ここから本文です
tearface
国益を追求します。

書庫売国企業や団体

記事検索
検索

全32ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

2016/10/08 に公開

青山繁晴が業界タブーを斬る!電通と日本社会の闇 
新入社員の過労自●ニュース
2016/10/21 に公開

【過労死の真相】電通は想像絶するブ◯◯ク企業#武田邦彦
 
2016/10/22 に公開
【過労死の真相】電通は想像絶するブ◯◯ク企業#武田邦彦

辛坊治郎 
電通ブラック!?マスコミ界の裏事情!これ当然〇〇だろ!
2016/10/09 に公開
辛坊治郎 電通ブラック!?マスコミ界の裏事情!これ当然〇〇だろ!

電通社員の正体とは?【電通自殺】高橋まつりさん、ウンコ食わされるのが当たり前な電通の飲み会で と ん で も な い 事をされていた!!!! 電通飲み会に関する衝撃的なツイッターが発掘される・・・・

電通【韓国人】によって日本が支配されている
 




電通 売国企業に関連する検索キーワード

この記事に

イメージ 1

2016.9.23 12:23
電通、ネット広告で過大請求 4年で最大2億円か 午後4時から会見し説明
 電通がインターネットでの企業広告で、実際には契約より少ない回数しか広告を表示しなかったのに契約通りの料金を広告主から受け取っていたことが23日、分かった。広告主への過大請求は数十件見つかっており、4年間の合計で最大2億円程度になるとみられる。
 今年7月に広告主からの指摘があり社内で調査を始め、不適切な取引が判明した。電通は広告主に対して個別に経緯を説明し、過大に請求した金額を返金する。
 不適切な取引があったのは、インターネット上に帯状に表示されるバナー広告と呼ばれるもので、これをクリックすると広告主のホームページにつながる仕組み。
 電通の中本祥一副社長執行役員が23日午後4時から東京証券取引所で記者会見を開き、詳細を説明する。




この記事に

イメージ 1

映画「アンブロークン」は日本人を傷つける映画でした。
この映画の制作会社にソフトバンクが300億円も出資していた!


 なでしこりんで。今日、8月15日は「終戦記念日」です。戦争という「大きなエネルギー」は決して賛美されるものではありません。しかし、歴史上における国家の興亡には戦争が付き物であったのもまた事実ではないでしょうか。無辜の人々が死ぬのは戦争だけではありません。共産党政権のソ連や中国では「飢餓」で殺された人々は、共産主義者によって粛清された人々よりも多いかもしれません。

      http://stat.ameba.jp/user_images/20150815/21/nadesikorin-fight/0d/d0/j/o0560040713396882374.jpg 

 さて 今日は映画雑誌「シネマトゥデイ」の記事から。アンジェリーナ・ジョリーに関しては「アンブロークン」という映画で日本を不当に侮辱したため、彼女が日本人からの信頼を失ったことは間違いないでしょう。ただこの記事を「天罰覿面」と笑うことは止めておきます。彼女には実子と養子で合計6人の子供がおり、その子供たちにとっては彼女は「最愛の母」でしょうから。 

 アンジェリーナ・ジョリーが、UNHCR特使としてミャンマーを訪れた際の姿があまりに細すぎだとして、「死亡間近」と ガセネタを流された。 アンジーが「死亡間近」だと報じたのは、アメリカのタブロイド紙National Enquirer。 同紙によると、アンジーは食事を とることを拒否しており、体重は83ポンド(約37.6キロ)まで落ちているとのこと。夫のブラッド・ピットと6人の子供たちは 彼女が数年以内に死んでしまうのではないかと心配しているという。 (シネマトゥデイ) http://www.cinematoday.jp/page/N0075688 

 アンジェリーナ・ジョリー は以前、「がん予防」のために卵巣と卵管、乳房の摘出手術を受けたことがニュースになりました。でもそのニュースに不審を感じた人も多かったのではないでしょうか。 いくら「がんになりやすい体質」だと言っても、健康な臓器を摘出するのはおかしいですものね。素人判断でもアンジェリーナ・ジョリーの写真からは「ただならぬもの」を感じます。彼女の行動をとやかく言うつもりはありませんが、お子さんたちのためにも「生きて」ほしいですね。

       http://stat.ameba.jp/user_images/20150815/21/nadesikorin-fight/84/97/j/t02200322_0277040513396890483.jpg 
         日本への悪意満載ですね!

 「アンブロークン」 という映画は「ルイス・ザンペリーニの伝記」という体裁をとっていますが、そこで強調されるのは日本軍による捕虜虐待であり、日本軍による儀式としての食人。 いくらアンジェリーナ・ジョリーが「これは個人の不屈の生き方を称えた映画です」と説明しても、食人は捕虜収容所での事実ではなく、他の特殊な事例を引っ張り出してきて映画の材料に使ったわけで、それは「悪趣味」でしかありません。そして、アメリカでは案の定、この映画は日本人差別に連鎖しています。

 日本軍人 の多くは「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓を守り、それこそ死ぬまで戦ったわけですが、アメリカ軍が動けなくなった日本兵を捕虜にせずに射殺していたという話もあります。アメリカ兵を捕虜にし生かした日本軍と、虫の息の日本兵を射殺したアメリカ軍のどちらが道徳的に高かったは明らかですよね。日本軍には「敵兵を救った話」はいくらでもあります。ただ、「日本軍は悪」という宣伝をしたい人には不都合な事実だから日の目を見ることがないだけです。   

     http://stat.ameba.jp/user_images/20150815/21/nadesikorin-fight/fc/22/j/o0500028313396887351.jpghttp://stat.ameba.jp/user_images/20150815/21/nadesikorin-fight/8b/6d/j/t02200124_0300016913396885248.jpg
       反日映画の黒幕がこの人物だとしても驚きませんよね! 日本兵に見えない!

