新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

日米関係

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新ベンチャー革命2019618日 No.2375
 
タイトル:イランも北朝鮮も、米国戦争勢力の手のひらで泳がされている敵役国家に過ぎない:われら日本国民はみんな、だまされないようにすべき
 
1.米国戦争勢力から仮想敵国視されているイランと北朝鮮は核・ミサイル技術で深くつながっている
 
 ネットにはイランと北朝鮮の関係について取り上げた記述が存在します(注1)。両国は、1979年のイラン革命以降、今日まで外交関係が維持されているようです。
 
 両国の関係は主に、核技術やミサイル技術に関するもののようです。
 
 そして、両国とも、79年以降、米国戦争屋の仮想敵国となって今に至っています。
 
 ちなみに、2017年、イランが発射したミサイルは北朝鮮から密輸されたもののようです(注1)。この事実から、両国は秘かに、核技術開発でも協力関係にあると観るべきです。
 
2.北朝鮮に核技術を水面下で提供した張本人は、日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンのボスだったラムズフェルド・元米国防長官
 
 周知のように、日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンにとって、北朝鮮は仮想敵国ですが、その北朝鮮に核技術を提供したのは、決して中露ではなく、実は米戦争屋CIAネオコンのボスだったラムズフェルド・元米国防長官なのです(注2)
 
 米戦争屋CIAネオコンがどのようにして北朝鮮に核技術を供与したかというと、彼らはまず、米国の原子炉メーカー・ウェスティングハウスから、スイスの重電メーカー・ABBに技術ライセンスし、ABBに依頼して、北朝鮮に原子炉を建設させています。ちなみに、ラムズフェルドはそのとき、ABBの役員を兼務していました。
 
 われら日本国民はみんな、日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンの正体に目覚めるべきです。
 
3.米国戦争屋CIAネオコンは、北朝鮮とイランの関係をすべて知っているはず
 
 北朝鮮とイランを仮想敵国視している米国戦争屋CIAネオコンは、北朝鮮とイランが水面下で交流していることは当然、知っているはずです。にもかかわらず、彼らはそれを見て見ぬフリをしていますが、なぜでしょうか。
 
 本件に関する本ブログの見方では、戦争をビジネスとする米戦争屋CIAネオコンにとって、もっとも必要なのは常に敵国なのです、なぜなら、敵のいない戦争は成り立たないからです。そのため、彼らはこの地球上で常に仮想敵国を見つけ、育て、維持しているわけです。
 
 このような見方から、イランも北朝鮮も、米戦争屋の手のひらで踊らされる敵役国家ではないかとみなせます。
 
4.われら日本国民は、イランも北朝鮮も、米国戦争屋CIAネオコンの敵役国家に過ぎないと知るべき
 
 上記、米戦争屋CIAネオコンのボスであったラムズフェルドが、秘かに、北朝鮮に核施設を提供したのはなぜか、とみんな疑問を持つべきです。
 
戦争をビジネスとする米戦争屋CIAネオコンにとって、自分たちの存在意義を米国民に示すため、地球上にて、常に米国の敵役国家を育成することは不可欠なのです。
 
 ところで、北朝鮮のミサイル技術は、旧ソ連からの輸入されたもののように宣伝されていますが、本ブログの見方では、米戦争屋CIAネオコンが、彼らと一心同体のイスラエル経由で、北朝鮮に秘かに供与していると観ています。
 
 そして、北朝鮮のミサイルは、水面下で、イランに密輸されていると思われます。そして、米戦争屋CIAネオコンは、それを見て見ぬフリをしているだけです。
 
 いずれにしても、イランも北朝鮮も、水面下にて、米戦争屋CIAネオコンに巧妙にコントロールされているとみなすべきです(注3)
 
 われら日本国民はみんなだまされないようにすべきです。
 
注1:イランと北朝鮮の関係
 

注2:CNNRummy's North KoreaConnection What did Donald Rumsfeld know about ABB's deal to build nuclearreactors there? And why won't he talk about it?2003512

