新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
新ベンチャー革命2017219日 No.1615
 
タイトル:時代錯誤の軍国小学校開校に安倍氏が肩入れするのはなぜか:安倍氏を傀儡化する米国の戦争勢力が日本を米軍傭兵国家にしようしているからか
 
1.今の日本では、戦前の軍国日本への回帰主義者が跋扈(ばっこ)している
 
 本ブログでは今、安倍氏夫妻が関係する大阪の時代錯誤小学校問題を取り上げています(注1)。今年春に開校予定のこの小学校や、同じ経営の幼稚園の教育方針は、戦前の軍国日本時代の教育と同じようです。戦後日本は、戦前日本の否定から出発していますが、ここに来て、戦前の亡霊が復活しているかのようであり、非常に不気味です。
 
 安倍氏の関与している時代錯誤小学校や幼稚園に自分の子供を入学させている日本人が現実に存在しているのは確かですが、普通の神経を持った日本人なら、自分の子供をこのような小学校や幼稚園に入れることはないはずです。どのような親が自分の子供をこのようなところに入れるのでしょうか、ちょっと理解しかねます。それとも、知らずに入れているのでしょうか。
 
 そして、このような小学校や幼稚園に関与している安倍氏夫妻も普通の考えをもつ人たちではないことが明らかです。
 
 ところで、今の安倍内閣の閣僚のほとんどは、日本会議や神道政治連盟の会員のようですが、今の自民党が右翼団体に乗っ取られているのは確かです。
 
 マスコミにだまされて、漠然と自民党を支持しているのは右翼的宗教団体関係者のみならず、多くは一般のお人好し国民ですが、油断していたら、今の日本の支配層は知らぬ間に右翼的宗教団体に乗っ取られてしまっています。まったく油断もスキもない世の中となりました。
 
 さて、本ブログの見方では、戦後日本は、戦勝国・米国の戦争屋に乗っ取られていると観ています。その証拠に、今の自民党は、米国戦争屋CIAによってつくられた米戦争屋の傀儡政党なのです。
 
 ところが、米戦争屋CIAは日本国民に対してステルス化していますので、多くの国民は自民党の正体を知らないで、漠然と自民党を支持させられているのです。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.旧・米国戦争屋の傀儡政党である自民党はなぜ、米国と戦争した戦前日本への回帰主義に陥っているのか
 
 今の日本の支配層に陣取る自民党は、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAの傀儡政党ですが、彼ら米戦争屋ジャパンハンドラーはなぜ、自民党が、戦前、米国と戦争した軍国日本への回帰主義者に乗っ取られていることを黙認しているのでしょうか。
 
 本ブログの見方では、旧・米戦争屋CIAは、カミカゼ特攻隊など、戦前日本の兵士に一種、畏敬の念を抱いているからではないでしょうか。
 
 米戦争屋配下の米国防総省にとって、戦前日本の兵士は彼らが理想とする兵士像なのです。なぜなら、まるで軍事ロボットのような兵士にみえるからです。
 
 戦後日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAにとっての対日関心事の最大のものは、戦前の日本がなぜ、カミカゼ特攻隊に代表される理想的兵士の育成に成功したのかという疑問ではないでしょうか。
 
 そして、彼ら旧・米戦争屋CIAが気付いたこと、それは、戦前日本は、日本人の幼少期の頃から、徹底した洗脳教育を行っていたと言う点です。
 
 そこで、旧・米戦争屋ジャパンハンドラーは、自民党が戦後日本の民主的教育を止めて戦前の洗脳教育を復活させることを推奨しているのではないでしょうか。
 
 それと同時に、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAは、安倍政権に、日本を戦前回帰させ、平和国家から戦争国家に戻すよう要求しているのでしょう。
 
3.日本を乗っ取る旧・米国戦争屋CIAが戦前回帰主義の安倍自民党を泳がしている狙いは何か
 
 日本を乗っ取る旧・米戦争屋は、戦後日本が二度と米戦争屋に戦争を仕掛けないよう、日本の軍国化を禁止し、戦後日本を民主化させました。ところが、米戦争屋にとって、今の米国にて、十分に兵士が確保できなくなっているので、日本人を米軍の傭兵として利用する発想を持っているのではないでしょうか。
 
