ここから本文です

書庫売国民進党(経済)

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2015年11月09日(月) 高橋 洋一
民主党議員よ、頼むから少しは経済を勉強してくれ!〜『朝ナマ』に出演して改めて感じた、日本の野党のお粗末さ

民主党議員には視力検査が必要だ

6日深夜放送の『朝まで生テレビ』(テレビ朝日系)に出演した。これまで安全保障問題についての野党のダメぶりは、本コラムで何回も書いてきた。
安保法について、その本質をいえば、①同盟関係の強化により戦争リスクを最大40%減らし、②自前防衛より防衛費が75%減り、③個別的自衛権の行使より抑制的(戦後の西ドイツの例)になるという点だ(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44375)。
それにもかかわらず、民主党はまったくトンチンカンで、「戦争法」との誤ったレッテル貼りをしてしまった。これでは極左政党と何ら変わりはない。民主党内でも意見は対立、良心的な松本剛明氏が離党し、比較的まともな党内右派はだんまりを決めてしまった。
2012年の総選挙で、安倍自民党が勝利し政権を奪取したのは、「金融政策とは雇用政策である」ということを理解していたからだ。それを、本コラムでは「安倍自民の勝因は争点を金融政策にしたこと」(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34351)と書いた。
『朝ナマ』のテーマは、アベノミクスの総括と社会保障の議論だったが、出演した民主党の山井和則氏は、いまだに雇用政策における金融政策の重要性を理解できていないようだった。山井氏は社会保障分野の専門家であり、そこでは随所に鋭いところも見せるが、肝心の雇用政策では残念ながら知識不足だ。
筆者は、「金融政策の効果を見るには就業者数をみればいい」と、次の図を出した。
このデータほど、安倍政権と民主党政権の金融政策の差を如実に示すものはない。はっきりいって、民主党の完敗である。
ここまで明らかなのに、何を見ているのか、山井氏は民主党時代、「就業者数は増えている」と言い張った。図をもう一回出して、「よく見てくれ」と言おうと思ったが、大人げないのでやめた。
テレビの視聴者からは、「民主党議員は経済政策の勉強ではなく、視力検査が必要」という声もあった。
次ページ ピケティにも逃げられた民主党
1 2 3 4 5 6 次へ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46287転載

この記事に

【高橋洋一】 ほんと馬鹿だった民主党 2015/08/29
2015/08/29 に公開

次の動画


この記事に


http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20131011044730214.jpg

【衆院選】民主党候補「見てください!このシャッター街を!全て自民党のせいです!」→市民がヤジ「何言ってんだ!ジャスコのせいだ!」
http://www.j-cast.com/2014/11/20221411.html
全国各地に広がる「シャッター街」 この犯人は自民党かそれとも「イオン」か
J-CASTニュース 11月20日(木)19時41分配信

日本全国で増えている「シャッター街」。昭和時代に活気があった商店街が、歯が抜けたように1店舗、2店舗と廃業していき、シャッターが閉じたままになっている。いまや、衰退する地域の、また不景気の象徴のようでもある。

そんなシャッター街をつくった犯人は誰なのか――。インターネットでにわかに盛り上がっている。

■商店街は7店舗に1店舗が「空き店舗」

きっかけになったのは、あるツイッター。「民主党候補の『見てください!このシャッター街を!全て自民党のせいです!』という街頭演説に対し『何言ってんだ!ジャスコのせいだ!』ってヤジが飛んだのは面白かった」と、つぶやいた。

ツイートがあったのは2014年11月19日午後だが、話題となったことで20日夕方にはリツイート数が8000に迫っている。

総合スーパーの「ジャスコ」は現在、国内ではその看板が「イオン」に掛けかえられていることもあり、インターネットでは「釣り」ではないかとの指摘もあったが、

「うまいやりとりですね」
「座布団一枚www」
「WAONと絶叫すれば最高!」
「民主党名物、ブーメラン炸裂だなw」

というように、思わずニヤリとしてしまった人は少なくないだろう。

周知のように、民主党の岡田克也代表代行の父・卓也氏は「ジャスコ」の創業者で、イオンの岡田元也社長は実兄にあたる。

ツイートが笑いを誘うのは、シャッター街が増えたのはイオンのような郊外型のショッピングセンターが町の商店街のお客を奪った、「元凶」だからではないのか、といった見方があるからだ。

