新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全468ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新ベンチャー革命2019422日 No.2321
 
タイトル:池袋のプリウス暴走事故と神戸のバス暴走事故は似て非なる事故:2010年に米国にてプリウスが勝手に暴走するトラブルが起きているが、池袋の暴走プリウスと酷似している
 
1.池袋でのプリウス暴走事故に次いで、今度は神戸で路線バス暴走事故が発生、両事故とも、多数の死傷者が出てしまった
 
 本ブログにて、419日に起きた池袋のプリウスの暴走事故について取り上げました(注1)
 
 この事故が起きて間もない421日、今度は神戸にて路線バスがまたも大事故を起こしています(注2)
 
 どちらも大被害が出ています。
 
 両暴走事故はよく似ていますが、当局はどちらも、運転手の操作ミスとして決着させようとしているように見受けられます。しかしながら、両事故は似て非なる事故ではないでしょうか。
 
2.神戸の暴走事故は運転ミスの可能性が高いが、池袋の暴走事故はまだ謎が多い
 
 神戸バス事故は、終点で停車していたのに、不意に動き出して、バスのすぐ前の横断歩道に突っ込み、青信号で横断していた歩行者を多数、死傷させています。
 
 この事故では、何らかの事情で、バスがゆっくりと勝手に動き始めたので、運転手が停めようとして、あわててブレーキを踏んだつもりが、間違ってアクセルを踏んでしまった可能性が大です。しかも運悪く、バスのすぐ前に、横断歩道があったため、歩行者を避けきれず、多数の被害者が出てしまったのです。
 
 路線バスの運転手でも、あわてるとこうなる可能性を否定できません。
 
 一方、池袋のプリウス暴走事故では、何らかの事情で、プリウスが突然、コントロールできなくなって、運転手の意思にかかわらず、プリウスが勝手に暴走し始めた可能性があります。
 
 もしそうなら、上記、バス暴走は運転手の操作ミスですが、プリウス暴走はまだ、運転手の操作ミスと断定できないのではないでしょうか。
 
 上記、バス運転手は即、逮捕されたのに、プリウス運転手はまだ逮捕されていません。プリウス運転手が元・官僚幹部だったので、警察が忖度したのではないかとネットでは批判されていますが、本ブログの見方では、もっと深い事情があると観ています。
 
3.2010年、米国にて、高速道路走行中のプリウスが突然、コントロールできなくなった事例があったと報道されている
 
 プリウスの勝手な暴走に関して、2010年、米国の高速道路上で、不意の暴走トラブルが発生した事例があります(注3)
 
 この事例は、プリウスのコンピュータ制御に何らかのトラブルが起きて、運転手による操作ができず、加速が止まらなかったことを示しています。
 
 すべてのプリウスがそうなるのではなく、稀に搭載コンピュータが誤作動を起こしたときなどに、勝手な暴走が起こり得ると思われます。
 
 池袋の暴走プリウスは、突然、コントロール不能となって、100キロものスピードで150m走って、清掃車に衝突して停まっていますが、その間、約5秒かかっています。さらに、その5秒の間に、意識不明ではなかった運転者は急ブレーキすら掛けていなかったのです。
 
 この暴走プリウスの運転者はこの間、ハンドル操作もせず、ブレーキも掛けず、クルマだけが加速し続けています。しかも、事故後、運転者は意識不明になっていません。
 
 以上より、今回の池袋のプリウス暴走事故は、熊本のプリウス暴走事故と同様に(注1)、米国で2010年に起きた暴走事故とも比較検証する必要があります。さもないと、また、同様の大事故が起きる危険があります。
 
注1:本ブログNo.2319池袋で起きたプリウス暴走事故は福岡事故と酷似している:高齢ドライバーの運転ミスで片づけてはならない!』2019420
 
注2:朝日新聞“運転手「ブレーキ中に急発進」2人死亡の神戸バス事故”2019421
 
注3:AFP BBニュース“プリウス、米高速道路で暴走時速140キロ以上に加速”201039
 
 
新ベンチャー革命2019421日 No.2320
 
タイトル:秋葉原トラウマの安倍氏は久々に大阪で街頭演説:かつての小泉氏とは大違い、いまだに安倍氏を支持する国民はネトウヨのみ!
 
