ここから本文です
映画と本と
とりあえず映画のある時代に生まれてよかった

書庫全体表示

2000年、ケネス・ロナーガン監督
ローラ・リニー、マーク・ラファロ、
マシュー・ブロデリック、ロリー・カルキン
原題は「私にまかせて、私を頼りにしてもいいよ」という意味。
 
いい映画なのに地味なせいか日本未公開。でも若手映画人の登竜門といわれ
る「サンダンス映画祭」でグランプリを受賞している。


イメージ 1

幼い頃に両親を交通事故で亡くした二人、姉のサミーと弟のテリー。
現在、サミーはシングルマザーとして8歳の息子ルディと故郷の実家で
暮らしている。テリーは息苦しい故郷の町を離れ、転々とした根無し草の
生活をしている。そのテリーが久しぶりに故郷に帰ってくる。
サミーはとても喜ぶがテリーはお金を借りに戻ってきただけだった。
出来のいい姉と出来の悪い弟の物語・・・というわけではない。
 
実は姉のサミーもまた成長しきれていなかった。プロポーズしてくれた
誠実な男性とつきあいながら、職場の上司との不倫を愉しんでもいた。
どちらも未熟な二人だった。そして息子のルディは会ったことのない父親
を理想の男と思っていたが、実際に会ってみると最低の男だった。
しかしそうやってルディは成長してゆく。また大人であるサミーとテリー
ルディによって成長してゆく。

イメージ 2

おそらく両親のいない姉弟、サミーとテリーは幼いころから助け合って
暮らしてきたのだろう。しっかり者の姉は弟の世話を親身になってしてい
のだろう。そして弟はそれが嫌だったかもしれない。二人の必死に生き
てきた辛い過去を彷彿とさせる映画だ。
強いつながりがあり喧嘩をしても姉弟はお互いを見捨てることができなか
った。
テリーは甥のルディを息子のように思い、もう根無し草の生活から抜け出
そうとしていた。こうやってお互いに少しずつ変わってゆき、それぞれが
成長してゆく。

イメージ 3

カントリー・ミュージックが心地よく、この南部の小さな町とささやか
な物語によく似合っていた。「私にまかせて、私を頼りにしてもいいよ」
困った時にこれほど嬉しい言葉はないだろう。
両親のいないこの姉と弟の微妙な関係は温かくもあり、羨ましくもある。
いろいろあったが後味はいい映画だった。
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事