 そこで、彼らは自民党に命じて、日本人を幼少期から、戦前と同じく洗脳教育して、カミカゼ特攻隊のような日本人兵士の大量生産を実行させようとしているのではないでしょうか。
 
 そして、あまりアタマのよくない安倍氏に目を付け、日本の教育システムを戦前に戻させようとしているのでしょう。
 
 もしそうなら、安倍氏が、上記の例のように、戦前回帰の教育を日本に復活させようとしているのは、安倍氏本人の意思というより、安倍氏を傀儡化している旧・米戦争屋CIAからの指示である可能性があります。
 
 いずれにしても、安倍自民が、米国と戦争した戦前日本への回帰主義に陥っている現実を、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAが黙認しているのは確かです。
 
 このような安倍自民の動きをもっとも懸念しているのは天皇ご自身でしょう。
 
 われら国民は、戦前回帰に邁進する安倍自民の危険な動きに気付くべきです。さもないと、自分の子供が、近未来、徴兵されてしまいます、戦前日本と同様に・・・。
 
 そして今度は、日本の国益とは無縁の米国の仕掛ける戦争に、自分の子供が傭兵として駆り出されることになります。たとえば、南スーダンへの自衛隊派遣はその一例です。自衛隊はここで、米国と中国の石油利権を防衛させられており、まったく日本の国益の防衛になっていないのです(注2)このまま、安倍自民を漠然と支持していると、今の日本は間違いなく、米国の傭兵国家に成り下がります。
 
注1:本ブログNo.1614安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと』2017218

 

注2:本ブログNo.1218戦争法案可決で自衛隊が南スーダン(日本と同じ米国戦争屋CIA傀儡国)にて韓国軍と仲良く戦闘させられるかもしれない:韓国を毛嫌いする安倍様命のネトウヨも真っ青か』2015922

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35282239.html


ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2017218日 No.1614
 
タイトル:安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと
 
1.ネットを中心に日に日に高まる大阪の時代錯誤小学校創設への安倍氏の関与疑惑:なぜ、東京マスコミは報道しないのか
 
 ネットでは、安倍氏が日本を代表する首相をやっていることに強い拒否感を抱く人が圧倒的多数です。なぜなら、安倍氏は日本の代表なのに、自分より劣っていると感じるからです。この人たちを中心に、今、ネットで強い関心を集めている安倍氏がらみのスキャンダルが暴露されています。そして、ネットでは、その話題が日に日に盛り上がっています、それは、大阪の時代錯誤小学校創設に安倍氏が夫人とともに関与しているという疑惑ネタです。さらに、この絶好ネタは、この小学校の用地として国有地が破格の低価格で払い下げられているという不正疑惑スキャンダルを伴っています。この不正取引に安倍氏が関与していることがばれれば、それはれっきとした犯罪であり、安倍氏は首相を辞任せざるを得ないでしょう。一刻も早く、安倍氏に首相を辞めて欲しいと思っている人にとっては、久々の朗報です。
 
 この事件はすでに大阪のABCが報道していますし、国会でも追及されています(注1、注2)。当然ながら、安倍氏は関与を否定していますが、ウラでは官邸がこの問題のモミケシ(注3)に躍起になっているはずです。
 
 にもかかわらず、案の定、東京のテレビ局はほとんど、これを報道しません。なぜなら、東京のテレビ局の幹部は、安倍官邸の機密費で頻繁に接待を受けて丸め込まれているからです。
 
 彼らは安倍氏とコネをもつことで自分が偉くなったと錯覚させられていますから、安倍氏のカオを潰す報道はできないし、しないのです。
 
 さらに、東京のマスコミは、日本を乗っ取る米国戦争屋CIAジャパンハンドラーに徹底監視されており、米戦争屋CIAジャパンハンドラーの傀儡・安倍氏を批判するとたちまち、米戦争屋CIAジャパンハンドラーから圧力を掛けられるのです。
 