昭和の時代、町の商店街は日本のあちらこちらにあり、多くの買い物客で賑わっていた。それが今ではアーケードや街灯が老朽化したうえ、シャッターを閉じたままの商店が多く、「昼間でも薄暗い」などと評判はガタ落ちだ。

実際に、シャッターが閉まった「空き店舗」は増えている。中小企業庁の「商店街実態調査 2012年度版」(8000商店街が対象、回答率38.6%)によると、1商店街あたりの
空き店舗率は、2000年度は8.53%だったが、前回調査の2009年度には10.82%、2012年度には14.62%と、7店舗に1店舗が空き店舗になった。

空き店舗が減らない理由は、「商店街に活気がない」(19.1%)が最多だった。

また、最近3年間に退店(廃業)した店舗数は、「1〜3店舗」が全体の21.7%を占めている。その理由で最も多かったのは「商店主の高齢化・後継者の不在」(29.6%)だった。

■「でもどう見てもジャスコのせいだよねw」

一方、地方では「1軒2台」のマイカーが浸透したこともあって、郊外型のショッピングセンターが高い集客力を誇っている。町の商店街はそういった商業施設に客足を獲られるから、活気がなくなる。そのために空き店舗が増えて、ますます活気がなくなる、悪循環に陥った。

そういった流れをつくったのが、大規模小売店舗法。大店法は1974年施行。町の商店を保護するため、大型店が出店する際に店舗面積や営業日数を規制していたが、日米構造協議で批判され、2000年に廃止。代わって施行された大規模小売店舗立地法(大店立地法)は出店規制を緩和したため、郊外への進出が加速したとされる。

前出のツイートに寄せられた声には、

「1990年代の大規模店舗法改正のせいだから、自民党のせいと言えなくもないぞ?」

「大店法のせいでもあり、イオンのせいでもある」
「まあ、ほぼ自民のせいだがな」
「でもどう見てもジャスコのせいだよねw」

と、「自民党」「ジャスコ(イオン)」と賛否両論。

さらには、

「まだ、そんなこと言ってんの? 商店街に魅力がないだけ」
「国政でもなく、ジャスコでもなくて、やる気のない商店主と不動産業者のせいやと思うけど。閉めても困っている人おらんし」

と、商店街という「仕組み」そのものがすでに崩れているとの声もある。


>きっかけになったのは、あるツイッター。「民主党候補の『見てください!このシャッター街を!全て自民党のせいです!』という街頭演説に対し『何言ってんだ!ジャスコのせいだ!』ってヤジが飛んだのは面白かった」と、つぶやいた。


https://twitter.com/1902Penseur/status/534961904272146432
考える人
‏@1902Penseur
民主党候補の『見てください!このシャッター街を!全て自民党のせいです!』という街頭演説に対し『何言ってんだ!ジャスコのせいだ!』ってヤジが飛んだのは面白かった。
15:50 - 2014年11月19日





>周知のように、民主党の岡田克也代表代行の父・卓也氏は「ジャスコ」の創業者で、イオンの岡田元也社長は実兄にあたる。
>ツイートが笑いを誘うのは、シャッター街が増えたのはイオンのような郊外型のショッピングセンターが町の商店街のお客を奪った、「元凶」だからではないのか、といった見方があるからだ。



勿論、その見方はある。

地域や店舗によっても差異はあるが、イオンが出店すれば、周辺の商店街は概ね損害を被る。


――――――――――
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1240235472
crybaby_plug68さん
2010/5/123:49:59

イオンが地域経済を破壊するという話をされました、、、、
(学校で教員をしている方からです)
私はそうは思いませんが、みなさんはどう思いますか。

後ほど補足の欄で私の考えを伝えようとおもいます。


――――――――――
ベストアンサーに選ばれた回答
kawaii15cさん
2010/5/214:16:03

私の考えではなく、実際の事例ですが…

岡山県倉敷市に全国に先駆け、大型のイオンを郊外にオープンさせた。
倉敷市には倉敷駅〜観光地の美観地区まで、広範囲に商店街が広がっていた。
イオンが来て以来、商店は相次いで潰れ今では何もない状態です。
商店街に何もなくなり、人も消えました。
商店街だけでなく、駅に隣接していたデパート(高島屋)も潰れました。
イオンの出店から10年がたち、その影響はまだ続いています。