 
注3:本ブログNo.722貧乏国・北朝鮮はなぜ、ハイテクの核技術をもっているのか大胆に推理する』2013220
 
 
新ベンチャー革命2019615日 No.2372
 
タイトル:日本を闇支配する米国戦争勢力に潜む好戦的過激派の怖さを知らず、ノコノコとイランに行った安倍氏は致命的な墓穴を掘った可能性がある
 
1.参院選を控える安倍氏の点数稼ぎの対・イラン外交は大失敗に終わった
 
 本ブログ前号(注1)にて、先日、安倍氏がイラン訪問中、ホルムズ海峡にて、日本のタンカーがテロ攻撃を受けたという事件を取り上げました。
 
 安倍氏は以前、親日国・イランから米・イラン関係改善の仲介を頼まれていました(注2)。そこで安倍氏は、米トランプに米・イラン関係改善の仲介役を買って出て、トランプからの許可を得て、先日、勇んでイランに行ったのです。
 
 ところが、イランの最高指導者・ハメネイ師の対米姿勢はまったく変わらず、安倍氏の仲介は失敗し、まったく効果はありませんでした。
 
 さらに、安倍氏がハメネイ師と会談中に、日本のタンカーがホルムズ海峡でテロ攻撃を受け、結局、安倍氏のイラン外交は大失敗に終わりました。
 
2.今回の安倍氏の軽薄なイラン外交から、彼は米国戦争屋のイラン戦略の深層をよく理解できていないことがばれた
 
 今回、安倍氏は事前に、米トランプの了解を得て、イランを訪問したのでしょうが、米国戦争屋のイラン戦略は極めて入り組んでいる現実を、安倍氏が甘く見たのは確かです。
 
 ところで、今の米国は、上記、米国戦争屋に闇支配されていると本ブログでは観ていますが、トランプは元々、米戦争屋の傀儡候補ではなかったのです。トランプのライバル・ヒラリーが彼らの傀儡候補でした。
 
 そのため、かつての安倍氏は、2016年の米大統領選の際、当初、ヒラリーに尻尾を振っていたのです。ところが、米戦争屋の予想に反して、トランプが大統領になったら、安倍氏は早速、トランプにも尻尾を振り始めて、今日に至っています。
 
 しかしながら、現トランプ政権内には、米戦争屋CIAネオコンの息のかかったボルトンやポンペオなどが送り込まれています。
 
 元々、米戦争屋の傀儡ではないトランプは、基本的に好戦派ではないので、今でも、好戦派の米戦争屋とは一線を画しています。
 
 このような米国の内実構造をどうも、安倍氏はよく理解できていないようです。
 
 そして、安倍氏は単純にも、トランプにだけ取り入っておけばよいと軽薄に考えて対米外交をやってきたのは確かです。
 
 ここに、安倍氏の対米外交の大失敗が潜みます。
 
3.トランプだけに了解を取って、ノコノコ、イランを訪問した安倍氏は、米戦争屋の中の親イスラエル派(シオニスト・ネオコン)の怒りを買った
 
 今回、安倍氏が、イランのハメネイ師と会談中に、日本のタンカーがテロ攻撃を受けましたが、その実行犯は、イランに潜む反政府テロ組織かもしれません。そして、その黒幕は、米戦争屋CIAネオコンの中の親イスラエル派ではないでしょうか。


 彼らシオニストは安倍氏のイラン訪問に怒り心頭だということです。
 
 ちなみに、ロシアゲート事件を騒いで、トランプを引き摺り下ろそうとしていたのは、米戦争屋CIAネオコンの中の反露派です。
  
 さて、筆者個人の見方では、日本における2011年の3.11偽旗テロ事件の首謀者は、上記、米戦争屋CIAネオコンの親イスラエル派と観ていますが、彼らの本音では、日本人はいつか、広島・長崎への核攻撃の仕返しをしてくると恐れています。
 
