ここから本文です

書庫国賊民進一派(農林畜産)

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【口蹄疫ウイルス、韓国と宮崎とは相同性98.9%】
 
 動物衛生研究所及び英国家畜衛生研究所が分析した結果、宮崎で発見されたウィルスは先に感染が確認された韓国のウィルスと近縁で同じ牛O型、豚O型ウイルスである。
 
 
イメージ 1

 
 人や車を媒介 として空気感染するなど10年前と比べても遥かに強い感染力をもつ急性のウィルスであった。韓国では2010年1月に感染拡大。一旦韓国政府は収束宣言するも防疫に失敗し3月に感染拡大が生じた。2011年4月現在収束していない。
 
 
イメージ 3
イメージ 6
 
  しかし民主党政権は農水省幹部の反対意見にも関わらず、韓国豚をこの時期に輸入再開にした挙句、日本国内の緊急備蓄用の薬品「ビルコンS」を韓国に大量に横流しした。 
 

 九州ではこの時期にD議員(一番下にこの議員のことが書かれているページを記しました)の強い要請があり宮崎の主要牧場に韓国人酪農研修生を受け入れるよう地元に依頼。宮崎牛を抱える酪農家はD議員の要請を尽く全て拒否。
 
イメージ 2
 
2010年1月
小沢一郎から、韓国の研修生受け入れ要請が、熊本県に来た!熊本県拒否!
宮崎県の宮崎2区民主党衆議院議員・道休誠一郎が、宮崎県 安愚楽(あぐら)農場に、韓国人研修生を受け入れさせた!

 韓国人研修生(口蹄疫発生地域居住者)を宮崎に受け入れてくれないかとたらい回しの上、水牛牧場が受入。宮崎県に韓国人研修生が水牛を視察に来た直後に水牛牧場周辺で牛達の下痢や体調不良が発生。
 
 
その韓国人研修生は韓国 京幾道洲 抱河市西域(口蹄疫発生地域)出身!
 
 
口蹄疫に有効な薬剤としてドイツ・バイエル製薬 消毒剤「ビルコン」が、世界最強。1月、2月に口蹄疫が蔓延していた中国・韓国は、アイスランド噴火による空路のストップに係わらず国を挙げて、ビルコン確保!中国及び韓国の口蹄疫発生は回数が多くさすがに対応が早いものだと感心する。

 
 
2月:家畜に異変

3月:獣医診断により、口蹄疫感染発覚! → 伏せられる
(4月 その証拠の検体サンプルが、行方不明!その検体サンプル研究機関は、この度事業仕分けされた)
 
4月6日 宮崎 口蹄疫感染始まる!
 
 
 水牛は比較的免疫力が強かったため症状が当初軽かった。その後さらに周辺の牛などが体調不良。地元獣医が各地で検診の結果、口蹄疫の疑いがあると診断。
 
 これが2010年3月から4月上旬の出来事。さらに詳しく分析の結果、口蹄疫と判明。そして県が発表したのが4月20日。直後から宮崎県は政府に再三支援を要請。
 
4月下旬宮崎県、県知事、酪農関係者、や自民党などが民主党に早期の対策や支援を要請。4月28日にはFAO(国際連合食糧農業機関)は緊急声明を発表し、韓国と日本における口蹄疫の流行に対する憂慮を表した。
 
 しかし民主党は自民党などとの4月下旬の会合を突然のキャンセル。 さらに赤松農水大臣は宮崎の酪農家や関係者、自民党の声を無視してキューバに長期外遊。
 
 GW中は政府も、農水省もほとんど声明もださず、マスコミはほとんど沈黙。マスゴミが事実すら伝え無くなったら本当に価値が無い。
 
何のご指示も何もない。何なのこの無能な民主党は。反日テロ組織だ。
 
 
 