1.2017年都議選での秋葉原街頭演説のトラウマを経験している安倍氏は久々の街頭演説を大阪でやったが、異様な雰囲気しかなかったようだ
 
 安倍氏は2019420日、選挙応援のため、大阪に出張していますが、安倍氏にとっての悪夢である、かつての秋葉原演説(都議会選挙)の反省からか、安倍陣営は、籠池夫妻を含め、安倍批判国民を完全にシャットアウトしていたようです(注1)
 
 肝心の安倍氏自身は、このような状況に何の危機感もないのでしょうか。
 
 安倍氏の国民人気は、改ざんオンパレードの電通系世論調査どおりであれば、40%台の支持率を誇るはずですから、安倍氏の街頭演説でこれほどの警戒態勢を敷く必要はまったくないのです。
 
 このザマでも、イケシャーシャーと首相の座に居座り続けているわけですから、この人には恥の概念がまったくないのでしょう。
 
2.同じ清和会の政治家でも、安倍氏人気はかつての小泉氏人気とは大違い
 
 上記、安倍氏の異様な街頭演説から、筆者個人はかつての小泉氏の街頭演説を思い出しました。
 
 小泉氏が20014月、自民党総裁選に出馬した際、大阪駅前で街頭演説を行いましたが、そのとき、筆者はたまたま、大阪駅近くに出張していて、小泉氏の街頭演説を目撃しました。今思い出すと、そのときの熱気はすさまじく、それは、それは、ものすごい人気でした、当時の小泉氏は・・・。
 
 当時の国民は、当時の小泉氏の売国奴性に気付かず、すっかりだまされていたのですが、当時の小泉氏と今の安倍氏では、国民人気の点で雲泥の差があります。
 
 今の安倍氏を支持するのは、ネトウヨのみであり、一般国民は自民支持者でも、冷ややかです。
 
 ズバリ、今の安倍氏は、まったく国民人気がないのです。それは当然です、あのモリカケ事件をウヤムヤにしたままですから、国民人気があるはずがないのです。
 
3.電通が世論調査を改ざんして、支持率を倍にかさ上げしたところで、安倍氏の国民人気は決して高まらない
 
 かつての小泉氏と比較すると、国民人気がまったくない安倍氏が、日本国首相の座に居座り続けるのにはやはり、無理があります。
 
 かつての小泉氏と比べて、国民人気がゼロに近い今の安倍氏は、アメリカ様にちぎれるほどシッポを振り続けることで、かろうじて、首相の座にしがみついているに過ぎないわけです
 
 今の安倍氏を支持しているのはネトウヨのみでしょうが、ネトウヨに含まれる自民のネトサポは、カネで雇われているに過ぎません。
 
 昨日、寝屋川での安倍演説にかけつけた国民は、自民が雇ったネトサポ系のネトウヨのみだったのではないでしょうか。
 
 自民のダーティーマネーで雇われたネトサポを動員して演出された安倍氏の街頭演説で大喜びしているのは、ハダカの王様・安倍氏のみでしょう。
 
 あの安倍氏なら、安倍官邸と自民が秘かに動員した、雇われ支持者を見て、自分はまだ国民人気があると勝手に勘違いしそうです。
 
 もし、安倍氏が自分は国民人気がないと自覚していたら、もうとっくの昔に、首相を辞めているはずです。やはり、安倍氏には普通の人に備わる恥の概念が欠落しているのでしょう(注2)
 
注1:阿修羅“異様な雰囲気!寝屋川会場は安倍の支持者ばかり?”2019420
 
注2:本ブログNo.2259ハダカの王様に成り果てている安倍氏がなぜ、6年も首相官邸に居座り続けられるのか:自己分析能力が欠如していて恥の概念が存在しないから』2019216
 
 
新ベンチャー革命2019420日 No.2319
 
タイトル:池袋で起きたプリウス暴走事故は福岡事故と酷似している:高齢ドライバーの運転ミスで片づけてはならない!
 