郊外にイオンがあるので、完全な車社会となり、電車やバスを使う人がいません。
イオンの近くにお店が集中し、本来の市街地が空洞化したり、駅の近くに企業も進出しません。
その結果、駅すら使わないという事態になりました。
今年に入り、倉敷駅の駅ビルのファッションビルや、ホテルの閉鎖が決定しました。

市街地の形成や、道路事情もぶち壊しなので、少なくとも全く影響がないとは言えないのでは?
全国各地で郊外にお店を作らないと言う動きが広がっています。
全国どこでも一緒で個性のないイオンより、そこにしかなく地元の商人の商店街や繁華街を守る方が適切です。
イオンがもうけたところで…って話です。

――――――――――

(参考)
http://www.kokuminrengo.net/old/2004/200402-small-ion.htm
特集 商店街と大型店出店問題
ジャスコが町を破壊する!

http://j-town.net/kagoshima/shop/shopnews/192412.html
激化する駅ビルVSイオンモール戦争と、取り残される商店街
2014年9月26日 19:06






>「1990年代の大規模店舗法改正のせいだから、自民党のせいと言えなくもないぞ?」
>「大店法のせいでもあり、イオンのせいでもある」
>「「まあ、ほぼ自民のせいだがな」
>「でもどう見てもジャスコのせいだよねw」
>と、「自民党」「ジャスコ(イオン)」と賛否両論。



直接的に商店街を破壊するのはイオンなどの大型スーパー(大型店舗)だが、そのような大型店舗の出店を可能にしたのは、確かに1991年以降に次々と行われた「大規模店舗法改正」(大店法の改正)だった。

なお、当時、ジャスコ(岡田屋→1970年「ジャスコ」→2001年「イオン」)の身内だった岡田克也は、自民党の国会議員だった!

wikipediaより
大規模小売店舗法
略称大店法

この法律を改正し、さらに廃止に追い込んだのは国内の大手流通業界[6]ではなく日本市場の開放を求める米国の「外圧」であった[7]。
日米の貿易格差を縮小する目的で行われた日米構造協議において1990年2月に米国が「大規模小売店舗法(大店法)を地方自治体の上乗せ規制を含めて撤廃すべきだ」と要求し[8]、この問題が協議の焦点のひとつとなった。
当時、設立されたばかりの日米合弁会社である日本トイザらスが国内第1号店として新潟市への出店を計画していたが大型店の出店に反対する地元商店街の意向を受けた事実上の大型店出店凍結により進出の見通しが全く立たないままであった[9]。
4月に入ると、米国は「法律があろうとなかろうと、米国の企業が日本で店を開くことができるようになるのであれば、かまわないという見方もある」と[10]柔軟な態度を示した。
この結果、4月に発表された日米構造協議の中間報告で「現行大店法の枠組みの中で法律上実施可能な最大限の措置である下記の運用適正化措置を実施する」として出店調整処理期間の短縮や出店調整手続き・機関の明確化・透明化、地方公共団体の独自規制の抑制が合意された。
合意を受け、翌1991年に行われた大規模小売店舗法の改正でこれまで商工会議所(商工会)に置かれて大型店の出店を扱っていた商業活動調整協議会(商調協)が廃止されることとなった。
これ以降、大店法の運用は大幅に緩和され各地で大規模なショッピングセンターの進出が進むこととなる。


上記のとおり、大店法の改正は主にアメリカの圧力によって行われたものだが、ジャスコなど日本の大手小売店もアメリカと一緒になって賛成し推進していた。

ジャスコの身内で、当時は自民党国会議員だった岡田克也も、裏で大店法の改正を推進していたことは間違いないだろう。


http://blog-imgs-50.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/0603.jpg



さて、現在、イオンが出店すると周辺の商店街は概ね大損害となるが、田舎の消費者にとってみれば買い物が便利になるから歓迎する向きもある。

しかし、少なくとも、イオンは韓国産や支那産の食材や韓国製や支那製の食品を原産地表示せずに販売したり、「国産」と虚偽表示して販売している悪徳業者だ。

http://blog-imgs-68.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20140604075954627.jpg
イ○ンのT○PVALUは原産国、生産者(国)がどういう訳かラベルに表示してありません