 ところが、東京マスコミほど官邸や米ジャパンハンドラーからの監視が行き届かない大阪のABC(テレ朝系)が、堂々とこの絶好ネタを報道してしまったのです。これこそ、まさに、上手の手から水が漏れたということです。今頃、東京のテレ朝幹部は官邸や米ジャパンハンドラーに厳重注意されているかもしれませんが、後の祭りです。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.あの甘利事件ですら、不問にする地検特捜部が、大阪の時代錯誤小学校用地取得の不正を暴くことはないだろう、残念ながら・・・
 
 安倍氏アレルギーの多いネット住人の間では、安倍氏スキャンダル発覚で大喝采が起きています。にもかかわらず、上記、大阪の時代錯誤小学校用地取得の不正疑惑を大阪地検特捜部が追及する可能性は極めて低いでしょう、なぜなら、日本の官憲は日本を乗っ取る米戦争屋CIAジャパンハンドラーに完全支配されており、彼らの許可なく、要人の絡む疑惑追及はできないからです。彼ら官憲が動くのは、米ジャパンハンドラーが安倍氏を失脚させたいと思った時だけです。
 
 本ブログでは、今の日本の官憲は、韓国の官憲と違って、国民の敵である悪人の罪をまともに追及することはないと観ています、それは、あれだけ、槍玉に挙げられた甘利氏のスキャンダルですら、結局、不起訴になっているという事例が存在することから明らかだからです(注4)
 
 安倍官邸の官僚支配手口は極めて単純です、彼らに逆らう正義漢の官僚を左遷し、権力に迎合する官僚を昇進させればよいのです。同じ手口を上記、米戦争屋CIAジャパンハンドラーが日本の官僚幹部にも多用しています。
 
3.国民の敵である悪人を成敗するのは国民であって、官憲に依存できない、今の日本においては・・・
 
 上記、大阪の時代錯誤小学校の用地取得に不正があったのは明白ですが、日本の官憲は、この事件に権力者・安倍氏が関与している可能性があったら、本気で追及することは絶対にないのです。
 
 なぜなら、日本の官憲の官僚のうち、幹部の人事は権力側に握られていますから、権力から無言の圧力を掛けられたら、彼らは自己保身のため、絶対に、権力者の悪を追及することはありません。
 
 国民はみんなそのことに気付くべきです。
 
 安倍氏を失脚させる方法、それは、安倍氏の地盤・山口県民が次期選挙で、安倍氏を落選させることです、それ以外に安倍氏を失脚させる方法はないのです。
 
 いくらマスコミが安倍氏をヨイショしても、国民がおのれの判断で1票を投じれば、安倍氏は山口県で落選して、たちまち、虚飾の権力を失います、ヒラリー同様に・・・。
 
 安倍氏を失脚させるには、ネットによる安倍氏のスキャンダル追及ではなく、そのスキャンダル発覚に基づく山口県民の覚醒に掛かっています、残念ながら・・・。
 
 もうひとつ、ほとんど期待できないのですが、みんなで渡れば怖くないということで、東京のマスコミがいっせいに、上記の安倍氏スキャンダルを報道すれば、さすがの安倍氏も窮地に追いやられるでしょう。
 
 ネット世論が東京のマスコミの重い腰を動かせるかどうか、あまり期待できませんが、この問題に、ほおかむりし続ける東京のマスコミ人も、さすがにうしろめたいのではないでしょうか。
 
 いずれにしても、権力に屈するマスコミは米国同様、いずれ日本でも、国民から信用されなくなります。
 
 
注2:阿修羅“<衆院予算委・森友学園疑惑>安倍首相「私も妻も認可、国有地払い下げに関係ない。関わっていたら総理大臣を辞める!」”2017217
 
注3:ジャパンハンドラーズと国際金融情報“日米関係を巡る激変はとうとうロッキード事件にまで”2010212
 
注4:リテラ“真っ黒な甘利明を検察はなぜ、不起訴にしたのか?官邸と癒着した法務省幹部の捜査潰し全内幕”201663
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2017217日 No.1613
 