イメージ 4
 

【消毒薬が欲しいと言っているのにワクチンを押し付けようとする民主党議員たちのウソ】イメージ 8
 
1.ワクチンを使うと本当の感染状況が分かりづらくなる
2.ウィルスのタイプが違うと効かないバクチ
3.ワクチンは治療薬ではない。結局は殺処分
4.ワクチンを使ったイギリス、台湾は結局封じ込め失敗
5.補償の内容があいまい。ミンスの口約束を信じるバカなぞ居ない
6.作業の進め方も提示されておらず意味もなく「ワクチン使え」
7.一番欲しい消毒薬の支給が示されず
 
 
 
 
-------------------------------------------------------
【民主党が国家備蓄を南コリアに渡しています。宮崎には殆ど供給せず】
・ビルコンという口蹄疫の消毒剤、非常時用のストックが5000本あった
・ところが非常用のものを放出する権限は赤松にしかなかった
・赤松は放出しなかった
・ビルコンの製造元はドイツのバイエル製薬だが、アイスランドの火山 噴火で輸出が困難になった
・中国は1万本、韓国は1万5千本、国をあげてビルコンを確保した イメージ 7
・日本ではバイエル日本支社の社長が1500本確保するのが精一杯だった
・せっかく確保した1500本のうち、小沢と岡田が500本を韓国・中国に無償提供
・小沢の地元の岩手県にも500本を提供
・最大の被災地であるJA川南に届いたのは20本だけ
何度聞いてもむかつきます
赤松農林水産大臣
 
 
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
【FAO専門家受け入れ断る 口蹄疫で日本政府】 2010.05.21 共同通信 
【ローマ共同】
 日本政府は、宮崎県内で拡大している口蹄疫封じ込めのため、国連食糧農業機関(FAO)が派遣を提案した口蹄疫専門家チームの受け入れを断った。
 在ローマ日本大使館を通じて 21日までに、ローマのFAO本部に伝えた。 日本側は「ワクチン使用などの対策を行っている最中で現在は受け入れを考えていない」とした上で「今後もFAOから適切な助言を得たい」と答えたという。
  FAOのファン・ルブロス首席獣医官は、世界の口蹄疫封じ込めの経験と知識を持つFAOが、助言や勧告のため日本に専門家チームを派遣する用意があるとの提案をしていた。
 
 
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
 どうして、拡大防止に万全な対策を取って欲しいのに、知識と経験のあるFAO専門家に依頼しないのだろうか?「口蹄疫問題は第三者機関を介入させることで感染経路やより良い対策が判ります。なぜ断るのでしょう?」
なんで、以前、口蹄疫を少しで食い止めた自民党と一緒に対策しないのか?
 
 
 
 
〜 口蹄疫問題は国際重大事件へ  〜
1. 創価学会経営の「あぐら牧場」は、投資家からカネを集めて牛を委託肥育し
   利益を還元する金融ビジネスを行っている。

2. この牧場で3月中旬に口蹄疫の疑われる水牛が出たが、公になれば、
   牛の全頭殺処分となり、ビジネスが完全破綻することを恐れ、事態を隠蔽した。
   血液検査も病理検査も行わず、他所に移動させた。
3. 4月中旬までに、ウイルスに汚染された可能性のあるあぐら牧場担当者が
   都農町の第一号感染農家にチーズの講習に出かけ、そこでウイルスを感染させた疑い。
4. あぐら牧場が、感染疑いの牛を高速道路で移動させる際、インター周辺でまき散らした
   糞尿からと思われる二次感染が拡大した。
5. あぐら牧場の行為は利益目的の隠蔽であり、国家賠償の対象外となり、
   賠償額は400億円を超え、自己倒産に向かうはず。
6. 昨年、壱岐市や宮崎県内のブランド牛の冷凍精子が1500本近く盗難に遭った。
7. この頃、あぐら牧場など宮崎県の大規模飼育場は、農水省の指示により韓国畜産研修生を
   多数受け入れていた。当時、韓国は大規模な口蹄疫蔓延でほとんどの畜産施設が汚染され、
   その関係者が何の対策もないまま日本に「畜産研修」に送り込まれたのである。
8. 研修生たちが帰国後、なぜか「韓国牛」なる新ブランドが韓国で発表される。
   その遺伝的特徴は宮崎の和牛とほぼ同じものであった。
9. 韓国牛を売るためには、競争相手の日本だけが口蹄疫清浄国では困る事情がある。
10.研修生には、冷凍精子盗難と口蹄疫感染の疑いが生じている。
11.なぜ大規模な口蹄疫の蔓延する韓国の畜産研修生を受け入れたか?
   農水省の研修生受け入れ指示には創価学会の実力者、公明党から圧力のかかった疑い。
12.創価学会、池田大作は在日韓国人で有名、統一教会や韓国政財界に大きな影響力をもつ。
   民主党が農水省に韓国畜産研修生の受け入れを指示した背景には、
   池田大作と小沢幹事長が関与した疑いあり。
 
