ここから本文です
tearface
国益を追求します。

書庫破防法適用団体日本共産党

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
共産党の志位委員長
2017.4.29 10:00
 我が国の危機は、ついにここまで来た。
 首相官邸は24日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を警戒し、「身を守るためにとるべき行動」をメールマガジンで確認するよう国民に注意喚起した。メルマガでの警戒情報の発信は初めてだという。
 さらに内閣官房の国民保護サイトは、ミサイル攻撃の際には短時間での着弾が予想されるため、近くの頑丈な建物や地下街への避難を呼び掛けた。もはや「訓練」ではないのだ。
 25日は、北朝鮮の朝鮮人民軍創建85年の記念日だった。この日にあわせて6回目の核実験や弾道ミサイル発射を強行する「Xデー」との予測もあったため、日米韓は警戒を強めた。
 核実験などはなかったものの、北朝鮮は同日、南東部にある元山一帯で過去最大規模の火力訓練を行ったと聯合ニュースは伝えた。金正恩委員長が視察する中、長距離砲などを大量動員した。
 トランプ米大統領は日本時間24日に、安倍晋三首相と中国の習近平国家主席と相次いで電話会談を行い、北朝鮮に挑発の自制を強く求めていくことで一致したものの、北は聞く耳を持たなかった。
 危機は高まる一方なのだ。
 共産党の志位和夫委員長は23日、若者向けに党綱領を解説する「綱領セミナー」を開き、日米安全保障同盟の廃棄や、資本主義から社会主義に転換する意義などを訴えたそうだ。
 セミナーは日本民主青年同盟(民青)の主催で、志位氏が若者向けに解説するのは初めてだそうだが、何というタイミングか。日米が連携して危機を警戒する中、「日米安全保障同盟の廃棄」とは一体どこの国の主張なのか。
 そして、次期衆院選で野党共闘をする際、安保法廃止を「一丁目一番地にする」と言及。「本当の友情は対等平等でこそ結ばれる。恥ずかしい従属国から抜け出すべきだ」と述べ、日米安保条約を廃棄して国内の米軍基地を一掃し「日米友好条約」を結ぶよう求めたが、志位体制の「ソフト路線」とはやはりは見せかけで、これが共産党の本性なのだ。 
 共闘する野党もまた、共産党の主張を認めていると見られても文句はあるまい。それが嫌なら票を当てにした野合など止めるか、長島昭久氏のように離党すべきだ。
 また、同じ23日、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に反対するデモ活動が全国約20カ所で一斉に行われた。
 新宿駅西口では、自由党の山本太郎共同代表、社民党の福島瑞穂副党首らがマイクを握り、「共謀罪は現代の治安維持法」などと訴え、テロ等準備罪成立の危険性をあおった。詳しくは23日22時51分アップの産経ニュース「【テロ等準備罪】社民・福島瑞穂氏『しばいたろか』で犯罪』 自由・山本太郎氏『トンカチ買ったら準備罪』 全国で“共謀罪”反対デモ、山手線内でプラカード強行」をご覧いただきたいが、抜粋して掲載する。
 山本太郎氏「殺人など凶悪犯罪の場合であれば、相談の段階で取り締まれるものもある。でも、今やろうとしていることは全く違う。私とあなたが何かについて話し合う。その時点で共謀です。あいつ、むかつくな。殴ってやろうか。共謀成立、相談成立です」
 「権力を持つ者が考えるものは一つです。いかにこの国に生きる人々を簡単にコントロールするかということです。政府が考える不都合なことに突っ込みを入れる者は一番、うっとうしい存在です。何が言いたいか。この共謀罪は政治に対して、まっとうな意見をすることを、つぶすための法案だと言って過言ではないんですよ」
 山本氏は自分も権力側にいることの自覚はないようだ。
 福島瑞穂氏「みなさん、3度廃案になった共謀罪、4度目の廃案にするために、どうか力を合わせていきましょう。あの小泉純一郎元首相ですら『現在の治安維持法を成立された人と言われたくないもんね』と言ったとも言われています」。いまだに純一郎人気にただ乗りか?
 「なんで、300以上の犯罪が共謀罪の対象になるんでしょうか。森林法も入っています。そしたら、衆院の法務委員会で山へキノコを採りに行こうと言ったら、森林法の共謀罪が成立しうると。そんなおじいさんが、山へ芝刈りに行こうかと、おばあさんに言ったら森林法の共謀罪なんですか」
何を言っているのか支離滅裂だ。
 この人たちは昔も今もユートピア思想に遊び、現実が見えていない。あるいは見えないフリだ。北朝鮮は他国で暗殺を行い、日本人を拉致するテロ国家であり、既に工作員の侵入も指摘されている。
 産経新聞社とフジニュースネットワークが15、16両日に実施した合同世論調査によると、北朝鮮の核・ミサイル開発に脅威を感じると答えた人9割以上に達している。浮世離れした政治家を含む残り1割弱の国民と共に「座して死を待つ」のは御免だ。
(WEB編集チーム 黒沢通)