原産国表示は厳しく義務付けるべきであり、原産国表示の義務がない商品なんて無くすべきだ。

イオンが殆どの商品に原産国、生産者(国)を表示していないことは事実であり、そのような事を許すべきではない。

そして、今後は加工食品や外食料理にも、原材料の原産国表示を義務化していくべきだ。

また、原産国の虚偽表示をした場合の罰則を厳格化すべきだ。

実際に起こった事件として、例えば、イオンは昨年10月まで3年間以上も「支那産の猛毒米」「国産米」と偽り販売し続け、消費者を騙し続けていた。

しかし、イオンは、殆ど何の制裁も受けずに、イケシャーシャーと営業を続けている。

テレビなどのマスゴミも、イオンが大スポンサーだから、イオンに都合の悪い当該事件を報道しなかった!



現在、イオンは、商品に原産国表示をしないことについて、「商品の開発から販売、顧客の意見への対応まで全責任を持っているため、商品のラベルには『販売者:イオン株式会社』『トップバリュお客さまサービス係の電話番号』を記載しているとしている」と説明している。

しかし、これは嘘だ!


【イオンが商品の開発から販売、顧客の意見への対応まで全責任を持っている】という事実はなく、これはイオンによる完全な虚偽説明だ!

実際に、イオンは、昨年10月まで3年間以上も「支那産の猛毒米」「国産米」と偽り販売し続け、消費者を騙し続けていた。(詳細記事

そして、イオンは、「支那産猛毒米」「国産米」と虚偽表示していたことが発覚したら、『米卸業者に騙された』と言い訳した。

イオンは、普段は【イオンが商品の開発から販売、顧客の意見への対応まで全責任を持っている】と宣伝しているくせに、3年間以上も「支那産猛毒米」「国産米」と虚偽表示していたことがばれると、『卸し業者に騙された』と被害者ヅラしたのだから、全く信用できない。

だから、商品のラベルに「販売者:イオン株式会社」「トップバリュお客さまサービス係の電話番号」を記載されても、全く信用できない。



イオンの製品の品質や製造工場の管理体制については、杜撰極まりない。

上述したとおり、イオンは、昨年10月まで3年間以上も「支那産の猛毒米」「国産米」と偽り販売し続け、消費者を騙し続けていた。

そして、イオンは、産地偽装がばれたら『米卸業者の三瀧商事に3年間も騙されていました』と被害者ヅラした恥知らずだ。

その上、イオンの産地偽装について報道した「週刊文春」をイオングループの全店舗から排除した!



▽▽詳細記事の一部再掲載▽▽
――――――――――
イオンが週刊文春を排除!「『中国猛毒米』偽装イオンの大罪を暴く」記事に逆切れ!くたばれ岡田
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5225.html
(一部抜粋)

http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/DSCN3679.jpg
イオングループが「週刊文春」を排除!
「週刊文春」2013年10月17日号の「『中国猛毒米』偽装イオンの大罪を暴く」に逆切れ!
画像は近所のミニストップ(イオングループ)の雑誌売り場(平成25年10月11日未明、coffee撮影)。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131010-00000009-jct-soci
イオン、週刊文春許さん! 販売せず 逆鱗に触れた「中国」と「偽装」の真相は?
J-CASTニュース 10月10日(木)19時38分配信

http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/201310110326079af.jpg
イオンと週刊文春に「米騒動」勃発(イメージ)

  「見出しを含め、イオンが意図的に産地偽装をしていたと言わんばかりですよ、この週刊文春の記事は!」

 J-CASTニュース記者に対し、イオンの担当者は怒りをぶちまけた。

  「『全商品の8割が中国産』などと書いてありますが、これも全くの誤りです。報道の自由は尊重すべきと私どもも考えておりますが、それにしても……」

■全国のイオンから「文春」消えた

 2013年10月10日午後、都内のイオンを訪れた。2階書店の週刊誌売り場、前日発売されたばかりの「週刊文春」最新号の姿は、どこにも見当たらない。あるのは同日発売のライバル誌「週刊新潮」だけで、残りのスペースは女性誌に占領されている。

