ここから本文です
tearface 風雲急を告げる!
メディアや野党の主張(維新を除く)には、5W1Hがない。おかしくないか?

書庫全体表示

【歴史の事実】 韓国工作員による新潟日赤センター爆破未遂事件

【歴史の事実】 韓国工作員による新潟日赤センター爆破未遂事件


                           李承晩          工作員の出発した甘浦港のある                                                                                               大韓民国慶尚北道
 

新潟日赤センター爆破未遂事件(にいがたにっせきセンターばくはみすいじけん)とは、
 
中国地方各地における韓国工作員による密出入国と

1959年12月4日に企てられた新潟県での暗殺・爆破テロ未遂事件。



事件の背景Wikipedia 


朝鮮戦争が膠着状態となり、1951年7月から休戦会談が開始されると、
韓国大統領・李承晩は1952年1月18日に李承晩ラインを宣言し、
竹島を占拠するとともに対馬は韓国領であるとして日本に「返還」を要求するとともに日本の漁民数千人を抑留し、第一大邦丸事件のような日本人殺害事件も引き起こした[1][2][3]。

後述の事件当時も日本人は韓国に抑留されている状態であった[4]。
韓国では休戦後も国土が荒廃したままで、経済活動は衰退し、世界最貧国となっていた[5]。

また、韓国政府は朝鮮戦争中には共産主義者との関係を疑われた韓国民を裁判なし数十万人虐殺していた(保導連盟事件、居昌事件など)。

 一方、北朝鮮は、
1955年に在日朝鮮人が極左急進主義を弱めて設立した在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)と緊密な連携をとるようになった[6]
(朝鮮総連の前身の在日本朝鮮人連盟は日本国内にておこなっていた大規模な武装闘争(日本の裁判所や検察庁へ襲撃など[7])などで解散させられている)。

また、北朝鮮は共産圏諸国の支援を受けることによって復興を遂げつつあり、
在日朝鮮人にも在日朝鮮学校への支援などの資金援助をおこなった[6]。

韓国政府は北朝鮮に対し教育費の援助を止めるよう抗議を行ったが[8]、韓国政府自身は支援を行わず、

在日本大韓民国居留民団(現:在日本大韓民国民団)からの抗議を受けて支援を行ったもののその額は北朝鮮の10分の1にとどまった[9]。

1959年12月14日、北朝鮮への帰国船の第一陣が出発する。
北朝鮮へ帰国した朝鮮人には、韓国政府による済州島4・3事件や麗水・順天事件などの虐殺を逃れて日本に密入国した韓国人などがいた[17]。

北韓送還阻止工作員の結成

危機感を募らせた韓国政府は日本に大量の工作員を送り込むことを決定した[18]。

1959年9月、韓国政府は日本に戻ることなく韓国に帰還したままであった在日義勇兵(在日朝鮮人の韓国軍への志願者)たちに、在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業を阻止するために日本に潜入して北朝鮮への帰国阻止妨害工作活動を行う工作員となるよう要請した[19]。

韓国政府は在日義勇兵41人・韓国軍予備役将校・韓国警察試験合格者24名からなる北韓送還阻止工作員を結成した[20][21]。

また、韓国政府が日本国内で組織した工作員も妨害活動を行うことになる[22]。
 
1959年9月末、ソウル江北区牛耳洞の訓練所で「破壊班」「説得班」「要人拉致班」に分かれて訓練が行われた[23]。
 
1959年12月初旬、潜入アジトを設けるために先発隊が慶尚北道慶州市甘浦港から船員に偽装して貿易船に乗り込み、ボートに乗り換えて小倉と関東で活動する部隊ごとに海岸から上陸した[24]。
工作事件の舞台となる新潟県に隣接する富山県にはテロ部隊の本部がおかれた[4]。