 
イメージ 9

 
イメージ 5
 
 
民主党政権の政策には恐怖を抱いています。
いつも、行き当たりばったりの政策、そして、独裁政権になる恐れのある法案、韓中が喜ぶような法案を成立させようと急いでいる。
今回はそれに見栄を張っている。前に政権をとっていた※自民党の話を聞かない、早く口蹄疫を消滅させたいなら、経験のある自民党と一緒に対策をとったら良いのに。
 
※自民党時代の10年前にも口蹄疫は発生しましたがその際は即座に行動し、700頭の殺処分、35億円の経費で被害を食い止めることができた。
因みに、2000年 宮崎 35頭 北海道 705頭 被害の時、自民党は、最初に、2000本手配 1ヶ月1万本配布
 
本日18日、テレビ朝日某番組に出演のコメンテーターが今回の対応が遅れた理由を2000年には被害が少なかった為と言った。全くのアホ、当時の政権・自民がとった早急な対策が功を成したのだ。
テレビに出るコメンテーターには、どういう訳か、民主をかばう傾向がとても多いのだ。
 
 

 
 
【韓国の口蹄疫に関する情報】
 
(1) 韓国では、2010年1月に口蹄疫が発生し、6月にはいったん終息したものの、11月に再発が確認されました。
 
(2) 昨年11月29日に慶尚北道の安東市で発生した口蹄疫(O型)は、その後発生が拡大し、全8道のうち2道(全羅北道、全羅南道)と済州島を除き、韓国全土にまん延しました。
 
(3) 韓国政府は、昨年12月にワクチン接種を決定し、12月25日から一度目のワクチン接種を開始。全国のすべての牛及び豚を対象とした接種を行い、2月26日までに2度のワクチン接種を終了しました。
 
(4) 4月5日、韓国政府はOIEに対し、最終発生は2月25日であり、4月3日に一連の発生が終息しすべての地域で移動制限を解除した旨を通報しました(約6,200農家の約348万頭(牛:15万頭、豚:332万頭)を殺処分)。
 
(5) しかしながら、4月17日に慶尚北道の永川市で再発し、2011年5月2日までに同市内で3例が報告されています。

転載元転載元: 麗しい世界から愛される国 日本 を愛し、反日から日本を衛る

この記事に

【売国民主党】
 
以下転載

【検疫免除した大臣は誰!?】 韓国のノロウィルス入りキムチが日本に輸出…変異したノロウィルスが9都道府県で発見



1 : ◆TOFU/XEczQ @甘味処「冷奴」φφ ★:2012/12/24(月) 10:28:50.91 ID:???
 