1.池袋で起きたプリウス暴走事故は、2016年に福岡で起きたプリウス・タクシー暴走事故と酷似している
 
 2019419日、池袋で悲惨な交通事故が起きました(注1)。筆者個人は、この事故を知ったとき、とっさに、2016年に福岡で起きたプリウス・タクシーの暴走事故を連想しました(注2)。
 
 この福岡事故のときは事故の原因究明は明らかに不十分であり、運転手の操作ミスで片づけたため、同様の事故が再び起きたという気がします。
 
 ハイブリッドカーは電動とエンジン駆動の両立構造であり、制御は完全にコンピュータ化されているようです。そのため、制御システムは外部からハッキングされる危険があることがすでに、2013年時点で、米国にて報告されています(注3)
 
 筆者個人は、福岡プリウス暴走事故は、運転手の誤操作では絶対にないと直感していましたので、その後、クルマを買い替える際、プリウスは検討対象から除外しました。
 
2.池袋の事故では、福岡の事故と比較検証しながら、真の原因を徹底究明すべき
 
 今回の池袋のプリウス暴走事故では、アクセルが戻らないトラブルのみならず、ブレーキも作動しなかったと思われます。
 
 上記、事故車が何者かによって外部からハッキングされていたら、アクセルのみならず、ブレーキ・コントロールシステムもハッキングされていた可能性が大です。
 
 この運転者は、87歳と高齢だったので、事故を起こしたら運転ミスにされやすいわけです。
 
 それにしても、87歳でなお、運転していたのは驚きですが、ハッキング実験の対象にされたとしたら、暴走したクルマの運転者が超高齢だったので、狙われた可能性があります。
 
 今後、当局は福岡事故と池袋事故を比較検証しながら、運転ミス以外の原因を徹底究明すべきです。
 
3.福岡事故の際、トヨタが国民に向けて何のメッセージも発しなかったのは大誤算だったのではないか
 
 福岡事故の際、結局、ドライバーの運転ミスにされて、事故原因究明が闇に葬られましたが、筆者個人は、この事故の影響がトヨタに及ぶことを、何者かが全力で阻止したのではないかと疑っています。
 
 トヨタ社内では、福岡事故の真相をある程度、把握していたと推測されますが、この事故究明の戦略を誤ると、トヨタの企業生命を脅かす事態に発展する可能性があったわけです。
 
 ところで、先日、トヨタは、ハイブリッド車など次世代クルマ技術の特許を無償開放すると発表しています(注4)
 
 膨大な研究開発費を掛けて得た特許を他社に売るのならともかく、無償で公開するとは、オドロキです。この意思決定には何かウラ事情があると感じます。
 
 上記、トヨタの意思決定は、およそ、トヨタらしくないおかしな判断ではないかと筆者個人は思いました。
 
 そして今回、トヨタがもっとも恐れていた事故が起きてしまったのではないでしょうか。
 
4.池袋事故では、さっそく印象操作くさい報道がなされている
 
 池袋事故では、アクセルペダルが戻らなかったことが運転者によって証言されています(注1)。ただし、あくまで、警察経由の発表です。運転者本人の生の声ではないのです。
 
 このトラブルに関しては、2009年に、米国ですでに大規模リコールが起きています(注5)
 
 この当時の米国プリウスにおける“アクセルペダルが戻らない”トラブルの原因は単純で、フロアマットが引っ掛かるからとされています。
 
 そして、今回の池袋事故でも、同じトラブルが起きたと国民に思い込ませようとしている可能性があります。
 
 しかしながら、池袋事故の運転者は本能的にブレーキを踏んだはずですが、ブレーキ痕は残っていないと報道されています。しかしながら、これは普通、あり得ないと思います。なぜなら、運転者は事故発生時、意識不明になっていないからです。
 
 要するに、先日、エチオピアで墜落したボーイング737マックスと同様、マニュアル操作が効かないトラブルが起きた可能性があります。
 
 今回の池袋での暴走プリウスは、運転者のブレーキ・ペダル操作によって、マニュアルでブレーキシステムを動かすのではなく、すべて、コンピュータシステム経由で、電動式か油圧式でブレーキを動かしているのであれば、コンピュータが誤作動すれば、マニュアルでのブレーキ操作は効かないということになります。
 
 その証拠に、プリウスのコンピュータシステムがハッキングされると、遠隔操作によって、ブレーキを効かなくすることができるようです(注6)。ほんとうに、恐ろしいことですが・・・。
 
