新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命201955日 No.2333
 
タイトル:デンデンセイゴの安倍氏は、あろうことか、歴史に残る平成天皇退位式で取り返しのつかない非礼行為に走った:上皇ご夫妻の末永いご健康を願っていないと口走ってしまった!
 
1.安倍氏、またも大チョンボ!:上皇ご夫妻の末永い健康を願っていません!とご夫妻の前であからさまに口走って、遂にその本音が露呈してしまった!
 
 今、ネットでは安倍氏が信じられないような大チョンボをやらかしたことが話題となっています。それは、2019430日に行われた平成天皇の退位式における安倍氏の挨拶での大チョンボです。
 
 安倍氏は、平成天皇ご夫妻に向かって、上皇ご夫妻が末永く健やかであらせられますことを願っていません!と遂に口走ってしまったのです(注1)
 
 安倍氏は確かに“願っていません”と述べていますが、案外、本音なのではないでしょうか。だから、その本音が本人たちの前で、遂に露呈してしまったのです。
 
 連休明け、野党は、安倍氏の本音(反・平成天皇)を追及すべきです。
 
2.“願って已まない”というフレーズの“已”という漢字にフリ仮名がつけてなかったと推測される
 
 上記、“願って已まない”の“已む”は“止む”ではないのですが、この原稿をつくったと推測される安倍官邸の官僚は、“健やか”にはフリ仮名(ルビ)を振っていたのでしょうが、“已む”にはルビを振っていなかったと推測されます。
 
 “願って已まない”は常用句なので、ルビを振るのは、安倍氏に失礼だと担当官僚は判断した可能性があります。
 
 ところで、その安倍氏はかつて、杉原千畝の千畝(ちうね)が読めなかったことがあります(注2)
 
 上記、千畝(ちうね)を読めない人は多いでしょうが、安倍氏の場合、リトアニアの杉浦千畝の記念館を訪問した際に、読めなかったわけですから、まったくあきれてしまいます。
 
 また安倍氏は国会で、“云々”を“デンデン”と読んだり、国連で“背後”を“せいご”と読んだりした過去があります(注3)
 
 さらに言えば、自分の卒業した成蹊大学の“成”という字を誤記した過去もあります(注4)
 
3.安倍氏は歴史に残る平成天皇退位式にて、止めの一発ともいえる大恥を晒したが、もう首相失格、至急、最低でも、首相を辞任すべき!
 
 安倍氏は過去、公式の場で、自分の発言内容を理解しないまま、側近のつくった原稿を棒読みすることが多かったわけです。
 
そのような安倍氏が普通のレベルの常識人であれば、このようなごまかしを続けると、いずれ、取り返しのつかない大失敗をやらかすだろうと恐れて、そうなる前に、最低でも首相を辞めるはずですが、安倍氏に限って、普通のレベルの常識人ですらないのです。
 
 今回、安倍氏が平成天皇ご夫妻に対し、取り返しのつかない非礼発言をやらかしてしまったわけですが、すでに、その前駆症状が出ていました。
 
 それは、上記、退位式の前日、2019428日、安倍夫妻がカナダを訪問した際、トルドー首相が、安倍氏を中国の首相と二度も間違って発言したのに、安倍氏の方は、まったく、それを正さなかったという信じられない事実です(注5)
 
 この事実から、安倍氏はもう、普通ではないレベルであり、首相としてはもう完全に失格です。
 
 そして、止めの一発が、今回の平成天皇退位式での大チョンボです。
 
 自民党関係者は至急、まともに字が読めない安倍氏の辞任勧告を早急に実行すべきでしょう。
 
注1:ゆるねとにゅーす“安倍総理、上皇陛下に対し「健やかにあらせられますことを願っていません」と言っていると話題に!「退位礼正殿の儀」の「国民代表の辞」において”201954
 
注2:文春オンライン“「杉原千畝が読めなかった疑惑」の安倍首相は難民を受け入れるのか?”2018114
 

注3:阿修羅“読めない? 「杉原千畝」と「云々」は別物だ!”2018121

 
注4:グーグル画像“安倍 成長力”
 
注5:レコードチャイナ“カナダ首相、安倍首相との会談で2度も日本のことを中国と言い間違える―中国メディア”2019430
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事