感染性胃腸炎の原因と言われるノロウイルスに、“異変”が起きていることが判明した。
ノロウイルスには、いくつかのタイプがあるが、ここ数年は、'06年に全国で大流行を
引き起こしたタイプが大半を占めていた。

「ところが、新潟県長岡市の2つの福祉施設でこの10月に集団発生した感染性胃腸炎で、
 患者から検出されたノロウイルスを国立医薬品食品衛生研究所が分析したところ、
 これまでにないタイプが発見されたのです」(社会部記者)

 その後、同じように変異したウイルスが北海道や東京、そして沖縄など9つの
都道府県で発見されたのだ。

 一方、隣国の韓国でも思わぬ事態が起きている。

 ソウルと浦項で発生した食中毒を調査した結果、
生産されたキムチや調味料など751トンがノロウイルスに汚染された可能性があるとして、
食品医薬品安全庁が回収命令を出したのだ。

「つい最近、ソウルや浦項の4つの高校で集団食中毒が発生した。原因は安東農協
・豊山キムチ工場で生産されたキムチだったが、これが日本でも問題となっている。
 実はノロウイルス入りのキムチが、日本にも輸入されている可能性があるのです
(社会部記者)

こうした事象を見る限り、今冬にも日本全土でノロウイルスが大流行する可能性が高い。
ノロウイルスの潜伏期間は24〜48時間。吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などの症状がある。
発熱はそれほどでもないが、子供や老人のいる家庭では2次感染が心配だ。

世田谷井上病院の井上毅一理事長が語る。
「ノロウイルスは感染力、増殖力が非常に強い。 感染者の便やおう吐物に大量に含まれて
いることがあり、乾燥して舞い上がった埃からも感染する。
そのため外出先から帰ったら、必ずうがいと手洗いを徹底すること。
また、マスクも必須だが、外側は汚いのでマスクを触った手で調理してはナンセンス。
食器、まな板、布きん、タオルなどは85℃以上の熱湯で1分以上の加熱が必要です」

 ちなみに、アルコールによる除菌では効果はないというから、用心が必要だ。

ソース リアルライブ(ソース元:週間実話) 2012年12月23日 12時01分
http://npn.co.jp/article/detail/16589588/

関連スレ
【韓国】ノロウイルス汚染の疑い、キムチなど700トン回収へ [12/06]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1354757630/



5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:30:57.64 ID:Wnz7CuV8
>>1

韓国が悪質なのは、このノロウィルスの日本への輸出を「意図的」にやってる点だ。




34 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:38:37.33 ID:RTW0lMrf
>>1

ふざけんな
検疫は、どうなってんだ?

韓国なんて、虫下しとかいう薬を飲んでる
衛生の悪い国なんだから、輸入すんな
ちゃんと周知しろ
日本政府は狂い過ぎだ

日本人が劣化して馬鹿が殖えた性で、
安全や治安が悪くなってる



42 :チョン←汚物民族:2012/12/24(月) 10:40:44.52 ID:KAz9cQ3c
>>1

馬鹿野郎!

汚物民族の作ったキムチは輸入禁止にしやがれ!




2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:29:34.98 ID:TbvPDo7i

生物兵器テロだね




3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:30:10.20 ID:G7kvGKxT


誰だ検疫止めたのはッ!!!




4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:30:39.41 ID:sI+HwSR3


民主党だああ




7 :ぬるっぱち@超時空冷奴Lv2 ◆NULL48M.1g :2012/12/24(月) 10:31:11.10 ID:aIqezJmL

>>3-4

韓国産キムチの日本向け輸出「衛生検査が3年間免除に」=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?d=0601&f=national_0601_195.shtml&y=2011