 何も知らないふりをして、「週刊文春ありますか」とレジで尋ねてみた。

  「文春ですか……」

 女性店員は絶句し、困ったように他の店員の姿を探した。しかし数秒後、諦めたように「今週号は、当店では入荷しておりません」。

 この店だけではない。全国のイオンから、週刊文春が姿を消していた。イオンによれば、グループ直営の全店舗に対し撤去を指示したという。ちなみに、上記の店舗に入っていた書店はイオン系列の企業だ。テナントで入っている書店での取り扱いについてイオンに尋ねると、「強制はしておりません」との回答が戻ってきた。

■「イオンの大罪暴く」と特集組んでいた

 イオンを激怒させたのは、文春の「『中国猛毒米』偽装 イオンの大罪を暴く」と題した記事だ。

 イオンでは9月末、弁当やおにぎりなどへの「中国米」混入が発覚している。三重県の米卸業者・三瀧商事がイオンと契約する食品メーカー・日本デリカフレッシュと日本フーズデリカの2社に対し、国産米と偽って大量の中国米を納入していたためだ。中には質の低い加工用米も含まれ、期間はわかっているだけでも3年間に及ぶ過去最大級のコメ偽装事件となった。

 今回偽装を行ったのは三瀧商事であり、イオンなども同社に「騙された」形だ。ところが文春ではこれをイオンの「大罪」だと指摘、誌面で徹底的な糾弾を行った。

 偽装に気づかなかった検査体制を「ずさん」「怠慢」と切り捨て、イオンが中国と「親密すぎる」関係であるとし、2010年時点の発言を元に「全商品の8割が中国産」と小見出しを打つ。岡田元也社長の実弟・岡田克也元外相の「親中」ぶりもあげつらいながら、最終的には「中国依存でボロ儲けする企業」と断罪した。

 週刊文春では以前から、中国産食品の危険性を大々的にキャンペーンしている。今回の偽装米については、「安全性に問題がある米穀が食用に流用されたという事実は確認されていない」(農林水産省)とされているものの、記事ではその「猛毒」ぶりがこれでもかと書き連ねられている。

■販売の即時中止と回収、謝罪を求める強硬姿勢

 これにイオン側が激怒したのは、冒頭に記したとおりだ。担当者は記事について、イオンが産地偽装を意図的に行ったという印象を読者に与えるとし、また中国「偏重」などの記述も「事実と異なる」と反論する。

 両者はそれぞれウェブサイトを通じ、この件へのコメントを発表した。ともに、一歩も譲らない構えだ。

  「当該雑誌の販売即時中止と回収、並びに謝罪を求めるとともに、断固たる措置をとってまいります」(イオン)
  「販売中止は読者の知る権利、報道の自由を失わしめ、誠に遺憾です。当該記事は事実です」(週刊文春)


>『全商品の8割が中国産』などと書いてありますが、これも全くの誤りです。


そうとも言えない。

イオンが支那産を「国産」とする偽装を始めた3年前には、実際にイオン商品の8割は支那産だった!

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL260AC_W0A021C1000000/?at=ALL
イオン社長「中国からの商品調達率、半分以下に」
対日輸出規制の影響受け、8割から

2010/10/26 17:44、日経新聞
(一部抜粋)
「現在8割を占める中国からの商品調達率を早期に半分以下に落としたい」と述べた。


イオン社長が「8割を占める中国からの商品調達率を落とす」と発言した時期と、イオンが支那産を「国産」とする偽装を始めた時期は、見事に一致する!

イオンは、支那からの商品調達率を落とすように見せるため、産地偽装を始めた可能性が高い。

なお、イオンの場合、仮に支那からの商品調達率が本当に落ちているとしても、替わりに増加したのは韓国産だと推測できる。(
関連記事

▼「韓国産だって分かったら売れないでしょ?」 イオン、原産国表示を自社工場を経由させる事で消去▼
http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20131011034005384.jpg
【イオン】韓国産食品を自社経由させて原産国表記を回避





>イオンを激怒させたのは、文春の「『中国猛毒米』偽装 イオンの大罪を暴く」と題した記事だ。


イオンが支那の猛毒米を国産と偽って販売していたことは事実だ。

イオンの逆切れは、みっともない!