北朝鮮への帰国阻止韓国工作員のテロ計画


慶尚北道

工作員の出発した甘浦港のある慶州市
在日朝鮮人帰国事業担当の日本側要員の暗殺[21]。
日本赤十字社の破壊[21]。
新潟港に通じる鉄道線路を破壊北朝鮮への帰国阻止[21]。
韓国民団にKCIAの工作員を偽装入会させ、日本側の警戒を受けずに政財界へ浸透する。
北朝鮮への帰国阻止新潟日赤センター爆破計画発覚[編集]

1959年12月4日、警視庁外事課は新潟県新発田市内のバーで密談を行っていた工作員2名に任意同行を求め、新発田警察署で取り調べを行った。

工作員の鞄の中からは雷管を装てんした4本組のダイナマイト3束の計12本が発見され、爆発物取締罰則現行犯で逮捕された。

さらに、新潟駅では工作員が駅に預けたガソリン1ℓ缶4本を隠したウィスキー箱が発見され、工作員たちは新潟日赤センターを爆破しようとしていたことが判明した[25][26][27][28]。

また、この工作事件は韓国代表部(領事館)の金永煥三等書記官と来日中の韓国特務機関の幹部が指揮をとっていたことも明らかにされた[22]。

この時逮捕された工作員は、日本国籍を取得した在日韓国人と在日義勇兵として朝鮮戦争に参加した韓国治安局所属の在日朝鮮人である[22][4]。

日本国籍を取得している在日韓国人は事件前には、新聞記者と称して日本赤十字社本部の周辺に入り浸っており、日本赤十字社からは出入り禁止とされていた[4]。

事件発覚後、警察は次々と韓国の工作員を摘発した。この爆破未遂事件は日本社会に衝撃を与え、韓国政府や在日大韓民国居留民団に対しての日本世論が硬化した[29]。




新潟日赤センター爆破未遂事件(1959・12・4) 韓国の工作員


保導連盟事件(1950・6・27〜) 韓国、李承晩の非道


【韓国】 「私の国籍は日本」〜李承晩(韓国初代大統領)のアメリカ滞在時の自筆国籍表記に衝撃!!


日本に密航した韓国テロリストの生き残りに補償金=韓国 

在日朝鮮人の北朝鮮帰還阻止  
工作員に補償金=韓国 

【ソウル聯合ニュース2012/04/20 21:40 

韓国警察庁は20日、 
在日朝鮮人の北朝鮮への 
帰還事業を阻止するため 
日本に派遣された元工作員
 
の生存者7人に対し、 
1億ウォン(約718万円)〜2億4000万ウォン 
の補償金を支給すると明らかにした。 

1959年に当時の李承晩(イ・スンマン)政権が 
日本で進行中だった北朝鮮帰還事業を阻止するため、 
工作員66人を 
日本に密航させ
、 
そのうち12人が航海中に台風に遭い死亡した。 
また、日本で活動した工作員は日本当局に逮捕、 
収監された。 

真相究明と補償を求める訴えが続いたことを受け、
警察庁は2007年に真相究明と名誉回復および
被害救済のための立法措置を取るよう勧告していた。 


関連記事
★在日帰国事業阻止のため
日本で破壊工作したテロリスト
補償法が国会を通過
 
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1115.html
工作隊の任務は、 
当時の岸信介政権の指示を受けて
帰国事業を主導していた 
日本赤十字社の建物を破壊すること、 
帰国事業を担当していた日本側要員の暗殺、 
帰国船が入港する新潟港に通じる鉄道線路を
破壊することなどだった。


★新潟日赤センター爆破未遂事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E6%97%A5%E8%B5%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%88%86%E7%A0%B4%E6%9C%AA%E9%81%82%E4%BA%8B%E4%BB%B6

北朝鮮は、日本人拉致誘拐の工作員
南朝鮮は、北朝鮮帰還阻止の工作員

スパイ天国・日本!

戦前は出稼ぎの為に、渡航制限下でも密航
戦後は朝鮮戦争のどさくさに密航
その後は、スリ団や遠征売春婦とホストが密航
昨年は、震災のドサクサに密航・・・
密航し放題・日本!