13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:34:06.42 ID:kQV7K2KM
>>7

民主党は余計なことばかりしてくれるな・・・




8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:31:12.58 ID:uk6KQM5/

姦國産を食べる奴がアホ

食べたアホからの感染なら御愁傷様だな



9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:31:40.61 ID:rM1rE+B0

キムチ他の検査再開しろよな




11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:32:51.97 ID:Aab4MI2B

とりあえず朝鮮人を駆除



14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:34:19.53 ID:Rl4+Lrft

また日本のマスゴミはだんまりかよ。




16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:34:51.81 ID:wAD6TMex

2011.6.1 韓国産キムチの日本向け輸出「衛生検査が3年間免除に」

このときの内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)は蓮舫

(在任期間2011.1.14〜6.27)。




17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:34:53.61 ID:W3iLdmNr

韓国からの輸入物の検疫免除を撤回して、検疫を厳格にしろ。



18 :(@∀@i!;) <丶`∀´>(`ハ´  ) ◆m98OHWd6SZcr :2012/12/24(月) 10:35:05.85 ID:Ox9JXhU0

皆さん!国産の朝鮮人漬けを食べてください!

韓国産のキムチは汚染されています!

まぁキムチ自体食べないけどね



19 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:35:39.28 ID:+t6WPsrf

本格的な除鮮が必要


牛角のキムチ韓国産だったのな。

いま家の冷蔵庫に未開封の入ってて

ちょっとしたソリッドシチュエーションに陥ってる…



35 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:38:38.97 ID:+t6WPsrf
>>22

食べて実験よろしく。




24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:37:03.85 ID:DysvR4OU

検査なしで韓国キムチ受け入れ決めた民主党になんらかの処罰いるんじゃね。

人死に出てるとかこんなもん放置したらいかんわ。



25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:37:18.69 ID:1eoBIRQD

・・・最近、よくノロウイルス関連のニュースを多く見るが、そういう事か。

確かにミンス政権中に韓国からの輸入に関して検査体制が緩和されてたからな。

こりゃあり得るか(´・ω・`)



26 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:37:25.16 ID:KRDRUH+i

完全に民主党の人災だな

死んだ人もいるっていうじゃないか

敵国から輸入するだけでもおかしいのに検査なしとか狂いすぎてる



29 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:38:16.85 ID:NY7cZAp5

検閲免除なんかしてたら確実に輸出するでしょ、朝鮮人は



30 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:38:21.94 ID:LCs9VvYa

韓国での大発生を国内ニュースで見ない不思議



31 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:38:23.62 ID:vqj6JR6X

またマスゴミは黙り



38 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:39:25.91 ID:6pZOL/tu

本場、韓国のキムチを産地直送で届けてもらってるんだから

日本人は有り難くそれを喰うべき。韓国に感謝しながら。

ノロウイルスなんて気合いがあればなんとかなる。



55 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:43:45.88 ID:tOYwK+PW
>>38

「人糞に汚染」米食品医薬局が韓国貝類の販売を禁止=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0619&f=national_0619_040.shtml

ノロウイルス汚染のキムチで集団食中毒、750トン回収へ=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1207&f=national_1207_008.shtml



40 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:40:24.51 ID:KdykzAMK
>>38

死人出るレベルだぞ>ノロウィルス



41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:40:34.83 ID:JIA2G3wp

マジで何で韓国内のキムチ大量回収をテレビで全く見ないの?



53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:43:26.42 ID:vDeFUbqO
>>41

韓国sageすると

気前の良い某社がスポンサー降りちゃうからです




43 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:41:09.53 ID:0De4aqry

米国が輸入禁止している傍らで民主党が日本への輸入を規制緩和した結果

変異ノロウイルスのパンでミック




44 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:41:29.89 ID:/MMFZZ6c

人が死んでるんねんで



49 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/24(月) 10:42:29.47 ID:rp4GrYFL

無検査輸入を認めた時の担当大臣が蓮舫だっていうんだから

もう、どこまで日本を破壊したら気が済むのかって感じだわ
 
http://touaseikei.matomesakura.com/?eid=806転載


この記事に

農業の復興とTPP

TPPこわいよー、
放射能こわいよー、
自由診療こわいよー、
年金崩壊こわいよー・・・。

なんか、日本人が幼児化しているように感じる。
何のために小学校から科学を勉強しているんだ。
科学的に妥当な範囲で怖がり、妥当な範囲で挑戦しようよ。
もっとも、社会科学関係は間違って教えられてるけど。

