新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命201853日 No.2012
 
タイトル:モリカケ疑惑への口利き関与に関して、ウソ答弁を繰り返して、ひたすら否認する安倍氏の総理大臣としての資質を、野党は追及する時期が来た
 
1.連休明けに、柳瀬・元総理秘書官は国会にて、加計事件への安倍氏の関与を証拠付けるような証言をする予定
 
 連休明け、柳瀬・元総理秘書官が、201542日に、加計学園案件で、今治市や愛媛県や加計学園関係者と面会した事実を、国会で認める予定であると、すでに報じられていますが、本ブログでも本件をすでに取り上げています(注1)
 
 テレビニュースにて、今回の安倍氏の中東訪問に、柳瀬氏が同行しているシーンが報道されていましたが、安倍氏はすでに柳瀬氏と、連休明けの国会でどのように野党追及をかわすかを協議しているはずです。
 
 いずれにしても、安倍氏が加計案件に関与したのは、2017120日以降と証言している事実が、上記、柳瀬氏の証言で、ひっくり返るのは間違いありません。
 
2.モリカケ疑惑に関しては、安倍氏および昭恵夫人の関与が明らかなのに、平然と関与を否認する安倍氏はいったいどのような神経をしているのか
 
 上記、加計事件のみならず、森友事件でも、安倍夫妻の関与の証拠は大量に存在しており、国民はみんな、モリカケ疑惑に関して、安倍氏がウソ答弁しているとほぼ、わかっています。
 
 あとは、安倍氏本人が、モリカケ疑惑への関与を認めればよいだけの状態なのです。
 
 にもかかわらず、何の根拠もなく、頑固に関与を否定し続けているため、今日まで、国会が紛糾し続けているのです。
 
 この状態は、警察で取り調べを受ける犯罪容疑者が、証拠を突きつけられても、犯行を否認する行為とまったく同じです。
 
 安倍氏の場合、一般的犯罪容疑者と同様、モリカケ事件への口利き関与を認めたら、自分が多大な不利益を被るので、単に、否認し続けているだけです。
 
 この行動から、安倍氏はサイコパスに加えて(注2)、小児病的性癖(注3)をもっていると疑われます。
 
 一般的犯罪容疑者の場合、犯行を否認し続けても、簡単に釈放されず、起訴されて、裁判所が判決を下しますから、本人が否認し続けても、有罪にされる可能性が大なのです。民主主義社会では、これが常識なのですが、安倍氏は、そのことが理解できないようです。
 
3.モリカケ疑惑に関して、安倍氏は関与を否定し続ければ、国民から勘弁してもらえると思っているのか、もしそうなら、あまりに幼稚な人物である
 
 一般的犯罪容疑者の場合、犯罪への関与を本人がいくら否定しても、証拠が出れば、本人の否認にかかわらず、裁判によって、有罪判定されます。
 
 現に、福田・前財務次官のセクハラ疑惑事件の場合、本人は否認していても、財務省は、福田氏を有罪認定しています。
 
 モリカケ疑惑に対する安倍氏のケースも、上記、福田氏のケースや一般的犯罪のケースとなんら変わりません。
 
 民主主義社会では、総理といえども、犯罪や違法行為に関しては、一般人と同じに扱われます。しかしながら、安倍氏に限って、民主主義原理がわかっていないと思われます。自分は、日本国総理だから、特別だと信じて疑わないようです、だから、平気で、根拠なく、関与を否定できるのでしょう。
 
 これでは、安倍氏は民主主義国・日本のトップとして失格です。
 
 これまでの安倍氏のモリカケ疑惑への一連の小児病的対応から、野党は、安倍氏の総理大臣としての資質を問題にする時期に来ています。
 
注1:本ブログNo.2011国会で安倍氏を守ってウソ答弁した柳瀬・元総理秘書官が来週、安倍氏のウソを証明する:日本国民にとって最大の不幸は、民主主義破壊者に日本が牛耳られている現実にある』201852
 
注2:本ブログNo.1741臨時予算委員会で嘘しか吐かない安倍氏はやはりサイコパス:“こんな人物”が日本のトップリーダーであってよいのか!』2017725
 
注3:共産主義における左翼小児病
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事