タイトル:キムジョンナム暗殺の目的は、韓国のキムジョンウン暗殺計画を阻止するためか:われら日本国民は、北朝鮮は米国にとってホンモノの敵国ではないと知るべき
 
1.米トランプ政権誕生により、韓国はいよいよ、北朝鮮・キムジョンウン体制崩壊を本気で目指し始めた
 
 本ブログ前号にて、北朝鮮・キムジョンナム暗殺事件を取り上げました(注1)。本件に関連する情報をネットで調べていたら、韓国は最近、キムジョンウン暗殺部隊の創設を行っていることがわかりました(注2)。この事実から、米トランプ政権の誕生で、韓国は本気で、北のキムジョンウン体制崩壊を目指していることがわかりました。
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、韓国も日本同様に、米戦争屋の属国と観ています。
 
 そして、今の朴政権は米戦争屋の要請にて、THAADミサイル導入を決めるなど、日本の安倍氏同様、朴氏も米戦争屋の傀儡です。
 
 ところが、今の韓国は周知のように、アンチ・朴運動が起きており、少なくとも、韓国の官憲は、米戦争屋寄りではなく、中国寄りのような気がします。本ブログでは、朴政権打倒運動の背後に中国が潜むと観ています。
 
 近未来、朴政権が終わると、次期政権で大統領になりそうなのは文在寅(ムン・ジェイン)氏のようです(注3)。この人物は親中派のようであり、安倍氏と違って、隷米政治家ではなさそうです。
 
 今回、暗殺されたキムジョンナムは、中国が密かに庇護していたようですが、中国は、キムジョンウンを傀儡化している米戦争屋CIAネオコンとは対立していまます。だから、中国は次期韓国大統領・文在寅とともに、キムジョンウン政権を倒して、キムジョンナムを次期・北朝鮮最高指導者に就けたいのではないでしょうか。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.キムジョンナム暗殺の黒幕は、キムジョンウンを傀儡化している旧・米国戦争屋CIAネオコンの可能性がある
 
 上記のような事情を考慮して推理すると、キムジョンナムを暗殺したのは、キムジョンウン配下の北朝鮮対外工作部隊もしくは、キムジョンウンを傀儡化している旧・米戦争屋CIAネオコン(好戦派)の可能性があります。つまり、キムジョンウンを傀儡化している米戦争屋CIAネオコンが北朝鮮の対外工作部隊に命じて、キムジョンナム暗殺を実行させた可能性があるということです。
 
 今回のキムジョンナム暗殺の目的は、上記、韓国によるキムジョンウン暗殺計画を阻止して、キムジョンウン体制を維持することと推測されます。
 
 旧・米戦争屋にとって、韓国も日本同様に、彼らの属国ですが、なぜ、韓国は、旧・米戦争屋CIAネオコンの傀儡・キムジョンウン暗殺を計画しているのでしょうか。
 
 本件に関する本ブログの見方では、今の米戦争屋は好戦派と穏健派に分裂しており、韓国に駐留している米軍は穏健派の多い米国防総省ペンタゴンの配下にあって、制服組を含む穏健派は在韓米軍の撤退を進めています。それをスムーズに実行するためには、北朝鮮脅威の除去が必須なのです。したがって、韓国のキムジョンウン暗殺計画は、韓国を属国化している米戦争屋の中の穏健派の意向と推測できます。
 
3.キムジョンナム暗殺の黒幕はキムジョンウン体制を維持したい勢力
 
 これまで、北朝鮮は核開発しても、ミサイル実験しても、米戦争屋は口頭では非難するものの形だけで実際には、まったく、何の軍事行動も取らなかったのです。このことから、北朝鮮は米戦争屋にとってホンモノの敵国ではないのは明らかなのです。米戦争屋にとって、北朝鮮は極東米軍の正当化のために必要な敵役国に過ぎません。
 