悪事を働いて、ばれると逆切れするのは、支那人や朝鮮人と同じだ。






>イオンでは9月末、弁当やおにぎりなどへの「中国米」混入が発覚している。……中には質の低い加工用米も含まれ、期間はわかっているだけでも3年間に及ぶ過去最大級のコメ偽装事件となった。


3年間も「支那産の猛毒米」「国産米」と偽り販売し続け、消費者を騙し続けたのだから大罪だ!

私はイオンやミニストップなどで買い物することが殆どないので問題ないが、イオンの常連客の健康は相当害されているはずだ。

「週刊文春」は、多くのイオン顧客を救ったことになる。

http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20131011042216acb.jpg
http://blog-imgs-68.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20140604220031776.jpg
「中国猛毒米」偽装 イオンの大罪を暴く
「週刊文春」2013年10月17日号





>今回偽装を行ったのは三瀧商事であり、イオンなども同社に「騙された」形だ。


こんな馬鹿な話はない!

イオンは、CM動画で、『安全・安心は「誰か」に任せられません。商品の品質について、「イオン」が100%責任を持ちます。』と宣言している。

また、トップバリュもHPで『安全・安心でおいしいお米をお届けするため、生産者団体から、原料玄米保管倉庫、精米工場まで、全行程を管理しています。』と公言している。

偽装がばれたら、『米卸業者に騙された』なんて、絶対に通用しない!

▼イオンのCM▼
http://www2.aeon.jp/tencho_scripts/weblog_detail.asp?Seq=9435
トップバリュの「安全・安心」活動
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安全・安心は「誰か」に任せられません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だからトップバリュの商品は、そこに、製造メーカーではなく、「イオン」の名前を記します。
それはその商品の品質について、「イオン」が100%責任を持ちますという約束。
商品の製造からお客さまの手に届くまでを「イオン」が一元管理し、イオンの厳しい基準をクリアした商品だけを、お求めやすい適正価格でお届けする。

それが、トップバリュの安全・安心活動です。
すべては、安心な暮らしのために。

http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/201310110416481c0.gif
http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20131011041713f64.jpg
■トップバリュ「安全・安心」CM動画
トップバリュの安全安心
http://www.youtube.com/watch?v=z3tKOqFPxNg

イオン
商品の安全・安心は、他の「誰か」に任せられません。
だからトップバリュの商品は、そこに、製造メーカーではなく、「イオン」の名前を記します。
それはその商品の品質について、「イオン」が100%責任を持ちますという約束。


http://www.topvalu.net/safety/rice/koshihikari_mie.html
http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20131011041340ba1.gif
トップバリュは、安全・安心でおいしいお米をお届けするため、生産者団体から、原料玄米保管倉庫、精米工場まで、全行程を管理しています。今年出荷分(23年産)のお米商品の生産地、生産者団体、精米地を公開しますので、ご購入の際にお役立てください。


散々『「イオン」が100%責任を持ちます』とか『トップバリュは、全行程を管理』などと宣伝しておいて、産地偽装がばれたら『米卸業者の三瀧商事に3年間も騙されていました』などと言えるわけがない。

イオンは、被害者ぶるな!

被害者は、3年間もイオンに騙され続け、支那の猛毒米を買わされ、食わされて健康を害してきた消費者だ!


イオン社長は、早く記者会見を開いて、謝罪し、賠償しろ!

http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/201310110428549e4.jpg
全責任を米卸業者になすり付け、「週刊文春」に逆切れして被害者ヅラし、誠意の欠片も示さないイオンの新聞広告【拡大画像
――――――――――





▼2008年の事件▼
ジャスコ・イオン系ショッピングセンター「マーム」の受水槽から遺体見つかる
http://blog-imgs-68.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/hqdefault_20140604084822f19.jpg

http://blog-imgs-68.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/5236f222a1fde.jpg
スーパー受水槽に「1カ月前の自殺死体」水を飲んじゃった人たちの「怒りと後始末」(週刊新潮)

http://blog-imgs-68.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20140604084801119.jpg
■動画
【NHK】イオン系ショッピングセンター松阪マーム死体水事件【未報道】
https://www.youtube.com/watch?v=nb4kJgMh7Dw
【NHK】死体水を飲じゃった人たちの怒りと後始末【未報道】
https://www.youtube.com/watch?v=PX9FswHVz8o


