新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2019311日 No.2281
 
タイトル:3.11東日本大震災の際、対日救援活動を行った米空母・ロナルド・レーガン乗組員400名の集団被曝訴訟をなぜ、日本のマスコミは報じないのか、日本国民はみんな疑問を持て!
 
1.3.11東日本大震災の際、トモダチ作戦で対日救援活動を行った米空母レーガンの乗組員400名の集団被曝訴訟がなぜか、米国で却下され続けている
 
 今日は3.11東日本大震災の犠牲者の命日ですが、米国では、トモダチ作戦で活躍した米空母レーガン乗組員400名の集団被曝訴訟(東電が訴訟対象)を、米連邦地裁がまたも却下したというニュースが小さく報じられたようです(注1)。
 
 本件、かつて小泉元首相が支援活動をやっていて、日本で25千万円も集めたようですが、そのカネがなぜか、被害者の手元に渡っていないそうです(注1)。
 
 このニュースは結構、重大なニュースなのですが、日本のマスコミはなぜか、ほとんど無視しています。
 
 しかしながら、3.11大震災の際、5000人規模の米兵が乗船できる米空母レーガン乗組員の中の400名が、重篤な被曝をしたのは事実です。本ブログでも、本件、過去何回か取り上げています(注2、注3)。
 
2.米国政府はなぜ、レーガン乗組員の集団被曝訴訟をモミケシしたいのか
 
 あのアメリカ様が、上記、対東電の集団被曝訴訟に限って、なぜか、しおらしく遠慮がちなのです。できれば、この集団訴訟をモミケシしたいようなのです、なぜでしょうか。
 
 ズバリ、この集団被曝訴訟こそ、3.11大震災の真相を暴くキッカケとなるのは間違いないからです。
 
 この集団被曝訴訟で、米国政府が、日本政府に対処を申し入れたりして騒げば、日米間の外交問題に発展します。そうなれば、日本国民が3.11大震災に疑問を持ち、3.11大震災は、実は偽旗テロ作戦だったのではないかという疑惑がばれそうになるのです(注4)。
 
3.米空母レーガンの乗組員400名はなぜ、重篤な放射能被曝をしたのか
 
 3.11大震災の際、米空母レーガン乗組員は、確かに対日救援活動を行いましたが、それはもっぱら、津波被害に遭った三陸海岸の住民への救援活動だったのです。
 
 ここではっきり言っておきたいのは、彼ら米兵乗組員は、東電福島事故原発の放射能汚染現場に入ったことは一切、ないのです。
 
 3.11地震津波の震源は三陸沖の海底ですが、地震発生後、米空母レーガンは震源域の海域に接近していたのです(注4)。そして、彼ら乗組員は、この海域で被曝したと考えるのが自然です。ズバリ、震源域の海面には人間が重篤な被曝をするだけの強い放射能が存在していたのです。
 
 したがって、レーガン乗組員の被曝問題を徹底追究していけば、レーガンが航行していた三陸沖の震源域の海面から強烈な放射能が発生していた事実を、日本国民が知ることになります。
 
 米国政府の中枢は、おそらく、3.11地震津波の真の原因を知っているのでしょう、だから、その真相がばれるのを防ぐため、レーガン乗組員の被曝問題を、何が何でも握り潰したいのではないでしょうか。
 
注1:阿修羅“破綻した小泉元首相の「トモダチ作戦」被ばく米兵救出劇”2019310
 
注2:本ブログNo.1389あの隷米・小泉元首相が米空母レーガン乗員400人被曝の集団訴訟を応援し始めた:3.11事件および9.11事件に核兵器が使用された疑惑を解明してくれそうなのは欧州寡頭勢力かもしれない』2016519
 
注3:本ブログNo.1404米空母レーガン乗員原爆症400人の集団訴訟にみんな関心を持て!3.11事件の真相究明こそが日本人の安全保障をもたらす』2016612
 
注4:本ブログNo.897米空母ロナルド・レーガン乗組員が東電福島事故原発1号機の水素爆発が原因で原爆症を発症か?:彼らの対日集団訴訟が仇になって、3.11地震津波発生原因の真相がばれるのではないか』2014518
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事