新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

新ベンチャー革命2019218日 No.2261
 
タイトル:日本国民より米国トランプの方が大事な安倍氏を窮地に追い込むには、選挙屋ムサシによる選挙不正を無効化するほど、国民全員が徹底した“反自民国民”になるしかない!
 
1.安倍氏はもう救いがたい“トランプのポチ”に成り下がっている
 
 筆者は米国シンクタンク・SRIインターナショナルの日本支部に16年半、勤務した経験を持っていますが、その経験から言えることは、今の安倍氏は、まさに、米国外資の日本支社における雇われ日本支社長と同じではないかとつくづく思います。
 
 本ブログ前号(注1)にて、今の安倍氏は、米トランプ様への究極のゴマスリ野郎に成り下がっていると指摘しましたが、米外資における雇われ日本支社長も、米本社のボスの方を向いて仕事をします。なぜなら、米本社のボスから睨まれたら、日本支社長は一発でクビにされるからです。
 
 上記と同様に、安倍氏も、米外資の日本支社長よろしく、安倍氏の事実上のボス・米トランプにちぎれるほどシッポを振りまくるということです。ネットで今の安倍氏は“トランプのポチ”に成り下がっていると揶揄されるのは当然です(注2)。
 
2.安倍氏のクビを握っているのは、日本を乗っ取る米国戦争屋と知るべき
 
 本ブログでは、安倍政権を闇支配しているのは、日本を乗っ取っている米国戦争屋と観ていますが、安倍氏は、米戦争屋CIAネオコン(世界最悪の悪徳勢力)の傀儡総理と観てよいでしょう。
 
 そして、安倍氏は、彼らの言いなりに、米国でポンコツ化した兵器をドンドン買わされています(注2)。
 
 安倍氏にとっては、自分のクビをつなぐためには、喜んで彼らの言いなりになるのです。
 
 米国製のポンコツ兵器を買うカネも、われら日本国民から巻き上げた税金で買うわけですから、安倍氏にとっては痛くも痒くもないのでしょう。
 
 このような安倍氏の売国行動を国民がどう思っているかについては、彼にとっては全くの無関心マターであり、安倍氏への怒りの国民感情を彼はこれっぽっちも意に介さないのです。
 
3.安倍氏は何故、国民に対して平気で居直れるのか
 
 今の安倍氏は、国民感情に全くお構いなしに、ヌケヌケとアメリカ様のポチになりきっています。なぜ、安倍氏はこれほどまでに、国民に対して居直れるのでしょうか。
 
 それは、いくら、国民から反感を買っても、選挙で勝てる裏ワザを確立しているからでしょう。
 
 今の日本の総選挙システムには、ムサシという選挙屋のマシンを使う仕組みをもう、全国レベルで確立していますから、よほどのことがない限り、自民が勝てるわけです。
 
 この秘密を安倍氏は秘かに知っているはずです。だから、彼らはもう国民感情を全く気にしなくてよくなっているのです。
 
 安倍氏の国民に対する態度から、そのことが窺われます。
 
4.国民が安倍氏および自民党を窮地に追い込むには、総選挙にて、自民党の票を限りなくゼロに近づけるしかない
 
 選挙屋ムサシが選挙結果を改ざんする際に、もし、自民の獲得票がゼロとなったら、さすがに、票の改ざんはばれやすくなり、選挙不正がやりにくくなります。
 
 このことから、日本国民は、総選挙の際、安倍自民票を限りなくゼロに近づけるしか、安倍氏を窮地に追い込むことはできないのです。
 
 安倍政権下の今の日本政府は国の統計すら平気で改ざんすることを国民はみんな、もう知りました。
 
 だから、総選挙結果も、安倍政権下の日本政府は平気で改ざんすると考えるべきです。
 
 それに対抗するには、日本国民が、安倍自民には絶対に投票しないようにするしかありません。
 
 いずれにしても、日本国民がみんな、不正大国・日本の悲惨な現状を知ることが、日本の健全化の第一歩です。
 
注1:本ブログNo.2260ゴマスリ野郎の官僚たちに囲まれて舞い上がっている安倍氏自身が究極のゴマスリ野郎だった:トランプにゴマすってノーベル平和賞の推薦状を選考委員会に送ったとは唖然!』2019217
 
注2:阿修羅“トランプ大統領「安倍からノーベル賞に推薦された」…差別主義者の自己宣伝に使われる安倍首相の救いがたい「ポチ」ぶり(リテラ)”2019
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事