 いずれにしても、クルマも旅客機と同様、コンピュータ制御時代になって、人間の手に負えなくなりつつあります。
 
注1:朝日新聞“池袋事故、死亡は母娘 運転の87歳「アクセル戻らず」”2019419
 
注2:取締り110番“[福岡タクシー暴走]プリウスは遠隔操作できるらしい[ペンタゴンが実験済]2016128
 
注3:ロイター“プリウスなどのハッキング「指南書」、米専門家が公開へ”2013729
 
注4:ITメディアビジネス“トヨタ、HV技術特許を無償開放 2万件以上のコア技術を利用可能に”201943
 
注5:JCASTニュース“「アクセルペダルが戻らない」 米トヨタ、426万台リコール”20091126
 
注6:ズバット“車が遠隔操作される!?最新システムの裏側に潜むハッキングの危険”2014723
 
 
新ベンチャー革命2019419日 No.2318
 
タイトル:安倍氏は菅官房長官とは別に、側近の萩生田氏を個人的スポークスマンに起用し始めた:民主主義国日本の国民はみんな、安倍氏の露骨な縁故主義(反民主主義)を許してはならない!
 
1.安倍氏は側近の萩生田氏を使って、またも国民だましの演出を強行した:10月消費増税の先送りがあり得る(?)
 
 2019418日、安倍氏の側近・萩生田氏(自民党幹事長代行)が、あのDHCテレビ局の“虎の門ニュース”に登場、今年10月に予定されている消費増税の先送りの可能性があると示唆したそうです(注1)。
 
 この画像は、大手マスコミでもいっせいに報道されています。
 
 事情を知らない国民は、萩生田氏が安倍官邸を代表して記者会見しているかのように見えたはずです。
 
 萩生田氏がどういう立場で、何を意図して、このような演出に動員されたのか、国民にはまったく不明です。
 
いずれにしても、消費増税に本音で賛成する一般国民は皆無ですから、国民の心の片隅に、安倍政権は消費増税をやらない可能性があると思わせる効果は間違いなくあったでしょう。
 
 これで、今年7月の参院選で、安倍自民が不利にならないような手を打ったつもりなのでしょうか、安倍官邸は・・・。
 
2.アベ友企業・DHCのテレビ局は安倍氏の宣伝テレビ局に成り下がった
 
 DHCテレビを経営する化粧品等販売のDHCは、アパホテルと同じく、アベ友企業のひとつであり、DHCテレビは当然ながら、安倍氏の宣伝放送局です。
 
 安倍官邸の菅官房長官は、安倍政権のオモテのスポークスマンであり、菅氏の発表は、公式のモノとして、大手テレビ局が報道しています。
 
 一方、上記、萩生田氏は、安倍氏個人のスポークスマンとして、この度、安倍氏の宣伝用テレビ局(DHCテレビ)を通じて、デビューしたとみなせます。
 
 萩生田氏は、加計氏とともに、安倍氏とバーベキューをやっている画像がネットに流布していますから、国民誰もが、萩生田氏の発言は、安倍氏の意向を代弁していると受け取ります。
 
 以上より、独裁者気取りの安倍氏は今後も、萩生田氏を代弁者として、DHCテレビに出演させるつもりでしょう。
 
3.われら日本国民がみんな認識すべきは、自由民主党総裁・安倍氏は決して自由民主主義者ではなくて、反民主主義の縁故主義者(ネポティズム信奉者)であるという現実
 
 今の日本は紛れもなく、民主主義国であり、政権党は自由民主党です。安倍氏はその自民党の総裁であり、日本の首相でもあります。
 
 したがって、安倍氏は自由民主主義者のはずですが、その本性は、自由民主主義者とは程遠く、ズバリ、反民主主義の縁故主義者(注2)です。
 
 安倍氏が民主主義国では許されない縁故主義者のリーダーであることは、すでに本ブログにて指摘しています(注3、注4)。
 
 われら日本国民は、今の民主主義国・日本において、反民主主義の縁故主義者を日本国首相にしておくことを許してはならないのです。
 
 安倍氏に接近する人間はネトウヨ系似非文化人を筆頭に、みんな、安倍氏の縁故主義を利用しようとする輩(やから)ばかりなのです(注5)。
 
 このザマでは、もう、日本の民主主義は成り立たなくなります。
 
注1:産経ニュース“自民・萩生田氏、消費増税延期を示唆「6月の日銀短観次第」”2019418
 
注2:縁故主義
 
注3:本ブログNo.1726『佐川理財局長の国税庁長官抜擢という情実人事で、安倍氏が民主主義者の真逆である縁故主義者であることが証明された:国民はそれでもなお、安倍自民党を支持する気か』201778
 