「国際キムイルソン・プライツ」理事のデヴィ夫人が、
Blogでこんな事を言っていますが
★日本よ 頑張れ!   
北朝鮮よ 頑張れ!

http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-11224618854.html#cbox
「なぜ 在日の方達が 日本に45万人もいるのか、
考えたこと ありますか?
朝鮮半島から 200万人の人々を拉致するがごとく 
日本の 山口県宇部港に連行 120万人を 
全国 約210箇所の炭鉱
(現在閉山している炭鉱を含む)に送りました。

他にも ダム工事、トンネル工事等に配置し、
この方達がどのようにして
いつ亡くなったかの記録は
800余名分しか 残っていません。(日本経済新聞)

80万人を “志願兵” として徴兵し、兵役にあたらせ、
第二次世界大戦時 日本兵を守るため 
第一戦に送り 死滅させています。
この人達の子孫が 拉致事件を起こしたとしても
日本は 何か言える立場でしょうか。


まあ、このオバサンも日本が送り込んだ
ハニトラ要員だったから、「同類相憐れむ」なのか?
現在進行形の北朝鮮工作員だし・・・

だとしても
>この人達の子孫が 拉致事件を起こしたとしても
日本は 何か言える立場でしょうか。

とは、呆れてものが言えないわ!

日本に密航した工作員は
総連やら民団やらと連携して
日本の共産主義者や贖罪主義者と一緒に
一体、何をしてきたのだろう・・・

■昭和48年警察白書
http://www.npa.go.jp/hakusyo/s48/s480700.html
4 暗躍するスパイ
(1) スパイとの闘い
我が国をめぐって行なわれる諸外国のスパイ活動は、
これまで数多くの検挙事例を通して明らかにされて
きた。
(中略)
〔事例2〕 昭和47年3月19日、韓国に本籍をもつ
在日朝鮮人李貞植
を電波法違反で検挙したが、
捜索の結果、我が国では製造されていない組立式板電鍵、
小型無線送信機、乱数表、換字表、水晶片、北朝鮮指示
のメモなどスパイであることを証明する証拠品多数を
所持していた。
そして、その後の捜査により、再三にわたって中国、
北陸地方の沿岸調査を行ない、沿岸写真や北朝鮮宛の
報告文をマイクロフィルムにおさめ、北朝鮮への密出国
を敢行するなどの不審行動をしていた
ことが明らかとなった。
http://blog-imgs-42.fc2.com/t/o/r/toriton/korea0344.jpg

昭和47年中において、この種の容疑事案は、ほかに13件確認
されており、このうち4件(北海道、新潟、石川、福井)を
出入国管理令及び外国人登録法違反で検挙している。

(2) 出入国管理令、外国人登録法の違反状況
スパイ活動の多くは、出入国管理令や外国人登録法に
違反してなされている。
昭和47年中における出入国管理令の違反件数は、
262件となっており、国籍別では、地理的条件を反映して
韓国及び北朝鮮が圧倒的に多く、
全体の84%を占め、

また、違反態様別では、密入国が76%を占めている。
密入国者は、大半が韓国から高い賃金を当てにして
日本にいる親類や知人を頼って出てきた求職目当ての
集団密入国者であるが、
中には、スパイ活動を行なうために
旅券等を不正に入手して密出入国を敢行する者がいる。


次に、昭和47年中における外国人登録法の違反件数は、
1万5,175件となっており、国籍別にみると、
韓国及び北朝鮮がその登録人員の多いことも
あって圧倒的に多く、全体の86%を占めている。


違反態様別では、登録証明書の切替不申請が最も多く
52%を占め、次いで、登録証明書の不携帯19%、
居住地等の書換不申請11%、登録不申請9%の順と
なっている。これらのうち、最も悪質なものは、
登録不申請であり、こうした事案のなかには、
偽造した登録証明書を入手してスパイ活動など
有害な活動を行なっているケースがある。


