新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2019611日 No.2368
 
タイトル:老後資金2000万円を貯められない一般国民(7割の多数派)にとって、次期参院選で、金持ち党・安倍自民の候補者に1票入れるのはまさに自殺的投票行動であると知るべき!
 
1.老後に2000万円以上貯められない国民は安倍自民党を支持すべきではない
 
 7月に参院選を控えて、安倍自民に予想外の逆風が吹いています、それは、金融庁が、年金生活者およびその予備軍に向けて、年金収入だけでは普通の生活を維持するのは無理だから、2000万円以上の預貯金を貯めておく必要があると発表した事実です(注1)
 
 金融庁を含む霞が関の官僚は、たっぷり給料をもらい、数千万円の退職金をもらいますので、彼らの感覚では老後資金2000万円を貯めるのは簡単なのでしょう。
 
 ところが、一般国民は、貧乏化が進んでおり、日々の生活がやっとの人の方が多数派なのです。
 
 普通のサラリーマンでも、子供の教育費や住宅ローンで、老後に備えて貯金するのは大変です。
 
 今の日本においては、勤労者の7割は貧困層(年収400万円以下)なのです(注2)
 
 日々の生活に汲々としている国民にとって、日本政府による2000万円貯金しろのアドバイスには怒り心頭のはずです。
 
2.金持ち優遇の安倍自民が政権党になっているのは、7割を占める貧困層国民の一部が、安倍自民の候補に1票入れているから
 
 周知のように安倍自民の議員は、われらの血税で手厚い処遇を受けています。また官僚たちも、われらの血税で厚遇されています。本ブログでは彼らを血税吸血鬼と呼んでいますが、まさにその通りです。
 
 一般国民より、血税吸血鬼の方が、もらいがよい国は日本くらいでしょう。
 
 そして、今の日本では、官僚に支援される安倍自民が政権党になっていますが、上記、勤労者の7割の貧困層国民が、安倍自民の候補者に1票を入れなかったら、安倍自民は絶対に政権党にはなれないはずなのです。
 
 にもかかわらず、金持ち党・安倍自民が政権党になっているのは、ムサシによる選挙不正のせいであるのは確かですが、やはり、貧困層国民の一部が、安倍自民の候補者に1票入れているからです。
 
3.年収400万円以下の貧困層の勤労者世帯にとって、金持ち優遇の安倍自民の候補者に1票入れる行為は、まさに自殺行為そのもの、愚の骨頂!
 
 年収400万円以下の貧困層世帯の国民で、これまで、安倍自民の候補者に投票してきた国民は、大いに反省して欲しい!
 
 野党の弱い今の政界における安倍自民は、政権党としては強すぎて、極めて傲慢になっています。そのことは、金持ちの安倍・麻生コンビの傲慢で図々しい態度からよくわかります。
 
 彼らを傲慢にさせたのは、本来、安倍自民を支持すべきでない一般国民からも支持を得て、必要以上に強力な多数党になっているからです。
 
 今の野党は確かに頼りないですが、金持ち党・安倍自民のパワーを今より大きく削ぐことは、国民にとって必須です。
 
 いずれにしても、金持ちではない一般国民(人数的には多数派)にとって、安倍自民を支持することは、まさに自殺行為です。
 
 次期参院選では、一般国民は是非とも、これ以上の自殺行為的な投票行動は控えるべきです。
 
注1:阿修羅“削除・訂正で墓穴「2000万円不足」参院選も激変の予兆(日刊ゲンダイ)”2019610
 
注2:togetter“日本人の年収分布グラフが話題に→『マイルド貧困層』の多さにざわつく人々”201924
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事