ここから本文です
tearface 風雲急を告げる!
メディアや野党の主張(維新を除く)には、5W1Hがない。おかしくないか?

書庫全体表示

ドラえもん募金の約9割を大西健丞氏のNGO経由で北朝鮮に送金ってどう思います?
ドラえもん募金の約9割を大西健丞氏のNGO経由で北朝鮮に送金ってどう思います?
朝鮮人や中国人が被害にあうと、きゃんきゃん喚き、ヒューマニズムと正義の反権力というポーズを取りながら、日本人の交通事故被害者には徹底的に冷たい朝日新聞。

損保と権力に迎合し、気が向くと(1年に1度くらい)、「交通事故被害者はドロボウ。損保様の大切なお金を奪われるな!」キャンペーンを行い、全国1万の交通事故被害者に憎まれ、当HPでも、「朝鮮日報」と揶揄されていますが、調べてみたら、あきれた実態と報道が、これでもか! これでもか! 状態。もう、度が過ぎてますね。。。

============================

●【テレビ朝日】ドラえもん募金の約9割を大西健丞氏のNGO経由で北朝鮮に送金か。

「テレビ朝日では、平成16年12月28日から平成17年1月31日まで 「ドラえもん募金スマトラ沖大地震被災者支援」を行って
まいりました。 皆様から寄せられた善意の募金88,760,300円にテレビ朝日からの寄付金2,500,000円を加え、 募金総額は
91,260,300円となりました。 このうち59,000,000円については、既に寄付を済ませておりますが、 残りの32,260,300円を
日本赤十字社に寄付することを決定、2月17日に贈呈しました。 この結果、寄付先と金額は下記の通りとなりました。

募金総額 91,260,300円
AMDA 3,000,000円 3.28%
日本ユニセフ協会 3,000,000円 3.28%
日本赤十字社 3,000,000円 3.28%
ピース・ウィンズ・ジャパン 82,260,300円 90.13%

___________________________

ピース・ウィンズ・ジャパンの代表大西氏は、北朝鮮との深い繋がりと連合赤軍との接点が報告されている。

____________________________

日本人の善意の寄付金を、日本赤十字やユニセフより、得体の知れないNGOに9割配分?! 朝日新聞のジャーナリストとしての調査能力や判断力に疑問です。しかも、北朝鮮の核兵器製造の資金源になったとしたら、朝日新聞こそ、ドロボウ!!!
  • グレード
  • 質問日時:
    2010/12/9 23:15:21
    解決日時:
    2010/12/11 09:44:14

ベストアンサーに選ばれた回答

「ドラエモン募金」って、ひど過ぎますね。
ニセ募金などの詐欺だってありますが、「ドラエモン募金」は、それよりも悪質だと思います!

募金を実施する段階では「日本ユニセフ」や「赤十字」を看板に使って、お金を集めて、お義理程度に各3百万円を渡しただけで、残りの約8千万円は北朝鮮の送金なんて知っていたら誰も募金なんてしなかったでしょう。

こんな不正がまかり通るから、募金全体が疑われる風潮になります。
これが罪にならないから、腹立たしいです。

この知恵袋を残すことで、今後の「どらえもん募金」を、牽制してゆかなければなりませんね。

  • 回答日時:2010/12/11 07:14:11
 
 
大西健丞 北朝鮮に関連する検索キーワード
 

ピースウィンズ・ジャパン 東京事務所

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-16 市ヶ谷KTビルI 5階
TEL:03-5213-4070(代表)
FAX:03-3556-5771
※地下鉄・メトロ市ヶ谷駅A3出口を地上に上がったら右方向へ。
 靖国通り沿いに歩くと、右手に「らーめん百舌」さんと
 「日本橋 角吉」さんが見えます。その間の路地を右に入り、
 突き当りのビルが市ヶ谷KTビルⅠになります。

※来客者用の駐車場はありません。ご注意ください。

ピースウィンズ ・ジャパン 尾道事務所

特定非営利活動法人ピースウィンズ ・ジャパン 尾道事務所
〒722-0035 広島県尾道市土堂1丁目7-8-1F
TEL・FAX:0848-22-8899

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事