 なぜ、彼らが3.11偽旗テロ事件を仕掛けて、東電福島原発を狙ったかというと、ここで秘密裏に、核兵器用核燃料の開発生産が行われていると疑われたからでしょう。
 
4.安倍氏は、かつての石原氏(元都知事)と同様、危険人物(ペルソナ・ノングラータ)のリストに入れられるかもしれない
 
 上記、米戦争屋の中の好戦的過激派・イスラエル・ネオコン(シオニスト)は、安倍一派が隠れ核武装派であることを知っているでしょう。
 
 イスラエル・ネオコンは極めて猜疑心が強いですから、イランにノコノコ行った安倍氏を決して許さないでしょう。彼らは、失脚させてもよい危険人物をペルソナ・ノングラータ(注3)に指定しますが、安倍氏もペルソナ・ノングラータに指定される可能性があります。
 
 かつて、彼らにマークされて失脚させられたひとりが、日本を代表する核武装派の石原氏ですが、石原氏が彼らに失脚させられたのは、同氏が英国誌で日本の核武装論をぶち上げたからでしょう。そして、イスラエル・ネオコンの敵・イランにノコノコ行った安倍氏も石原氏と同じ運命を辿る可能性があります。
 
 ちなみに、石原氏は、米戦争屋CIAネオコンから暗殺の対象にされていたことを、後にポロッと告白しています(注4)
 
注1:本ブログNo.2371米国vsイラン関係がこじれると、ホルムズ海峡を日本の石油タンカーが安全に通れなくなる:米国戦争勢力がいくらイラン戦争勃発を仕掛けても、ネット時代の米国民はもうだまされない!』2019614
 
注2:本ブログNo.2346『近未来、米・イラン戦争が勃発したら、自衛隊が米軍傭兵軍として派遣される、そして、ホルムズ海峡が軍事封鎖され、日本に悪夢のオイルショックが再来するのは間違いない!』2019518
 
注3:ペルソナ・ノングラータ
 
注4:本ブログNo.16752012年、尖閣諸島買収をぶち上げて対中挑発させられた石原・元都知事はCIAから暗殺ターゲットにされていたと週刊誌で告白したのはなぜ?』2017513
 
 
新ベンチャー革命2019614日 No.2371
 
タイトル:米国vsイラン関係がこじれると、ホルムズ海峡を日本の石油タンカーが安全に通れなくなる:米国戦争勢力がいくらイラン戦争勃発を仕掛けても、ネット時代の米国民はもうだまされない!
 
1.安倍氏がイランにて、ハメネイ師と会談中に、日本のタンカーがホルムズ海峡でテロ攻撃を受ける
 
 2019613日、安倍氏は宗主国・アメリカ様の許可の下、イランを訪問していますが、ちょうどそのとき、タイミングを計っていたかのように、日本のタンカーがホルムズ海峡で、何者かに攻撃されるテロ事件が発生しています(注1)
 
 安倍氏のイラン訪問とこの日本のタンカー攻撃事件発生は偶然ではなく、何者かが仕組んだものであると観るのが妥当です。
 
 そして、米政府は早速、日本のタンカーを攻撃したのはイランだと発表、一方、イラン政府はそれを否定しています。
 
 このテロ事件に限って、613日、安倍氏はイランの最高指導者・ハメネイと会談していますから、イラン政府が引き起したという見方は非現実的です。
 
 一方、米政府はイランが関係しているとは言っていますが、イラン政府がやったとは言っていません。
 
 ところで、イラン内には、米国戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)が放ったと思われる反・イラン政府テロ組織が存在しているそうですから、このような組織がやった可能性はあります。
 
 似たようなテロ組織のISの場合、テロ事件が発生すると、たいてい、犯行声明を出していましたが、今回のテロ事件では、イラン内のテロ組織から犯行声明は出ていません。
 
 ちなみに、イラン内で暗躍している反・イラン政府テロ組織は、かつてのIS同様に、米・イラン戦争を仕掛けている米戦争屋CIAネオコンから秘かに、資金援助を受けているとみなすべきです。
 
2.原油の9割を中東から輸入している日本にとって、ホルムズ海峡は一種の生命線
 
 今回、テロ事件が起きたホルムズ海峡は、サウジなどから大量の中東原油を輸入している日本にとって、極めて重要であり、一種の生命線でもあります。
 
 その件について、本ブログではすでに取り上げています(注2)
 
