ここから本文です

書庫全体表示


水槽に入れたら金魚が死んだ!

食材より危険な中国産

『殺人割り箸』の恐怖

イメージ 3

イメージ 1

日本マクドナルドを脅かした、中国企業による使用期限切れ食肉問題。かねてから、中国産の食材は危険視されてきたが、それ以上に危険なのは中国産の割り箸だという。

「上海のレストランで食事をしていた一般客が、割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁ったことから発覚しました。報告を受けた当局が調査のために割り箸を水槽に入れたら、元気に泳いでいた金魚が、ぷっかり浮かんできたそうです」(通信社中国特派員)
イメージ 4

イメージ 2

金魚が死んでしまうほどの毒性を持つ、恐怖の猛毒割り箸。かの国では、どういった過程で生産されているのだろうか。

「中国産の割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や、見栄えをよくするための漂白剤等が大量に使われています。しかも、ほとんど洗浄されずに出荷されているため、人体に有害な薬品がこびりついたままなんです」(全国紙経済部記者)

日本における割り箸の年間使用量は250億膳。その97%が中国産ということだから、他人事ではない。

「野菜や食肉といった食料品には、輸入時に検査がありますが、工業製品である割り箸はフリーパス。日本では、"殺人割り箸"が日常的に使用されている危機的状況と言えます」(前同)

かつて中国で弁護士として活動し、現在は日本で通訳をする朱有子氏は、こう警鐘を鳴らす。

「割り箸の生産業者は、個人経営の零細企業が多いので、薬剤の洗浄が不十分だったりすることは大いに ありえます。すべての中国製品が危険というわけではないでしょうが、私は一切使用しません」

中国産の"猛毒割り箸"は、世界中に年間800億膳輸出されている。この事態は、もはや"テロ"と言っても過言ではない。


http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/taishu_9802


中国産割り箸、水槽に入れると金魚死ぬ猛毒だよ|竹田恒泰チャンネル


2014/08/05 に公開
中国産割り箸、水槽に入れると金魚死ぬ猛毒だよ|竹田恒泰チャンネル
----------------------------------------­---------------------------------
竹田恒泰チャンネル 毎週木曜20時から生放送 
http://ch.nicovideo.jp/takeda-tsuneyasu

竹田恒泰
作家・憲法学者。
昭和50年、旧皇族・竹田家に生まれる。
明治天皇の玄孫にあたる。

慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。
全国に約6,000名の会員のいる竹田研究会代表、財団法人竹田研究財団理事長。

平成18年に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で山本七平賞を受賞。
本年度は『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)が発行部数30万­部を突破。


▼▼▼関連ページ▼▼▼

▼竹田恒泰チャンネル:
http://ch.nicovideo.jp/channel/takeda...
▼竹田恒泰ブロマガ 日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか :http://ch.nicovideo.jp/blog/takeda-ts...
▼竹田恒泰チャンネルFBページ:
https://www.facebook.com/takedach
▼竹田研究会:
http://www.takedaken.org/

▼笑えるほどたちが悪い韓国の話
http://amzn.to/1jo3dzj
▼面白いけど笑えない中国の話
http://amzn.to/1jo3nqn


水槽に入れたら金魚が死んだ…中国産猛毒割り箸の恐怖



2014/08/05 に公開


食材より危険な中国割り箸の恐怖

日本マクドナルドを脅かした、中国企業による使用期限切れ食肉問題。

かねてから、中国産の食材は危険視されてきたが、それ以上に危険なのは中国産の割り箸だという。

「上海のレストランで食事をしていた一般客が、割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く
­間に濁ったことから発覚しました。報告を受けた当局が調査のために割り箸を水槽に入れ­たら、元気に泳いでいた金魚が、ぷっかり浮かんできたそうです」(通信社中国特派員)

金魚が死んでしまうほどの毒性を持つ、恐怖の猛毒割り箸。かの国では、どういった過程
­で生産されているのだろうか。

「中国産の割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や、見栄えをよくするための漂白剤等
­が大量に使われています。しかも、ほとんど洗浄されずに出荷されているため、人体に有­害な薬品がこびりついたままなんです」(全国紙経済部記者)

日本における割り箸の年間使用量は250億膳。その97%が中国産ということだから、
­他人事ではない。

「野菜や食肉といった食料品には、輸入時に検査がありますが、工業製品である割り箸は
­フリーパス。日本では、"殺人割り箸"が日常的に使用されている­危機的状況と言えます」(前同)

かつて中国で弁護士として活動し、現在は日本で通訳をする朱有子氏は、こう警鐘を鳴ら
­す。

「割り箸の生産業者は、個人経営の零細企業が多いので、薬剤の洗浄が不十分だったりす
­ることは大いにありえます。すべての中国製品が危険というわけではないでしょうが、私­は一切使用しません」

中国産の"猛毒割り箸"は、世界中に年間800億膳輸出されてい
­る。この事態は、もはや"テロ"と言っても過言ではない。

危険なのは、割りばし
だけじゃないよ!


中国製のサンダルの塗料の毒で

皮膚が炎症になる事故が多発


イメージ 1

(翻訳)
医療専門家は、推薦されています。「中国で作られてすべてのもの、黄色、赤とオレンジ色を持っている主に製品については非常に慎重に。

これはおもちゃ、石鹸、ゲル、消臭剤、衣類などが含ま入手:中国製偽物ハワイのサンダルは、農薬を格納するために使用される容器から有毒なプラスチック樹脂、エラストマーで作られており、高い鉛含有量の有毒な塗料で塗装されています。効果がある


http://hosyusokuhou.jp/archives/38523805.html

中国製のビーチサンダルで足が大変なことになった女性の記録画像


http://livedoor.blogimg.jp/parumo_zaeega/imgs/8/5/85b9672d.jpg 数年前に取り上げたことがあるのですが、リンクが切れちゃっていたのと、再び海外サイトでクローズアップされていたので再放送です。

アメリカのウォールマートにて2.44ドル(189円)の中国製ビーチサンダルを購入した女性の足に変異が起きたそうです。10回くらい使用したら足の紐の当たる部分がみるみる赤く腫れてきて、ただれてきちゃったみたい。日本でも茶のしずくめいた石鹸でのアレルギー問題が話題となっていましたが、これもアレルギーの一種なのかな?

問題となったサンダル
イメージ 2























足の変化

イメージ 4

イメージ 3







































イメージ 5






















イメージ 6














イメージ 7














【閲覧注意】中国製のサンダル、怖すぎる



中国の食肉安全問題 「信頼できる中国の会社を探し輸入は続ける」ファミマ中山社長発言に大反発

















転載元転載元: 復活! 強い日本へ!

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事