 われら日本国民は、北朝鮮のキムジョンウンは旧・米戦争屋CIAネオコン(好戦派)の敵役傀儡であることに気付くべきです。
 
 これまで、北朝鮮が核武装しても、米国を敵とみなしてミサイル実験しても、米国から北朝鮮への先制攻撃が実行されることはありませんでした。
 
 われら日本国民は、この現実はおかしいと思うべきです、なぜなら、米国の仮想敵国・イランが北朝鮮のように核実験をやったら、イランは間違いなく、米国から先制攻撃を仕掛けられます、なぜなら、イランは米国にとってホンモノの仮想敵国だからです。
 
 米国がイランの核実験には厳しく、北朝鮮の核実験には、口頭で非難するだけで、北朝鮮の挑発を常に黙認しています。この現実から、北朝鮮は米国にとって、ホンモノの仮想敵国ではないとわれら日本国民は全員、認識すべきです。
 
注1:本ブログNo.1612北朝鮮のキムジョンナム暗殺される:暗殺の危機に怯えるキムジョンウンの仕業か、東芝経営危機が発端で、北朝鮮の核技術はABB経由の東芝子会社・ウェスティングハウス製であることがばれるのは時間の問題か』2017216
 
注2:CNN金正恩氏狙う「暗殺部隊」、創設前倒し 年内にも誕生へ”201716
 
注3:本ブログNo.1603新任のマティス米国防長官はなぜ、真っ先に訪韓したのか:でっち上げられた北朝鮮脅威の除去を急ぐ米国防総省と日本の核武装を恐れるネオコンの暗闘が見える201725
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2017216日 No.1612
 
タイトル:北朝鮮のキムジョンナム暗殺される:暗殺の危機に怯えるキムジョンウンの仕業か、東芝経営危機が発端で、北朝鮮の核技術はABB経由の東芝子会社・ウェスティングハウス製であることがばれるのは時間の問題か
 
1.日本を乗っ取る米国戦争屋が今、トランプと対立する好戦派とトランプに同調する穏健派に分裂していることが北朝鮮を動揺させているかもしれない
 
 先日、2017212日、安倍氏とトランプの日米首脳会談の終盤、突然、北朝鮮が日本海に向けてミサイル発射を強行しましたが、日米同盟の深化を目指す安倍氏を応援するかのような絶好のタイミングでのミサイル発射でした(注1)
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋は同時に、北朝鮮を敵役傀儡化して、日韓国民が、極東米軍に依存するように仕向ける軍事プロパガンダに、北朝鮮脅威を巧妙に利用していると本ブログでは観ています。
 
 その米戦争屋は、彼らにとって誤算だったトランプ政権の誕生によって、内紛が起きていると本ブログでは観ています。
 
 そして、今の米戦争屋は反露好戦派と非・反露派(穏健派:戦争狂ではない正常な神経の持ち主の勢力)に分裂していると本ブログでは観ています(注1)
 
 その観点から、米戦争屋と北朝鮮の関係を観てみると、好戦派は、北朝鮮を核実験場に利用するとともに、日本が核武装したら、ただちに、北のミサイルで対日攻撃できるようスタンバイしています。一方、穏健派は、好戦派によってでっち上げられた北朝鮮脅威を一刻も早く除去して、極東米軍の前線をグアム、ハワイまで後退させたいのではないでしょうか。
 
 ちなみに、トランプは北朝鮮問題に関しては、上記の穏健派と思われます。
 
 そして米戦争屋の穏健派は、北朝鮮を空爆して、北朝鮮脅威を除去したいのです。ところが、好戦派は、北朝鮮を核実験場に利用しているため、北朝鮮脅威を持続させたいのではないでしょうか。
 
 トランプ政権が誕生した今、今後、穏健派が優勢になれば、北朝鮮のキムジョンウン体制は崩壊させられます。ところが、今のキムジョンウン体制をつくったのは、ラムズフェルドなどの好戦派ネオコンです。だから彼ら好戦派は北朝鮮を今の状態にしておきたいのです。そのことを察知しているキムジョンウン(ABB役員だったラムズフェルドにスイスで洗脳された可能性あり)は、今、非常にあせっているでしょう。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.なぜ、今、キムジョンナム(キムジョンウンの異母兄)が暗殺されたのか
 