 ちなみに、映画「アンブロークン」の制作会社 「レジェンダリー」 に 、あの「ソフトバンク」 が2億5000万ドル(300億円)を出資しているという話もありました。 また、残忍な軍曹役を韓国人にルーツを持つ「石原貴雅」が演じていたのも、「在日韓国人社会のネットワーク」を感じさせます。なんか、こういう連中に、「日本企業や日本人を名乗ってほしくないな」と感じたのは私だけでしょうか? By なでしこりん

   視聴注意!

この記事に

人気ブログランキングに参加しています。
読み逃げされませんように、まずはここをポチッとお願い申し上げます。
イメージ 2
 
イメージ
 
 
 
イメージ
 
イメージ
 
 
先日、「日本ぶち壊しの男女共同参画は廃止せよ」のタイトルでブログで取上げましたが、維新の会の杉田水脈議員に新日本婦人の会から早速抗議が来たそうです。
---------------
先週金曜日の内閣委員会での私の質疑に対して、新日本婦人の会から抗議文が届きました。事実無根の侮辱発言に厳重に抗議し、謝罪と撤回、議事録からの削除を求めます。と、あります。
今、内閣委員会の理事会で協議中ですが、我が党は「間違った発言はしていない」という立場で、新日本婦人の会と共産党の強い関係を示す資料を出して、主張しています。共産党の支援団体と言ったのが、『侮辱発言』なんでしょうか?逆にそれは共産党さんに失礼ではないですか?(2014.5.14 杉田水脈フェイスブック)
----------------
 
この新日本婦人の会の会長は笠井貴美代という日本共産党の衆院議員・笠井亮の夫人です。杉田議員に男女共同参画センターが左翼の巣窟であり、9条の会はじめ左翼のビラばかりで保守系のビラは全くないということです。これに対して抗議していますが、ならば保守系のビラが置いてあることを証明すべきでしょう。また保守系団体の活動もさせるべきです。国の予算を使って「男女共同」という今の日本人ならば反対しないきれいごとでセンターをつくり、それを自分たちの拠点にしているとは実にうまいやり方です。
 
また、新日本婦人の会が共産党系だということに「事実無根の侮辱発言」と抗議していますが、会長の夫が共産党議員で、しかも新日本婦人の会は護憲、核廃絶、脱原発、従軍慰安婦など、共産党の主張と全く同じです。共産党だ言われるのが嫌ならば、少なくとも共産党議員の夫人は会長を辞めてから抗議すべきでしょう。
 
イメージ
-------------------
日本の若者、慰安婦がなぜ問題か知らない
「日本軍慰安婦がなかったと考える日本の国民はいない。しかしその実状があまり知られていない。私たちがするべきことは日本国民に慰安婦の惨状を知らせることだ」。同団体の笠井貴美代会長(60)は日本で慰安婦問題の公論化に率先している。
 
1952年に設立された新日本婦人の会は日本の女性団体のうち最も長い歴史を持つ。規模も最も大きい。月900円の会費を出す会員が15万人にのぼる。財政に余裕があるため団体の「独立性」が保障される。 

笠井会長が韓国の慰安婦問題にさらに関心を持つことになったのは夫のためだ。2007年から韓国を何度も訪問し、朝鮮王室儀軌の韓国返還を主張した日本共産党所属、笠井亮衆院議員(62)が笠井会長の夫だ。その後、笠井議員は2012年と2013年に韓国を訪問し、慰安婦被害女性が居住する「ナヌムの家」にも行った。笠井会長は「夫婦ともに日本政府が慰安婦問題について謝罪するよう力を注いでいる」と述べた。

しかし日本で慰安婦被害の実状があまり知られていないというのが問題だ。現在の日本の教科書は、慰安婦問題が「終結した」と記述したり、全く触れていないケースがほとんどだ。笠井会長は「若い人たちであるほど慰安婦がなぜ問題なのか分かっていない」と述べた。 

237人のうち55人。笠井会長は現在生存している韓国慰安婦被害者の数を正確に知っている。笠井会長は「慰安婦問題は日本政府が公式謝罪するのはもちろん、生存する方々に賠償までしてこそ解決できる」と強調した。(2014.3.5中央日報抜粋)
イメージ
 
イメージ

-------------------
 
笠井会長は「若い人たちであるほど慰安婦がなぜ問題なのか分かっていない」。
それは問題が何もないからです。つまり慰安婦とは売春婦であり、お金を貰って体を売っていた人間です。強制連行もなければ性奴隷もない。連行されたといえば朝鮮人女衒です。本当にわかっていないのは笠井某であり、自分たちが朝鮮人に騙され、利用されていることも気づかない愚か者なのです。
 
・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。
左翼も韓国も嘘ばかりだ、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2 

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

この記事に

全32ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事