この記事に

イメージ 1
【確かなテロ政党】日本共産党のナマポ(生活保護)ビジネス、とうとう白日の下に晒される!
2015-07-22 08:58:41
テーマ:共産党
「ナマポ(生活保護)でパチ屋通い」
とは、生活保護の不正受給を批判する意味合いでしばしば言われることでした。
そして、生活保護の不正受給の裏には、それを仲介する共産党の暗躍があるとも。
それらのことはネット上ではまことしやかに囁かれてきたネタでしたが、
決定的な証拠に欠けていました。しかし、とうとう共産党の暗躍が白日の下に
晒されようとしています。胸熱ですね。記事は産経新聞です。


「組合出資金や共産党費にも使った」…生活保護は何のため? 
申請同伴の共産市議は取材に抗議文 
東大阪の医療生協支部めぐる保護費詐取事件 

>生活保護費を不正受給した疑いで、病院や診療所を運営する医療生協かわち野
生活協同組合(大阪府東大阪市)の支部長ら2人が逮捕された事件で、新たに別の
男性支部幹部も不正受給に関与していた疑いがあることが20日、分かった。
大阪府警が任意で事情を聴いている。支部長は、詐取した保護費について
「組合(医療生協)の出資金や生活費、日本共産党の党費に使った」と供述しており、
生活保護と政治活動の関係が問われている。

 逮捕されたのは、同組合小阪支部長の小林輝子容疑者(58)=同市=と、小林容疑者の
元夫で、同支部元総代の末広長一容疑者(65)=同=。さらに小林容疑者とアルバイト先が
一緒だった別の支部幹部の男も、不正受給に関与していた疑いが浮上した。
 小林容疑者は、清掃作業アルバイトの収入を市に過少申告し、平成22年5月〜24年1月分の
保護費計約65万円を不正に受け取ったとして今月1日、詐欺罪で起訴された。
その後、24年2月〜25年3月の計約48万円分の不正受給容疑でも再逮捕された。
 関係者によると、小林容疑者は平成22年2月に生活保護を申請した際、共産市議を
伴っており、市の福祉事務所で「仕事が見つからなくて生活がしんどい」と訴えたという。
不正受給は22年5月〜今年4月分の5年間で、総額約330万円になる見込み。
 府警はこのうち約240万円分について、詐欺容疑での立件の可否を検討しているという。

生活保護の申請の現場では、申請者本人だけでなく、政党や団体の関係者が支援者と
いった形でかかわるケースが少なくない。
 しかし生活保護は、あくまでも資産や能力などすべてを活用してもなお生活に困窮する人に、
最低限度の生活を保障する制度だ。
 仮に正当に支給されたものであったとしても、「生活保護費は生活費に充てるのが原則。
特定政党の政治活動に使うのは問題だ」と、熊本県立大の石橋敏郎教授(社会保障法)
は指摘する。

 東大阪市によると、生活保護費を不正受給していたとして、詐欺容疑で逮捕された
小林輝子容疑者が、医療生協かわち野生協で支部長をしていることは、事件発覚まで
把握していなかった。
 関係者によると、小林容疑者が医療扶助を受けた後に提出する「医療要否意見書」には
「就労は難しい」と書かれていたが、作成したのは医療生協が運営する病院だったという。

 一方、生活保護申請時に、小林容疑者に同伴していたとされる共産市議は、
産経新聞の取材に9人の代理人弁護士名で
「取材活動は、公安警察による政治活動妨害に加担するもの」と文書で抗議。
「一切の回答をお断りする」としたうえで、「医療生協かわち野や日本共産党が、
詐取されたお金と知ってこれを受け取ることなどありえない」としている。>

これが産経の記事に貼ってあった今回の事件の相関関係ですが、「医療生協」という
聞きなれない言葉がありますね。まずはこの医療生協とは何かを調べてみました。

http://stat.ameba.jp/user_images/20150722/06/vamosabailar53/ab/00/p/o0560034013372995086.png?caw=800

「医療生協」をキーワードにググったら「民医連」といういかにも怪しげな団体名が
出てきたので、次は「民医連医療生協」をキーワードにググっってみて、HITした、
川崎医療生活協同組合 川崎協同病院 という団体のHPの記載を魚拓したのが、
上記の画像になります。

民医連の下部組織が医療生活協同組合(医療生協)であるのが一目瞭然です。

そして昨日UPした

【確かなテロ政党】共産党 小池晃議員「公安の監視対象だから何?」とニコ生で逆ギレw

という記事に登場した

この記事に

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事