 さて、2017213日、今度は、キムジョンウンの異母兄・キムジョンナムがマレーシアで暗殺されています(注2)。おそらく、暗殺の危機に怯えるキムジョンウンが工作員に命じた暗殺テロと疑われます。その根拠は、トランプ政権になって、北朝鮮脅威の除去作戦が実行されれば、キムジョンウンは殺される可能性が高くなるからです。
 
 そこで、あせったキムジョンウンは、自分の後継者にされる可能性のあるキムジョンナムの暗殺を命じた可能性が大です。若いキムジョンウンはトランプ政権誕生でもう発狂寸前なのでしょう。
 
3.トランプ政権下にて、北朝鮮の正体がばれる可能性が出てきた
 
 本ブログの見方では、旧・米戦争屋CIAネオコンの好戦派が北朝鮮脅威をでっち上げたと観ていますが、北朝鮮の核技術もミサイル技術も、好戦派ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)が密かに供給しており、彼らは北朝鮮を核兵器実験場に利用していると推測されます(注3)
 
 キムジョンウンをスイスに留学させて洗脳したのは、好戦派ネオコンのラムズフェルド(スイスABBの元役員だった)と思われますが、彼は北朝鮮に密かに米国の核技術(東芝子会社のウェスティングハウス・WHの技術)をスイスABB経由で北朝鮮に供与したと米国で疑われていました。そして、その秘密がばれそうになったので、ラムズフェルド一派は東芝をだまして、WHを東芝に高値で買収させ、証拠隠滅を謀ったと疑われます(注4)
 
 今の東芝が陥っている危機の元凶は、2006年のWHの買収劇にありますが、この問題を追究していくと、WHの核技術がスイスABB経由で北朝鮮に供与された事実がばれてしまいます。
 
 そうなると、北朝鮮は好戦派ネオコンの傀儡国家であることが芋づる式に明るみに出るのです。
 
 そこで、好戦派ネオコンも、やむを得ず、北朝鮮脅威の除去に同調する可能性が出るのです。そのことにキムジョンウンは気付いたのではないでしょうか、だからキムジョンウンは発狂寸前なのでしょう。
 
 そうなれば、北朝鮮は米戦争屋配下の米軍とその同盟軍・韓国軍に攻撃されてあっという間に、崩壊させられるでしょう(注5)。そして、当然、キムジョンウンは殺されます、亡き父・キムジョンイルのように・・・。
 
注1:本ブログNo.1609日米首脳会談での安倍氏の日米同盟深化論を応援するかのように、北朝鮮がミサイル威嚇:トランプ政権は北朝鮮脅威の除去作戦を早く実行して欲しい』2017213
 
注2:夕刊フジ“金正男氏“暗殺”に「北偵察総局」関与浮上 次のターゲットに息子の名前も…“2017216
 
注3:本ブログNo.1293米国戦争屋ネオコンの傀儡国・日本と北朝鮮は彼らの核実験場にされ、日本の原発は彼らの核兵器のプルトニウム生産工場にされている』201619
 
注4:本ブログNo.1586300億円で買収した米企業の負債が5000億円あった?東芝がこんなヘマをするはずがない:東芝は東電とともに、核兵器至上主義勢力から罰を受けていると疑われる』2017119
 
注5:ニフティニュース“3月に米軍の特殊部隊が北朝鮮に攻撃を仕掛け、金正恩氏の殺害を計画か”2017215
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2017215日 No.1611
 
タイトル:米国トランプ政権が米共和党好戦派に乗っ取られる危険あり:英経済誌・エコノミストによれば、2017年に米国・NATO連合軍とロシアの戦争が始まると予言されている
 