「変化に対する拒否・慎重感覚が”保守”なんだ」

と素朴に思って、TPP拒否っていうのも分からなくもない。
でも、この「感覚」だけだと、
「ゆでがえる攻撃」されれば、
「ゆでがえる維持」が「保守」だと錯覚させられて、
もちろん、ゆであがってしまうのだなぁ。

今日の記事の「農業」など、
この「ゆでがえる」の典型である。
TPPで日本の農村がーーといっても、
とっくに、「農協」という社会主義組織に蹂躙され、
その「農協」の維持が保守だと思い込むに至っている、
そういう代物である。

この「ゆでがえる症候群」のことを「日本病」と呼んでおく。

TPPで直すべきは「日本病」である。

社会の隅々にまではびこり性根をそこないつつある「タカリ症」、
何でも法律をつくれば実現できると妄想する「制度依存症」、
親を捨て子を捨てやりたい放題が正しいと錯覚する「エゴエゴ症」

こういうのを外科手術するのが
「TPPの本来の用法」だ。

TPPは、本来やるべき政策。
問題は民主政権が主導してるという事だけ。

そして、その結果として、
TPPの交渉にすら入れず「不平等条約」となってしまう。
しかし、それでもしがみつくしかない。
中華・ロシアの植民地になりたくないのなら。


なお、TPPで一番気になるのは、
農村が荒れて、各地の祭りや、ご先祖の墓守りなどが廃れること。
逆にいえば、
農業が廃れても、
祭りや祭祀が守られるよう手を尽くさなければならないということ。
もちろん、風景が荒れるのも放置しちゃダメ。

そこがキモなんだよ。




日本日本らしく
我々我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」下のリンクプチプチっとお願いします。

人気ブログランキング 政治 https://blog.with2.net/in.php?1067783
にほんブログ村 政治 https://politics.blogmura.com



「真正保守政党を設立する」より転載   ※原意を損ねない範囲で適宜表現を改めた

今回は、過去のエントリーの再掲である。
これは平成21年8月1日から3日に掛けて掲載した、政権交代選挙を前にしての内容だ。

TPPが話題に上る中、民族派や左翼、そして焦げ付いたゾンビ既得権者らを中心に、「TPPが日本の農業を壊滅させる!」だの「TPPが日本の医療を壊滅させる!」だのといったプロパガンダが盛んに叫ばれている。

しかし、当ブログでは再三に渡って提示しているように、我が国の「農業」も「医療」も完全に「死に体」で、既に事実上「壊滅・崩壊」しているのが現実であって、「TPPで壊滅する」などというのは笑止千万、無知蒙昧の極みである。
そればかりでなく、日頃は全くの無関心と無関係を決め込み、寧ろ「崩壊・壊滅」に与する言動に終始しておきながら、こうしたトピックの際にだけ「農業を守れ!」「医療を守れ!」と思い出したように絶叫する大衆には閉口させられる。

2年前に提示した内容が、未だ何ら変わる事なく通用する現状には、些か諦めさえ感じる。

TPPを機にした「農業問題論議」も、「問題」の本質を錯誤させ、ここで「問題」であると提示した「病巣」を固定化させる真逆の主張が垂れ流されるばかりだ。

当ブログの読者であっても、これまで「農業エントリー」や「医療エントリー」について関心が高かったとは言えない。
TPPそのものの是非もさることながら、TPP問題を機会に、我が国の「農業」や「医療」について、真正保守(自由)哲学からの検討が続けられることを願う。


