新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命201911日 No.2218
 
タイトル:円高で始まった2019年の日本:張子の虎・アベノミクスの化けの皮がいよいよ剥がれて、今年はいよいよ円株同時安時代に突入か
 
1.2019年初めの国際金融市場の動きは、昨年初頭と同様、円高でスタートした
 
 今は正月で、日本の金融市場は休場していますが、米国では取引が開始されており、ドル円が下落(円高)しています。この動きは、105円まで円高となった2018年の初頭の動きとよく似ています。筆者個人は投資信託をやっているので、できるだけ円安が望ましいのですが、今年初めは残念ながら、円高スタートとなっています。
 
 しかしながら、今年も昨年の初めのように、円高が進むのか、進まないのか、現時点ではまだ、まったく予断を許しません。
 
2.2019年の今年も、ダウ平均と日経平均が連動するのかどうかは不透明
 
 この数年、ダウ平均と日経平均の推移カーブは連動しているように見えます(注1、注2)。
 
 このような傾向が今年も続くのかどうかは不透明です。なぜなら、昨年末、ダウ平均は短期間で1000ドル規模も暴落した後、瞬く間に1000ドル規模も急騰していますが、暴落後の反発力は日経平均に比べてはるかに強い気がします。
 
 一方、日経平均は、ダウ平均が暴落したとき、比例して1000円規模で暴落しましたが、反発力はダウ平均に比べて弱いような気がします。
 
 日本の場合、日銀や年金機構が公的資金をつぎ込んで、かろうじて、日経平均20000円台を維持させているようです。
 
 このことから、今年は、ダウ平均の動きに、日経平均はもうついて行けないような気がします。
 
3.米国の株価は、米国GDP成長率にピッタリ正比例しているが、日本の株価は、日銀や年金機構の禁じ手介入でやっと維持されている
 
 本ブログではすでに、米国株価は米国GDP成長曲線にピッタリ、正比例していることを指摘しています(注3)。
 
 この意味で、ダウ平均株価は長期的には米国の経済力に比例して健全に動いているわけです。ところが、日経平均は、アベノミクスを演出するためか、日本政府の日銀や年金機構による禁じ手介入によって、無理やり、ダウ平均に追従させられているような気がします。
 
 ここで、日経平均と日本のGDPの推移を比較してみると(注4、注5)、90年代初頭にバブルが崩壊して以降、アベノミクスが始まった2012年までは、GDP成長が止まったのに比例して、日経平均は長期的に低落傾向でした。ところが、2012年以降は、相変わらず、GDP成長は鈍化したままなのに、日経平均は上昇しています。
 
 この原因は言うまでもなく、日銀や年金機構が禁じ手の株投資を始めたからです。
 
4.2019年の日本の金融市場では、日銀や年金機構の禁じ手介入が息切れしそう
 
 安倍政権は、日本国民の同意を得ずに、勝手に日銀や年金機構の公的資金を日経平均株価の底上げに流用しています。
 
 このような禁じ手介入に対して、NHKも民放も、一切、批判しないので、そのまま持続されていますが、このような禁じ手介入は、今年はもう息切れしそうです。なぜなら、日本のGDPは、米国や中国に比べてほとんど成長できていないからです。もうアベノミクスのごまかしは効かないのです。
 
 その証拠にこの年末に、ダウ平均が急反発したのに、日経平均にはそのような勢いはもう感じられませんでした。
 
 このことを日本の金融市場に参入している外人投資家もすでに、わかっているでしょう。
 
 今年初め、NY市場でドル円相場が円高で始まったのは、近々、外人が日本株を売る前兆のような気もします。
 
 筆者個人の見方では、仮に今年初め、円高になっても、日本経済の成長が弱いので、長期的には円の国際競争力は弱くなるはずと信じます。
 
注1:経済ネタ帳“ダウ平均株価の推移(月次)”
 
注2:経済ネタ帳“日経平均株価の推移(月次)”
 
注3:本ブログNo.2214今年のクリスマス前後に、米国ダウ平均株価が大きく変動したのはなぜか:米トランプが、FRBや財務省のトップ人事に口出ししたからか』20181228
 
注4:経済ネタ帳“日経平均株価の推移(年次)”
 
注5:経済ネタ帳“日本のGDPの推移”
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事