1.日本を乗っ取る米国戦争屋が反露派と非・反露派(親露派を含む)に分裂
 
 本ブログ前号にて、米トランプ政権の大統領補佐官フリンの辞任について取り上げました(注1)。トランプ政権は米露戦争回避のために誕生した政権です。そして、トランプが抜擢したフリンのミッションは米露戦争回避でした。だからこそ、フリンは真っ先に、最優先で失脚工作を仕掛けられたのです。この事件から、米国の戦争勢力の強大な圧力の存在が感じられます。
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋も一枚岩ではなく、米露戦争回避を支持する勢力と米露戦争を始めたい勢力が混在しており、トランプ政権誕生後、米戦争屋は反露と非・反露に分裂していると観ています。非・反露派とはすなわち、米露戦争反対勢力ですが、この中にはトランプやティラーソンなど親露派も含まれます。近未来、米露戦争が始まれば、それは核戦争に発展、第三次世界大戦となる可能性が高いのですが、それを危惧する米国の勢力とはすなわち、米戦争屋の中の良識派(正常な神経の持ち主)でしょう。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.新・米戦争屋ボス・ジェイRF(ジョンRF四世)は米露戦争を回避したいはず
 
 本ブログの見方では、米トランプ政権は水面下で新・米戦争屋ボス・ジェイRFとキッシンジャー(新・米戦争屋の番頭)経由でつながっていると観ています。
 
 ジェイRFは個人的理由から、ヒラリーを毛嫌いしており、ヒラリーを絶対に大統領にしないために、代わりにオバマを大統領にした人物ですが(注2)、2009年から2016年の8年間、オバマ政権は本格戦争を実行していません。それは、ジェイRFの意向であったと思われます。
 
 一方、オバマ政権時代の旧・米戦争屋CIAネオコンは、オバマ政権がシリアやイラクなどへの米地上軍の派遣を認めなかったので、苦肉の策で、IS(イスラム国)をでっち上げて、米地上軍の代替兵力として、シリアやイラクに侵攻させたのです。そして、ポスト・オバマでは彼らの傀儡・ヒラリーを大統領にして、今度は、シリアやイラクに米地上軍を派遣させようと企んでいたのです。
 
 ところが、ジェイRFは、今回の大統領選でもヒラリー・スキャンダルを流布させて、ヒラリー米大統領シナリオを断固、阻止しました(注2)。その結果、トランプがタナボタ式に大統領になれたのです。
 
 そして、トランプは恩人であるジェイRFの意向に沿って動いています。ちなみに、ジェイRFは好戦派ではないので、米露戦争には反対でしょう。
 
 ところが、ジェイの宿敵・デビッドRFに牛耳られていた旧・米戦争屋CIAネオコンはジェイRFの意向を無視しています。彼らは米軍事産業の意向を優先しているのです。このことが、先日のフリン辞任劇で判明しました。
 
3.トランプ政権が米共和党の反露ネオコンに乗っ取られると米露戦争が始まる
 
 トランプ政権にはオバマ政権のときに活躍していた筋金入りの反戦主義者・ケリーのような閣僚も側近も見当たりません。したがって、マケインのような反露ネオコンの暗躍を許してしまいそうです。
 
 そうなれば、トランプ政権はシリアやイラクへの米地上軍の派遣をやむなく認めるでしょう。もし、米地上軍がシリアやイラクに派遣されてシリア政府軍と衝突したら、ロシアが再び、シリア・アサド政権支援の名目で、ロシア軍をシリアに派遣しそうです。
 
 その後は、言うまでもなく、シリアやイラクを戦場とする事実上の米露戦争が勃発しそうです。
 
 ところで、英経済誌・エコノミスト表紙の2017年の黙示画によれば、2017年に米国・NATO連合軍とロシアの戦争が始まると予言されています(注3)。いずれにしても、2017年は非常に不吉で不気味な年になりそうです。
 
注1:本ブログNo.1610米国トランプの側近・フリン補佐官が早くも辞任に追い込まれる:米国戦争勢力の好戦派の暗躍が衰えていないことの証拠、米国は再び戦争国家に逆戻りか』2017214
 
注2:本ブログNo.16042016年の米大統領選ではヒラリーを絶対に勝たさないという強い圧力が存在した:オバマもトランプも単に身代わり大統領に過ぎない』201727
 
注3:英誌『エコノミスト2017』の表紙の8枚のタロットカードから読み取る来年の世界の動き
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事