新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2018413日 No.1992
 
タイトル:森友疑惑で揺れる財務省の福田次官のセクハラが暴露される:森友文書改ざんという財務省による違法行為の暴露(安倍氏に不利)と関係あるのか
 
1.安倍案件のモリカケ疑惑で揺れる財務省の事務次官・福田氏のセクハラ行為が週刊新潮で報じられる
 
 今、日本では、安倍氏の関与が疑われるモリカケ疑惑がマスコミをにぎわしていますが、ここに来て、またとんでもないスキャンダルが飛び出しました、それは、財務省の事務次官・福田氏のセクハラ疑惑の報道です(注1)
 
 この報道では、音源公開と書いてあります。ということは、セクハラ行為の決定的な録音データがあって、それを誌面に記録したということです、すなわち、この音源の録音データが存在していることになります。
 
 すでに、マスコミは福田氏を追いかけていますが、本人は無言を貫いています。
 
 もし、この情報が事実無根だったら、新潮社は間違いなく名誉棄損で訴えられますし、マスコミの質問に対し、福田氏は無言ではなく、強く否定するはずです。ところが、福田氏はまったく、否定できていません。
 
 したがって、このような場合、福田氏が無言でいることは、週刊新潮の記事が事実であることを、福田氏は暗に認めることになります。
 
 新潮社は、この録音データを入手しているのは間違いないでしょう。福田氏は今、まさに針のむしろ状態です。
 
 栄光の財務省次官まで上り詰めた福田氏の人生が、土壇場でパーとなりかけています。
 
 福田氏はこれからどうするのでしょうか、手をこまぬいて、録音リークを待っているつもりでしょうか。
 
 この見極めを誤ると、せっかく築いてきた栄光の財務省キャリアが官僚人生の最終ゴールの時点で水泡に帰すことになります。
 
2.福田氏は、アベトモ・迫田・元理財局長(安倍案件の森友事案協力者)と同期のライバルだった
 
さて、本ブログではすでに、上記、福田氏について取り上げています(注2)
 
 この福田氏は、森友案件にて虚偽答弁を乱発した佐川氏(元理財局長)と同期であり、また、森友事案で安倍氏の御意向に沿って、森友学園への国有地譲渡の特例措置に骨を折った迫田・元理財局長(佐川氏の前任者)とも同期です。
 
 佐川氏は東大経済卒ですから、次官になるのは無理なことくらいは、本人が一番よくわかっていたでしょうが、迫田氏は、福田氏とは、次官競争のライバル同士だったはずです。その迫田氏は、2015年に理財局長になり、森友事案に対する安倍氏の御意向に協力させられていますが、同年、福田氏は主計局長になっており、この時点で出世競争の軍配は、福田氏に上がっていたのです。
 
 上記の関係からわかることは、福田氏は、安倍案件の森友事案について、その真相をよく知っているはずだということです。
 
3.福田次官のセクハラ行為暴露と森友文書改ざんの暴露は関係あるのか
 
 さて、森友疑惑の再燃で、今、安倍氏が窮地に追い込まれているのは事実ですが、その決定打は、森友決裁文書の改ざんが発覚したことと、財務省が改ざんの事実を認めたことです。このことが公になったのは今年の3月上旬です。そして、このときの財務省のトップは、上記、福田氏です。
 
 要するに、森友文書改ざんを認めた財務省の最高責任者が福田氏なのです。
 
 いずれにしても、森友疑惑で安倍氏を窮地に陥れたのは、決裁文書改ざんの発覚です。そして、森友文書改ざんの公表の意思決定者は福田氏ということになります。
 
 財務省が恥を忍んで、公文書改ざんの事実を認めたのは、やはり、3月初頭の朝日新聞の大スクープが発端です(注3)。
 
 ところが、朝日は、肝心のそのリーク元を明かしていません。しかしながら、公文書改ざんの事実を知る立場にあるのは、森友事案に関して言えば、財務省内部の人間しかいません。
 
 もうひとつの可能性は、森友疑惑を捜査している大阪地検特捜部です。
 
 上記、福田氏は、森友文書改ざんとその事実を公開せざるを得なくなった内部事情およびその真相をもすべて知る立場にあります。
 
 以上の背景に基づいて想定されるのは以下です、すなわち、
 
1)安倍氏を窮地に陥れた森友文書改ざんの秘密を公開した最高責任者が福田氏なので、福田氏は安倍一派から敵視されている可能性を否定できない。
 
2)日本を闇支配している安倍一派(日本会議を含む)にとって、安倍一派に逆らうとどうなるか、霞が関の全官僚に思い知らしめる必要があった可能性を否定できない。
 
 ちなみに、安倍一派に逆らった前川氏(前・文科省次官)も下ネタ攻撃されていますが、福田氏も同じ目に遭わされている可能性があります。
 
 上記、前川氏の前例でわかるように、重要官僚の急所は内調(内閣情報調査室:日本版CIA)によってすべて、把握されているのは確かです。
 
 霞が関のエリート官僚はみんな、スキのないよう用心すべきです。
 
追記:2018413日午後、上記、音源データがテレビで公開されました。
クリントン米大統領やストロスカーン(IMF専務理事)を連想させます。

注1:gooニュース“「財務省トップ」福田淳一事務次官のセクハラ音源公開! デイリー新潮”2018413
 
注2:本ブログNo.1966麻生財務大臣から身代わりの生贄(いけにえ)にされそうな佐川・前国税庁長官は、証人喚問前に故・西部氏の二の舞にならないよう十分、警戒すべき』2018318
 
注3:本ブログNo.1950201832日、朝日新聞が大スクープ:森友事件で、財務省が交渉記録を改ざんしていた?:赤報隊テロ被害者・朝日には、ステルス化するアンチ安倍勢力が味方しているのか』201832
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事