ここから本文です

書庫全体表示



教師とは?
イメージ 1

いや強く、いや高く!
♪〜♪
実は、この歳になって俺も分らない。
ただ、教師とは「こういうものだ」ということも分らない。
ただ、遠い昔、俺の教わった先生は
何だか知らないが、威厳・風格があり、どの先生も皆立派だったと
今感じている。

親が、先生の家に、「これを持ってけ」と米を手渡された。
菜っ葉や玉ねぎも先生の家に届けた。
先生は貧乏人だったんだ。

どの先生も、時間など気にしていない様子だった。
学校で、一日中スケートや野球をやったこともある。

そういえば朝礼の時、校長先生の話があった。よく覚えていないが
「制服につぎはぎがあっても決して恥ずかしいことではない」という話だったなあ〜。

あの先生、この先生、なつかしいなあ〜。

先生●●って何?と聞いたら、
島崎藤村の破壊という本を、金もないのに仕入れて、貸してくれた。

小学校の時、先生、どうして三角形の面積は底辺×高さ÷2何だい!
どうしてもわからないから、俺は泣いていたようだ。
先生は長方形の中に三角形を作ったんだ。そして
三角形の頂点から底辺に垂直に直線を入れたんだ。
いや〜一発で分かって、うれしかった。

先生は、みんな子供のために、生きていたんだな、と今感じる。

何だか急に結論が出てきた。

先生は子供らのために、今は想像もできない「キチガイ」として生きていたんだな。
自分を犠牲に、「捨て石」のようなところもあったんだな。

俺の家が水害で流されたときは、体育の時間に、自分のトレパンを貸してくれた。

俺の考える先生とは
自分の事より、子供のこと、これはなかなかできないから「キチガイ」だ。
子どものための捨て石だったんだなあ、と俺は勝手に思っている。

俺は、チョークを投げられたリ、頭をよく叩かれたが
別にこれが普通だったんだな。

朝鮮の女の子もいた。何かにつけ、俺を気に入ってるようだった。
バッタボックスに俺が立つと「ヒサオさ〜ん」と大きな声で言うので、恥ずかしかったなア〜。

しかし、学校へ行くのが楽しくて
40度近くの熱をだしたんだが、足袋をはいて、はんてんを着たら
親に「今日は行くな」と止められた。

同級生の芳治が学校を休んだが、「今日は学校へ行くな」と親から言われ、蚕にくれる桑の葉っぱをとっていたんだ。
学校へ行きたかったがお蚕様の世話で無理だった。

頭を小突くのは父親も同じだった。
庭の柿の木を鎌で削っていたら、
「馬鹿野郎!」って言って、自転車を持ち上げ、俺に投げつけた。
「生き物を殺すな!」って、すごい剣幕だったなあ〜。

やっぱり、父親も「キチガイ」だったんだな。
家で先生から叱られた話をすると、「とにかくお前が悪い」こつんと頭を小突かれた。

そういえば
冬山登山で白馬岳から下って来る時
午後の天候の良い時だった。
突然、「ミシッ!」雪の物音がした。
そのとき、リーダーが「絶対くしゃみをするな」「みんなしゃべるな」「「静かに足を下ろして、山を下りろ」って、鬼のような顔で命令したんだな。
この先輩も「キチガイ」だったんだな。

「先生」って、我を忘れ、他を良き方向に導く「キチガイ」だったんだな。
キチガイって、とにかく、いっぱしで、気合が入っていたなア〜。

なんか、とりとめもない、話になってしまったなア〜(笑)

あの時の先生方、ありがとう!

そっ、そうだ稀勢の里なんかも「キチガイ」だと思うよ。気合が入っていて、とことんやっちゃうね。

♪〜♯〜♪
仰げば尊し






この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事