 上記の観点から、近未来、米・イラン戦争が勃発しても、日本はイランを敵の回すことは難しいのです、なぜなら、ホルムズ海峡はイランに支配されているからです。
 
 ホルムズ海峡におけるタンカー航行の安全が脅かされると、日本は中東原油を輸入できなくなり、大打撃を受けます。
 
 そこで、今の日本ではすでに、石油の国家備蓄が行われていて、約200日分の石油が常時、備蓄されています(注3)
 
 ちなみに、日本の石油の中東依存度は、ほぼ9割と極めて偏っています(注4)
 
3.米・イラン戦争を企む米国戦争屋CIAネオコンの傀儡・安倍氏にとって、イランを敵に回せない
 
 安倍氏を傀儡化しているのは、米国戦争屋CIAネオコンですが、彼らは今、あの手この手で、米・イラン戦争勃発を画策しています。
 
 ところが、日本の場合、イランの支配するホルムズ海峡は、日本の石油輸入の生命線ですから、安倍氏は、日本の首相として、イランとは和平関係を維持したいわけです。
 
 一方、イランから見れば、日本は米国の属国ですから、日本が米国サイドにつけば、日本のタンカーは安全にホルムズ海峡を通れなくなります。
 
 まさに、板挟み状態そのものです。
 
 日本は過去、何回か、石油ショックを経験しています(注5)。近未来、もし、米・イラン戦争が始まったら、また、石油ショックが起こることは避けられません。
 
 現段階では、米・イラン戦争が回避されることを祈るのみです。
 
 ところで、ネット社会の今、米トランプ政権を支持する米国民は、みんな、いかなる戦争にも反対するでしょうから、米戦争屋CIAネオコンがいくら扇動しても、そう簡単には米・イラン戦争は起きないと思われますが・・・。
 
注1:阿修羅“オマーン湾で日本の海運会社のタンカー含む2隻が攻撃受け被弾(ニューズウィーク)”2019613
 
注2:本ブログNo.2346近未来、米・イラン戦争が勃発したら、自衛隊が米軍傭兵軍として派遣される、そして、ホルムズ海峡が軍事封鎖され、日本に悪夢のオイルショックが再来するのは間違いない!』2019518
 
注3:石油備蓄
 
注4:ガベージニュース“日本の原油輸入元をグラフ化してみる(石油統計版)(最新)201882
 
注5:オイルショック
 
 
新ベンチャー革命2019613日 No.2370
 
タイトル:国民が隷米・安倍自民党を支持する限り、年金受給者の未来は暗い:われらの虎の子・年金基金150兆円はハゲタカ外資のカモにされる運命か
 
1.年金受給者は最低でも2000万円貯金しておけとアドバイスする日本政府にみんなもっと怒るべき!
 
 7月に参院選を控えて、野党は年金問題を争点にするつもりのようですが、今、騒がれているのは、年金の前途が危うくなっている現実を日本政府が示唆した事実です。
 
近未来の年金受給者は、年金だけでは生活できないので、退職時に最低、2000万円用意しておけと日本政府(金融庁)が国民にアドバイスしたのです(注1)
 
 現在の年金額レベルを知ると、年金だけで生活できないことは誰にもわかる話です。
 
 筆者個人も今は年金生活者ですが、それだけでは、まったく足りないので、貯金を取り崩しながら生活している有様です。
 
 住宅ローンを抱えている人は、とてもではないが、まとまった貯金をするのは大変です。
 
 しかしながら、安倍・麻生コンビを筆頭に、政治家は、一般国民の現実の経済状況を絶対にわからないでしょうし、わかる気もないのです。
 
 これまで、漫然と安倍自民を支持していた国民は、それでもなお、安倍自民を支持するのでしょうか、もう、ほんとうに信じられません!
 