農業の復興

民主党は「農業の復興」と称して、「現在農業に従事している者に対して金をばらまこう」としている。

お金が貰える農家は喜び勇んで民主党に投票するだろう。卑しい投票行動ではあるが、此れ程までの大衆化にあっては、農家だけを責める訳にもいくまい。

しかしながらこの政策で「農業」が復興したりすることは、万に一つもない。
農業の復興を考えるならば、農業の現状を知る必要がある。
現在の農家は、その「9割」が「兼業農家」であり、その殆んどが「農業が従」であって「別業が主」である。
要するに「既に日本の農業は死に体」なのだ。
これを維持したとて早晩「屍」になるのは必至である。

日本の逼迫した課題は、「農業の復興」であって「農業における現状の維持」ではない。
そして「農業の復興」とはイコール「農業に新たに従事する若者を増やす事」であって、それ以外では決してない。
このことを基本中の基本として、先ず押さえておく必要がある。

次に、日本にとって農業がどういった形で存在したのか、簡単におさらいしてみたい。

最初に、勘違いされている方が多いようなので確認しておくが、開国以来、我が国が「農業立国」であった験しはない。
国土が狭く、平地が割合が極めて少ない我が国が、「農業国」として世界と渡り合う事は、物理的に有りえないことである。

次に農業構造の変遷を振り返ってみる。
元来、「地主」と呼ばれる資産家が、「小作人」に土地を貸し与えるというのが日本の農業の在り方であった。
これが戦後の体制改革の際に、地主から強制的に土地を召し上げ、それを小作人にバラまく形で解体され、小作人が自分の耕す土地を所有する現在の形となった。
「地主が小作人を束ねる」という組織構造を破壊した結果、「小地主」としてバラバラに解体された農家を束ねる目的で誕生したのが「農協」である。
ところがこの新たな構造が肥大化するにつれ、農家という大票田や農協を絡めた利権に向かって、政治家や地元の怪しげな輩が群がり、現在のおどろおどろしい「農政」が形成されるに至った。

「農協」もこういった「団体」の既定路線を辿り、農家の相互扶助団体から、農家を指揮し、農家に指示を下す「農家の上位団体」へと変容した。
農協の存在目的は、「農家の束ね」や「農家の相互扶助」から、「農協そのものの維持と収益確保」へと堕落したのだ。
農家に対し「市場より遥かに高額の農薬、肥料、農機具等を農協から購入する」よう義務付け、農作物の流通についても「農協」を介することを義務付けた。
これに反対する者は、容赦なく排斥した。
こうした農協の搾取は、農家の収入は減少する一方、消費者には「高い商品」が提供されるという今なお続く異常事態を齎した。

農協と農水省、そして族議員のトライアングルが先導した「食料管理制度下の米価引き上げ」や「減反政策」によって、「農家の努力」が農家の利益に反映されることはなくなり、農業の社会主義化は粛々と進行し、その当然の帰結として農業の衰退を直接的に招いた。

その「共産主義的市民化」は深刻の度を深め、当然のことながら農家の「活力」は徹底的に削がれることになった。こと米作については、補助や特権狙いの「零細な兼業農家(似非農家)」がその多くを占める最終局面にまで至った。

「専業農家」それも「次世代の専業農家」を育まねば「農業の復興」などは万に一つもありえないのだが、現実としては各利権団体、組織、似非農家ら「偽農家代表者」らの思惑を中心に農政は成され、「その真逆」が結果として到来したのだ。

今や「継ぎ手もなく、続ける気もなく、やる気もない、高齢の兼業農家(似非農家)」が農家の典型となり、それを農政や農協が、公金補助や規制や許認可等によって「手厚く保護」し、似非農家から「票」や「上納金」としてその見返りを得ている最悪の構造だ。

そして民主党の掲げる「農家個別所得保証」は、正にこの最終形であり、「決して農業の復興には繋がらない」。

では、農業の復興の条件とは何か。
それは簡単な事で、「次世代の専業農家の育成」と「利権と中間搾取に塗れ、それを堅持するために高々と築き上げられた参入障壁の撤廃と農政の見直し」である。
それを実行させないのは、「現在の兼業農家(似非農家)」と「農協」そして「農水省」「族議員」である。

