新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2018610日 No.2039
 
タイトル:われらの血税50兆円をばら撒いて、外交を売りにする安倍氏は、欧米人からどう見られているのかまったく気付いていない:それでもなお安倍氏を支持する国民は是非、考え直すべき
 
1.安倍氏は欧米人と対等に接することのできない外人コンプレックスの塊:まったくの外交音痴であることがバレバレ
 
 安倍氏は、この数日、日米首脳会談とG7出席をこなしていますが、この間の安倍氏の挙動がマスコミ報道されています。安倍氏のこのザマを見て、日本人として恥ずかしい気持ちにさせられた国民は多いでしょう。
 
 まず、安倍氏の対米外交姿勢は、アメリカ様の言うことは何でも聞くという対米卑屈外交の極みであり、また、G7では、安倍氏はトランプ様の後ろに隠れて、まるで存在感がない状態でした。
 
 こんな外交をやって、よくも恥ずかしくないなと思わせるモノばかりでした。
 
 こんなブザマな外交をやって、よくも得意でいられるなと思います。
 
 このザマでもなお、安倍氏を支持する日本国民がいるならば、もう何をか言わんやです。
 
2.安倍氏は欧米人からどのように見られているのか、まったく気付いていない
 
 安倍氏の欧米人に対する卑屈姿勢は、欧米人との交渉に慣れていない一般日本人のレベルと同じか、それ以下です。
 
 この日本人独特の対・欧米卑屈性はこれまで、欧米マスコミからさんざん、風刺されています。
 
 この日本人の対・欧米卑屈性は、欧米人から嫌われるのはもちろんですが、それにとどまらず、こいつはハラの中で何を考えているのかと、強く警戒されるのです。
 
 安倍氏は欧米人に不慣れな日本人と同じく、欧米人の前で意味不明のヘラヘラ笑いをしていますが(注1)、この挙動も、欧米人から警戒心を持たれると同時に、怪訝(けげん)に思われます。
 
 その証拠に、G7では、唯一のアジア人である安倍氏はもう、相手にされていないのです(注2)
 
 かつては、日本はアジアの代表国でしたが、数年前、GDPにて、中国に追い抜かれた今、欧米先進国首脳から見れば、アジア代表国を日本から中国に切りかえたいというのが、偽らざる彼らの本音でしょう。
 
 今のG7で、安倍氏が蚊帳の外に置かれるのは当然なのです。どうしようもない安倍政権下の今の日本はG7から脱退した方がよいのではないでしょうか。
 
3.安倍氏が、モリカケ疑惑追及を外交で吹き飛ばすつもりだとすれば、それはとんだお門違い
 
 海外にわれらの血税を50兆円もばら撒くことが外交だと勘違いしている安倍氏は、モリカケ疑惑追及を吹き飛ばすために、外交で国民の支持を回復させようとしているように見えます。
 
 さらに言えば、海外に逃避していれば、少なくとも、その間は、野党の追及から逃げられます。
 
 海外に行くことが苦にならない安倍氏は、頻繁に海外に逃避行して、自分は外交をやっていると思い込んでいるようですが、とんだ思い違いです(注3)
 
 欧米人と対等に交渉できない安倍氏の海外逃避行的外交は、日本人の国際評価を落とすだけです。
 
 米トランプを筆頭に、欧米人はしたたかですから、卑屈な安倍氏の足元をみて、日本からしこたま、ふんだくろうとします。そして、案の定、安倍氏はトランプに数十億ドルもカモられています(注4)
 
 このザマでもなお、安倍氏を支持する国民は是非、考え直して欲しいと思います。このままでは、日本人は欧米人からバカにされるだけです。
 
注1:阿修羅“トランプが話している横で安倍がへらへらとしている。トランプは、「シンガポールに日本は招いてない」と述べているのに、悔しくはないのか”201868
 
注2:阿修羅“G7という小ぢんまりした各国首脳の集まりに安倍の姿はどこにもない。相手にされてないんだろうな、まったく201869
 
注3:本ブログNo.2035 モリカケ疑惑が表面化して以来、安倍氏は不必要な外遊を繰り返して、国民からの追及をかわしている:60代での月一の外遊はやがて、安倍氏の心身を蝕む(むしばむ)』201866
 
注4:日刊ゲンダイ日米首脳会談後にトランプ暴露 安倍首相が数十億ドル献上”201868
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事