2.安倍政権下の日本政府は、われらの年金基金を確信犯的に欧米銀行屋に奪わせるつもりではないか
 
 筆者個人の見方では、今後、年金基金は先細りになると観ています。ちなみに、国民年金はすでにそうなっています。国民年金だけの人は、月6万円ですから、到底、生活できません。
 
 今後、日本の人口は減って高齢者が増加し、年金基金が減るのは避けられませんが、日本政府はさらに、GPIF(注2)をつくって、年金基金を金融市場で運用し始めています(注3)
 
 したがって、最悪、年金基金は吹っ飛ぶ可能性があるのです。
 
 なぜなら、日本を闇支配する米国戦争屋と呉越同舟勢力・欧米銀行屋(ハゲタカ外資)が、われら日本国民の虎の子・年金基金150兆円を虎視眈々と狙っているからです。
 
 実際、昨年末GPIFは、あっという間に、15兆円も損失を出していますが、ほんとうに恐ろしいことがすでに起こっているのです(注3)
 
3.安倍政権下の日本政府は、ハゲタカ外資というヘビに睨まれたカエルそのもの
 
 今の日本政府を仕切っているのは、安倍政権ですが、彼らは、米戦争屋の傀儡であり、なおかつ、欧米銀行屋にも逆らえません。
 
 要するに、安倍政権下の日本は、アメリカ様(米国寡頭勢力=米戦争屋+欧米銀行屋)というヘビににらまれたカエルそのものなのです。
 
 上記、GPIFは、2006年、隷米・小泉自民党政権時代につくられていますが、アメリカ様からの強い要求があったと思われます。
 
 当時のアメリカ様(主に欧米銀行屋)は、小泉政権に郵政民営化を迫って、郵貯資金(180兆円規模)を狙っていましたが、同時に、年金基金(150兆円規模)も狙っていたのです。
 
 その欧米銀行屋配下のハゲタカ外資は、日本政府に米国債を売りまくって、手元に700兆円規模(対外負債)(注4)の円を保有しています。彼らはこの円で、日本株などに投資していますが、日本の金融市場は、彼らにとって絶好の草刈り場となっています(注3)
 
 日本の金融市場で、GPIFと欧米銀行屋配下のハゲタカ外資が競り合ったら、GPIFに勝ち目はありません。
 
4.このまま、隷米自民党政権が続けば、われらの年金基金はすべて、ハゲタカ外資に持っていかれる可能性が大
 
 上記の現状を見ると、将来的には、日本国民が積み立てた年金基金は、すべて、ハゲタカ外資に持っていかれる運命にあります。
 
 そして今の安倍政権はかつての小泉政権よりさらに、悪徳な隷米政権であり、われらの虎の子・年金基金150兆円がスッテンテンになるまで、ハゲタカ外資にカモられる可能性が大です。
 
 いずれにしても、清和会(征倭会)の安倍自民は、真性売国奴ですから、確信犯的に、われらの年金基金をハゲタカ外資に持っていかせるでしょう。
 
 いまだに安倍自民を支持する国民は悲惨な日本の現実に早く覚醒してください。
 
注1:本ブログNo.2368老後資金2000万円を貯められない一般国民(7割の多数派)にとって、次期参院選で、金持ち党・安倍自民の候補者に1票入れるのはまさに自殺的投票行動であると知るべき!』2019611
 
注2:年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF
 
注3:本ブログNo.2249年金運用のGPIFは年末に15兆円ものわれら日本国民の虎の子・年金積立金をハゲタカ外資に献上させられた:GPIFも日銀と並んで、確信犯的売国奴であると知れ!』201924
 
注4:時事通信“【図解・経済】日本の対外資産・純資産・負債残高の推移”2019524
 
 
新ベンチャー革命2019612日 No.2369
 
タイトル:安倍自民の事実上の機関紙・産経は、61万人引きこもりを自衛隊に強制入隊させろと主張:安倍自民の改憲の真の目的は、徴兵制の導入か
 
1.安倍自民の事実上の機関紙・産経は、61万人引きこもりを自衛隊に強制入隊させろと主張
 
 安倍自民の事実上の機関紙に近い産経新聞が、国民を仰天させる主張を行っているようです(注1)
 
 それは、日本に潜む61万人の引きこもり(注2)を、強制的に自衛隊に入隊させろという主張です。
 
 この主張には、日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンの対日戦略の一端が窺えます。
 
 本ブログの見方では、安倍自民が何とか改憲(憲法改悪)を実現しようとしている真の目的は、日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンのために、改憲して日本を戦争国家に仕立てることです。
 
