の魂胆を、財務省は見透かしており、検察と連携して、葛西氏のパペット・安倍おろしが始まったということです。
 
4.日本を乗っ取る米国戦争屋が流動化しているスキを突いて、財務省・検察庁の官僚が安倍おろしを始動した可能性がある
 
 さて、日本を乗っ取る米戦争屋は今年3月、デビッドRFが死去した後、上記のように流動化しており、米国CIAのジャパンハンドリングも徹底していない可能性があります。密かに安倍おろしの機会を窺っていた財務省・検察庁の官僚はこのスキを突いて、一挙に動き始めた可能性があります。
 
 彼らの狙いは、葛西・杉田コンビに乗っ取られている内閣人事局を潰すことではないでしょうか。
 
 そして、彼らは新・米戦争屋筋から安倍つぶしの承諾を得た可能性があります。
 
 新・米戦争屋の事実上のボスは、キッシンジャーと本ブログでは観ていますが、その背後に、故・デビッドRFを宿敵とするジェイRFが控えているのではないかというのが、本ブログの読みです。
 
 ところで、ジェイRFは若き日、日本に留学していますが、旧・米戦争屋CIAジャパンハンドラー(生前のデビッドRF配下)に失脚させられた小沢氏と知り合いです(注9)
 
 デビッドRFの亡き後、ジェイRFは、日本の政治家の中では、首相の安倍氏より、ジェイRFの宿敵であったデビッドRFに失脚させられた小沢氏の方を信用していると思われます。
 
 したがって、今回の安倍おろし策動には、意外にも、小沢氏が暗躍している可能性もあります。
 
注1:本ブログNo.1868経産省・NEDOをだまして、東京地検特捜部に逮捕されたスパコン・ベンチャー社長は、レイプ不起訴のアベトモ・山口某を顧問として雇っていた?:野党は国会で是非、追及すべき』2017126
 
注2:本ブログNo.1869米国CIAの事実上の日本支部・東京地検特捜部によるスパコン・ベンチャー社長逮捕劇は、国民から信頼を失った安倍氏の失脚シナリオ幕開けの合図か』2017127
 
注3:本ブログNo.1871東大法卒の官僚にとって、安倍官邸に人事権を握られている現実は絶対に許せないはず:モリカケ疑惑・アベトモ疑惑に次ぐ、スパコン助成金詐欺容疑者逮捕も安倍おろし策動の一環か』2017129
 
注4:朝日新聞“「大林だけで済むのか」 リニア関係者に動揺 不正入札容疑”20171210
 
注5:ネットゲリラ“安倍晋三と大林組”20171210
 
注6:本ブログNo.1750霞が関官僚の人事権を握る内閣人事局の局長に後期高齢者の杉田氏が就任したのはなぜか?:安倍官邸は日本会議系親米似非右翼に乗っ取られていると知れ!』201784
 
注7:本ブログNo.1751安倍氏の指南役・葛西・JR東海名誉会長に代表される親米保守は、根本的な自己矛盾を抱えている:愛国的日本人は間違わないようにすべき』201785
 

注8:IWJマスコミ最大のタブー「リニア中央新幹線」問題に迫る! 「陰の財界総理」こと葛西敬之・JR東海名誉会長の正体とは?〜岩上安身によるジャーナリスト・樫田秀樹氏インタビュー2015.4.132015416

 
注9:阿修羅“副島隆彦先生によるジェイ・ロックフェラー(原子力利権)と小沢一郎の関係。”201143
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事