■昭和49年警察白書
http://www.npa.go.jp/hakusyo/s49/s490800.html
7 スパイ事件
我が国をめぐる諸外国のスパイ活動は、
従来、主として国際共産主義勢力によって
行われてきた。近年、国際勢力の多極化、
国際情勢の複雑化を背景に、多くの国々が、
自国の国際的地位の確保や権益の擁護・発展を
目的とし、我が国に対し、また、我が国を
「中継地として合法・非合法両面の手段を駆使した
スパイ活動を展開している。


〔事例1〕 温海事件
昭和48年8月5日、山形県警察は、鶴岡市の葉山海岸から
上陸した北朝鮮スパイ2人を出入国管理令違反(密入国)
で逮捕した。
(中略)
〔事例2〕 金一東事件
昭和48年12月22日夜、愛知県警察は、
東京国際空港において北朝鮮スパイ金一東を
出入国管理令違反(密出国企図)等で逮捕した。
その取調べの結果、次のような事実が判明した。
金一東は、昭和44年10月初め、日本円300万円、
高速発信用無線機、水晶片、乱数表、暗号表、
暗書用秘密インクなどを携え、北朝鮮から高速艇で
青森県岩崎海岸に密入団した。
上陸地点に無線機類を埋めた後、愛知、大阪、三重を
主たる活動舞台とし、在日朝鮮人を手先として
本国からの暗号放送による指令を受けながら、
対日情報の収集と韓国・北朝鮮間の連絡ルートの設定を
主要任務としてスパイ活動を続け、その結果を
秘密インクを用いて国際郵便で本国に報告していた。

昭和48年12月、
「東ドイツの北朝鮮大使館で活動資金を受領せよ」
との本国からの指示を受け、
http://blog-imgs-42.fc2.com/t/o/r/toriton/korea0348.jpg
日本人名義の旅券を入手し、日本人になりすまして
東ドイツに行くことを企てた。
まさに、出国する寸前のところを逮捕したわけてある。
昭和49年3月5日、名古屋地方裁判所は、
被告人金一東に対して懲役1年の判決を言い渡し、
3月19日、刑が確定した。

8 特殊国際事件
(1) 金大中事件
(2) 日航機乗っ取り爆破事件

■昭和59年 警察白書
http://www.npa.go.jp/hakusyo/s59/s590600.html



今でも、当時と変わらぬ状況だというのに

★外国人参政権
「在日」と韓国政府を同一視せず

税法悪用の宗教法人あるも規制は
政教分離の堅持が基本〜山口那津男氏

Japan Business Press 2012.04.20(金)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35040?page=3
まず、宗教法人と税制について。
税法が徹底されていない部分を宗教法人が
悪用するということは、
残念ながら実際に見受けられることです。
もっとしっかりした体制の下、
税法を執行するということは必要だと思います。

一方で、宗教法人が果たす社会的な役割という
ものがあり、信教の自由ということもあるわけです。
国が過度に宗教活動に介入しないという意味での
政教分離の原則は保持しながら、
しかし悪質なものを取り締まったり規制したり
ということは検討すべきだと思います。

外国人参政権の問題で大事なことは、
在日の方々が日本政府に許された永住権を持って、
ここに共存して暮らしているということです。
そのことと外国である韓国政府がどう対応するかは
分けて考えるという視点が重要だと思います。


国家と国家がぶつかり合うような場面で
参政権を認めるようなことはすべきではない。
ただ地方自治の中で、生活に関わる部分に関して
投票する権利ということにはもっと柔軟であった
方がいいと思います。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
日本には、
工作員と、成りすまし日本人と
売国奴がウヨウヨしているわ・・・



ライダイハン ベトナム戦争での韓国兵


【ベトナム戦争】 韓国の朴槿恵大統領が抱える矛盾、自国の悪い事はダンマリを決め込むが、同じようなことが日本にあると攻撃する。


【海外の反応】 韓国のベトナムでの戦争犯罪について、海外の人はどう思っているのか?

【韓国】 朝鮮戦争時には強制連行も! 韓国が扱った慰安婦こそ本当の「性奴隷」


反日韓国人が論破され、苦し紛れに呟いた一言とは...Season2


転載元転載元: 復活! 強い日本へ!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事