注4:本ブログNo.1800『安倍氏の提灯持ち記者のレイプ事件が不起訴?:コネと裏口で人生を歩んできた人物を総理に選んだ世襲議員の巣窟・自民党の宿痾(しゅくあ)』2017923
 
注5:本ブログNo.2317『われらの血税を使って行われた安倍氏の“桜を見る会”に嬉々として群がったネトウヨ系の似非文化人はみんな権力に尻尾を振るゴマすりばかりではないか』2019418
 
 
新ベンチャー革命2019418日 No.2317
 
タイトル:われらの血税を使って行われた安倍氏の“桜を見る会”に嬉々として群がったネトウヨ系の似非文化人はみんな権力に尻尾を振るゴマすりばかりではないか
 
1.安倍氏は、税金を使って開催した”桜を見る会“を露骨に私物化している
 
 2019414日にアップした本ブログ投稿記事が、管理者・ヤフーによって規約違反という理由で一方的に削除されました(注1)
 
 なぜ、削除されたのか、だいたい見当がつきます。
 
 このときのブログ原稿では確か、安倍氏主催の“桜を見る会”について取り上げましたが、そのこと自体、拙ブログ原稿を管理者から削除される理由はありません、別の理由で削除されたと思われます。
 
 さて、上記、“桜を見る会”について、ネットで再び、取り上げられています(注2)
 
 この情報によれば、“桜を見る会”は安倍氏のポケットマネーではなく、われら国民の税金を使っているそうです。
 
 もしそうなら、この会は安倍氏によって完全に私物化されています、到底、許されません、ほんとうにふざけています、安倍氏も安倍官邸も・・・。
 
2.安倍氏は、税金を使って何かやるときの原則をまったくわかっていないし、わかる気もない
 
 国民の方から、安倍氏は税金を使った催しモノを私物化していると批判しても、安倍氏自身は、なぜ、国民が文句をつけるのか、ほんとうにわからないのではないでしょうか。
 
 安倍氏はこれまで、国会にて、“私が国家です”とか、“私は森羅万象を担当している”とかおかしな発言をしていますが、その事実を踏まえると、安倍氏個人には、“桜を見る会”を私物化していると国民から指摘されても、何で批判されるのか、チンプンカンプンなのではないでしょうか。
 
 安倍氏の方は、国民から徴収した税金は自分のものくらいに思っているのでしょう。安倍氏は所詮、その程度の人間でしかないのです。
 
3.“桜を見る会”で安倍氏が、ゴマすりの取り巻き連中に取り囲まれて、ご満悦の表情をしている姿はほんとうに滑稽であり、ほんとうに不愉快極まる
 
 ネットには、“桜を見る会”にて安倍氏が、ゴマすりの取り巻き連中に取り囲まれて、ご満悦の表情をしている画像が多く出回っています。
 
 第三者の国民には、不愉快そのものです。
 
 安倍氏の取り巻き連中は、権力にちぎれるほど尻尾を振りまくる卑しい連中ばかりと思われます。
 
 こういう連中は、安倍氏といっしょに画像に写ることで、舞い上がり、自分は安倍氏と仲が良いことを他人に自慢しまくるような卑しい連中なのでしょう。
 
 一方、安倍氏の方は、自分は国民からモテモテだと本気で信じ込みそうです。まさに、ハダカの王様です。
 
4.安倍氏に取り入りたいネトウヨ系の似非文化人は、結局、安倍氏を利用しようとしているだけ
 
 安倍氏が“桜を見る会”への招待状を出した相手の多くのネトウヨ系似非文化人はみんな、安倍氏を喜ばせることばかり言って、気に入られたいのでしょう。
 
 安倍氏に気に入られれば、仕事もいっぱいくるし、デカいツラができると彼らは信じ込んでいるのでしょう。
 
 一方、安倍氏の方は、ヒトを見抜く眼力はないと思われますので、安倍氏の周りはゴマすりばかりとなりそうです。
 
 こういうゴマすりは、安倍氏が権力の座から転落すれば、瞬く間にスーっと安倍氏から離れるような連中です。
 
 こんな連中に囲まれていい気になっている安倍氏はもうどうしようもありません、ほんとうに見苦しい!
 
注1:本ブログNo.2313
 

注2:阿修羅“安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!ネトウヨ仲間大量招待に加え、安倍自民による私物化が酷い(リテラ)”2019417

 
 

全468ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事