新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2019216日 No.2259
 
タイトル:ハダカの王様に成り果てている安倍氏がなぜ、6年も首相官邸に居座り続けられるのか:自己分析能力が欠如していて恥の概念が存在しないから
 
1.ネットで安倍氏はクソバカにされている
 
 先日、安倍氏は、民主党政権時代は悪夢だったと吠えましたが、ネットでは、安倍政権が6年も続いている方が悪夢だと思う国民が多いようです。
 
 筆者もその一人ですが、安倍政権が6年も続くと、安倍氏の人間性や能力や品性が国民にだんだんわかってくるのです。
 
 その結果、安倍氏を評価する声は、少なくとも、ネットでは皆無です。
 
 多くの国民から見て、安倍氏は、日本国総理としての資格がないとみなせます。
 
 さて、筆者個人はかつて米国シンクタンク・SRIインターナショナルの日本支部に勤務した経験がありますが、米国では、組織の人事問題において、資格(Qualification)が極めて重視されます。
 
 なぜなら、資格が不十分の人物が、企業や国家などの組織の長に就くと、その組織は健全に維持されないからです。
 
 さて、その安倍氏に対して、ネット国民の大勢が下す判断を一言で表現すると、安倍氏は日本国総理にふさわしい資格が備わっていないということになります。
 
 今では、国民の多くが、安倍氏という人間は、自分たちより知能も能力も低いと感じるようになっています。
 
2.安倍氏が6年間も、のうのうと総理ポストに居座って平気なのは、自己分析能力がハナから欠如しているから
 
 安倍氏が普通の感性の持ち主なら、当然ながら、自己分析能力が備わっており、自分が、能力以上の地位に就いていると判断したら、自分から、その地位を降りるのが普通です。
 
 ところが、いまだに、総理のポストにしがみついておられるのは、ズバリ、安倍氏には自己分析能力がハナから欠如しているからでしょう。
 
 だから、平気で総理をやっているのですが、国会の場でも、多くの場合、単に、官僚がつくった原稿を読み上げているだけです。このザマで恥ずかしくないのでしょうか。
 
 安倍氏は、自己分析ができていないから、恥の概念はハナから存在しないのです。
 
3.安倍氏の取り巻きはゴマスリ野郎ばかり
 
 安倍氏は、いわゆる安倍官邸に巣食っている官僚たちに囲まれて仕事をしているのでしょうが、取り巻きの連中はどいつもこいつも、ゴマスリ野郎で固めてあると思われます。この状態は、まさに、安倍氏がハダカの王様そのものであることを物語っています。
 
 彼らゴマスリ野郎は、安倍氏に不利な情報は一切、安倍氏に伝えないでしょうから、安倍氏は天狗になっているはずです。国会での安倍氏の態度からそのことがよくわかります。
 
4.安倍氏はおそらく、ネットアクセスできないから、ネットの声を一切、知らないのではないか
 
 本ブログの見方では、安倍氏はネットアクセスできないと観ています。彼が自分でパソコンをやることはまずないでしょう。
 
 だから、ネットで、自分がどのように言われているのか、まったく知らないでしょう。
 
 もし知ったなら、恥ずかしくて、もうとっくの昔に、総理を辞任しているはずです。
 
 とにかく、安倍氏より知能の高い官僚は、安倍氏を官邸から追い出す策略を練って、早く実行すべきです。
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事