 
 
 
 
 
 
この記事は、FC2ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」のコピーです。

ランキングのクリックや、コメント、トラックバックなどは、FC2ブログ「
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」にお願い致します。

FC2ブログへのコメントの際には、コメント欄の「名前」にはお名前を、「URL」部分にご自身のブログのURLアドレスを入力するようお願い申し上げます。

転載元転載元: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

この記事に

農協出身の自民・山田参院議員 「なぜパンツ脱ぐのか」 TPP聖域撤廃検討に反対

2013.10.7 19:03 TPP
 全国農業協同組合中央会(JA全中)出身で自民党の山田俊男参院議員は7日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉を巡り同党の西川公也TPP対策委員長が重要農産品5分野の関税撤廃の可否を検討する考えを示したことを批判した。
 山田氏は、同党が昨年末の衆院選で5分野を守る姿勢を打ち出していることから「政府・自民党が国民に嘘をついたとみられてしまう。日本が自分から(譲歩するため)パンツを脱ぐみたいなものだ」と述べた。国会内で記者団に語った。
 また、これまで5分野死守を明言していた同党の石破茂幹事長が同日、西川氏の発言に理解を示したことについて、「安倍晋三首相の人気が高いから何も言えないという党の対応ではだめだ。石破氏は首相や関係閣僚と、ちゃんと腹合わせをしてほしい」とTPP交渉を巡る党と政府間の意見調整の強化を求めた。

関連ニュース

 
山田俊男氏が農協族議員であると言うところが引っかかる。
 
仮に、現在の農業システムが崩壊し、別の農業システムが
誕生した場合、どうなるかの懸念はある。
 
一方、農業従事者以外の多くの国民は
現在の米価よりも4〜5分の1の価格の米を入手できる。
 
たとえ味が悪くとも、貧乏人にとっては好都合だ。
 
高品質の日本米を食べたい者は食べればよい。
 
私は安い米を、味付けなど工夫して美味しく食べる道を選ぶ。
 
反対するも賛成するも「両刃の剣」だ。

この記事に

’13参院選IBARAKI:海江田・民主代表、支持訴え 公認候補当選「厳しい状況だ」 /茨城

変態新聞 6月9日(日)11時59分配信

\?\᡼\? 3
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m

 民主党の海江田万里代表は8日、7月の参院選に向けた全国行脚の一環で来県し、水戸市やつくば市で街頭演説を行ったほか、支持団体との意見交換会を行った。


 水戸市泉町の京成百貨店前の街頭演説には市民ら約200人が集まった。海江田代表は安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」に触れ「急激すぎる円安や株高はどこか無理がある。持続可能で多くの国民が恩恵を受けられる好景気でなくてはならない」と批判した。さらに、持続可能な好景気のためには「20代を中心に年収300万〜600万円の正規雇用を増やしていく」と訴えた。


 支持団体との意見交換会後、報道陣の取材に応じた海江田代表は、参院選茨城選挙区の情勢について「6人の候補が出るので票が割れる。(民主党公認候補の当選は)厳しい状況だ」と話した。【岩嶋悟】
6月9日朝刊


まぁた始まったよε- (´ー`*)フッ
出来もしないっちゅうか・・・んなもんどう考えても
不可能でしょうがよ
( ゚д゚)、ペッ
今の物価水準で
20代の平均給与がいくらだと思ってんの?
このおっさんは??

イメージ 1

具体的な内容も上げずに
相変わらずのいい加減な連中だよなぁ(-_-;)

適当なこと言って国民騙せる時代じゃネーのに
いまだにこんな事やってる政党って・・・(;・∀・)


イメージ 2
ってかさぁ
なんで去年までの三年間に
それやんなかったんだよ(゚д゚)バーカ


くっだらねー派遣村とかに
無駄金使うくらいならできたんじゃね??
(・∀・)ニヤニヤ



だいいち20代で600万の収入って
カタギの仕事じゃ無理だっちゅうの
こいつらは何やっても(ヾノ・∀・`)ムリムリ
バカは死ななきゃぁ治らないってのは
本当なんだねぇwww





\?\᡼\? 3
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m

転載元転載元: 日々のストレス溜まりまくり

この記事に

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事