まず、大前提として「現在の死に体を呈している似非農家を保護する策」は、須らく「次世代の専業農家の参入を阻む方向に働く」事を押さえなくてはならない。

「次世代の専業農家」にまず必要なのは、兎にも角にも「農地となる広大な土地」であるのだが、「次世代」にそのような資金力があるはずもなく、「農家」が戦後に濡れ手で泡で取得した農地は「休耕田」のまま放置され、良くて零細兼業農家の「家庭菜園化」しているのが関の山である。
また、継続の目処がない農家であっても、格安の値段で「農地」を手放したり貸したりする事はなく(借地期限までが設定されている)、その農地を利用しての「プチ不動産業」に勤しんでいるのが現状である。
その「農地利用」も、農業委員会との談合によって多岐に渡り、「駐車場への転用」、「店舗経営者への借地」などは良い方で、酷い場合には「産廃の埋立地として利用」されている例まである。

「次世代の専業農家」を育成するのに、「農地確保」が大きな壁となっているのだ。
そしてこれは簡単には解決しない問題である。
例えば「株式会社による農業経営」が考えられるが、昨今緩和に向かっているとはいえ、依然としてこれには強い規制が掛かっている。

また「農協」を中心とした「利権談合搾取トライアングル」の解体であるが、これこそ戦後日本の抱える問題の核そのものであり、その根を絶つことは非常に困難である。
例え解体出来たにせよ、「官僚」や「地方分権」の問題と同様、解体後「それに代わって何が農業を束ねていくか」を提示しなくては、単なる「破壊」に終わる。
「農協」を解体したとして、それに変わって「より良い束ね」を実行する組織が想定出来るだろうか。

「農業の復興」は、民主党が言うような「ばら撒き」による「現状維持」で解決されるような容易い問題では断じてない。






日本日本らしく
我々我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」下のリンクプチプチっとお願いします。

人気ブログランキング 政治 https://blog.with2.net/in.php?1067783
にほんブログ村 政治 https://politics.blogmura.com

転載元転載元: オノコロ こころ定めて

この記事に

開くトラックバック(5)

中国書記官関与、事業支援打ち切り…出資者怒り
 
中国大使館の元1等書記官(45)(外国人登録法違反容疑などで書類送検、起訴猶予)が関与した農産物の対中輸出事業について、農林水産省は25日、支援の打ち切りを正式に発表した。
 一方、説明会を主催するなどした同省の責任は改めて否定し、出資者からは怒りの声が上がった。
 同日午後、同省で記者会見に臨んだ佐々木隆博副大臣は、筒井信隆・元農水副大臣らが主導して事業が始まった経緯について、「省はレール作りを手伝っただけ」などと強調。政権や同省側は責任はないと繰り返した。
 また、同省は出資者への聞き取り調査で、一部が運営団体に資金の返還を求めていることを明らかにしたが、資金の問題は当事者間で解決すべきで、同省が補償する考えはないとした。
2012年10月25日22時34分 読売新聞)
 

この記事に

民主党の怪しいところは「有識者会議において科学的に検討する」と言いながら、有識者は御用学者ばかりであり、「結論先にあり」のところだ。

以下転載

「特段措置必要ない」BSE感染牛発見で藤村官房長官

2012.4.25 12:03 野田内閣
 藤村修官房長官は25日午前の記者会見で、米国で牛海綿状脳症(BSE)感染牛が発見されたことに関し、感染牛が「月齢20カ月以下」としている日本の輸入規制の対象外であるため、「輸入段階で特段の措置は必要ないと考えている」と述べた。
 また、政府が検討している「月齢30カ月以下」への規制緩和については「食品安全委員会で科学的に検討することに何ら変更はない」と指摘した。

関連ニュース

この記事に

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事