 その延長線上には、当然ながら、徴兵制の導入があります。安倍自民を傀儡化する米戦争屋は、彼らの属国・韓国と同様に、日本にも徴兵制を敷きたいわけです。
 
 彼らの目的は、米戦争屋の仕掛ける戦争に、自衛隊員を米軍傭兵として利用することです。なぜなら、日韓の兵士を動員できれば、米兵の犠牲が減らせるからです。
 
 以上のような背景を知ると、産経の主張は、米戦争屋の対日戦略に沿っているものであることがわかります。
 
2.今の日本が徴兵制を敷いていないのは昔の自民党(主に経世会)ががんばったから
 
 戦後日本を闇支配する米国戦争屋は、当初、日本が二度と、米国に刃向わないように、平和憲法を強制しましたが、その後、変心し、安倍自民に秘かに、自衛隊の米軍傭兵化を要求し、さらに、改憲して、日本を軍国化するよう要求してきました。もし、近未来の日本が軍国化させられたら、当然ながら、韓国同様、徴兵制の導入が必須となります。
 
 にもかかわらず、今の日本が、まだ徴兵制を敷いていないのは、皮肉なことに、かつての自民党(主に経世会)ががんばったからです。
 
 ところが、今の安倍自民(反・経世会の清和会中心)は、昔の自民党とは似て非なる政党に変貌しており、彼らのボス・米戦争屋の要求に応えて、秘かに徴兵制導入を狙っているのです。
 
 さて、そのような安倍自民を傀儡化している米国戦争屋に事実上、支配される米国では、徴兵制に関して長い歴史があります(注3)。米戦争屋は当然ながら、属国日本にも、米国同様に徴兵制を導入させたいのです。
 
 上記、引きこもりの自衛隊強制入隊案は、近未来の徴兵制を意図しているとみなすべきです。
 
3.次期参院選で、相変わらず、安倍自民の候補に投票するつもりの国民は、徴兵制導入を認めることになると知るべき
 
 いまだに、安倍自民の候補に投票するつもりの国民は、経世会が牛耳っていた昔の自民党のイメージを抱いているかもしれませんが、もしそうなら、今すぐ、その認識を改めるべきです。
 
 自分の子供や孫が戦前同様に徴兵されてもよいなら、安倍自民に投票してもかまいませんが、その覚悟がないなら、今すぐ、考えを改めるべきです。
 
 また、今、子供や孫を自衛隊に入隊させている国民は、安倍自民を支持する限り、近未来、自衛隊員が米軍傭兵として、米国戦争屋の仕掛ける戦争に動員される可能性があることをよく認識すべきです。
 
 日本を闇支配する米国戦争屋にとって、徴兵制の残っている米国でも、今や、米軍兵士を確保するのが困難なのです(注4)。そこで彼らが目を付けたのが、日本人なのです。
 
 ところで、安倍氏の子飼いのひとり・稲田・元防衛大臣は、徴兵制大賛成、自分の息子は別と、ヌケヌケとのたまってケロっとしています(注5)
 
 このことから、安倍自民の正体は、日本国民を米戦争屋に平気で差し出す真性売国奴であることがわかります。
 
かつての自民党とは似て非なる今の安倍自民を、いまだに保守政党と認識して支持している国民は、是非、再考ください。
 
注1:阿修羅“産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて精神を鍛え直せ」 右派の徴兵制&強制収容所的発想があらわに(リテラ)”2019611
 
注2:日経新聞“中高年ひきこもり61万人 内閣府が初調査”2019329
 
注3:アメリカの徴兵制の歴史
 
注4:本ブログNo.2343維新の丸山某に代表されるアベ様命の若いネトウヨはみんな、自分たちは“戦争に行かされる側の人間”であると自覚すべき、それでもなお、安倍自民党を支持するのか』2019515
 
注5:健康になるためのブログ“【利己的?】稲田朋美(新)防衛相「国を護るには血を流す覚悟を!」「息子が徴兵されるのは絶対に嫌です」”201683
 
 

全167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事