ここから本文です
tearface
国益を追求します。

書庫TPP推進論

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

 TPPに伴う農業対策への提言 その1

 補助金・助成金などは根本的な改革に投入すべきだ。


  http://livedoor.blogimg.jp/the_radical_right/imgs/2/c/2cb38cc5.gif←ブログランキング応援クリックお願いします。

 熊本でTPP説明会 農業団体関係者ら意見相次ぐ 「産地の声拾って対策を」

     農林水産省は19日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の大筋合意を受け、
    米や麦などの合意内容に関する説明会を熊本市中央区の市国際交流会館で、
    開いた。九州・沖縄の自治体や農業団体の関係者ら215人が出席し、
    TPP発効に備えて、十分な対策を政府に求める意見が相次いだ。 

     九州農政局の片桐薫生産部長が「TPP交渉では、従来のEPA(経済連携
    協定)と比べて関税撤廃率が高い水準となる中、有効な対抗措置を獲得できた。
    ただ、一部の品目について誤解が生じており、懸念払拭に努めたい」と
    あいさつした。

     続いて農水省の担当者が、米や麦、甘味資源作物などの品目の合意内容を
    詳しく説明した。

     説明後の意見交換会では、農業団体関係者から、対策の徹底を求める発言が
    相次いだ。TPPの結果、米国とオーストラリアからの米輸入枠が新設される。
    この点について「安い米が入ってくるのは農家いじめだ」「TPPで利益を受
    ける企業からの税収を財源に、補償制度を作ってほしい」などの意見も上がっ
    た。

     JA鹿児島県経済連の関係者は「聖域を守ると言いながら守れていないので
    は、というのが農業関係者の思いだ。県単位や産地ごとに声を拾って、対策を
    立ててほしい」と訴えた。佐賀県の担当者も「農家の不安は大きく、政府方針
    に十分な対策を盛り込み、着実に実施してほしい」と述べた。

     農水省の天羽隆農産部長は「今後の対策を検討するに当たって、産地や現場
    の人々の声を聞きながら、今後の対策を検討していく」と答えた。(谷田智恒)


    DATE:2015年10月20日(火)
    URL:http://www.sankei.com/region/news/151020/rgn1510200071-n1.html

 日本のコメ作を守らなければならない。これは二つの視点から考えないといけない。

 ★ 日本人の主食であり、食料自給率の観点から絶対にコメ栽培を衰退させてはならない。

 ★日本の水田は日本の環境問題と非常に係わり合いが強い。台風などの大雨で洪水被害が多発する現状では、水田は自然のダムでありこれが衰退してしまうと水を蓄えることができなくなり、災害防止の観点からも水田は必要だ。

 ★日本の自然環境保全の意味からも水田が広がる光景を維持すべきである。

 これらの点からも水田が重要だと考えるのは当然で異論はないと思う。しかし、需要と供給のバランスが取れない。毎年コメが余って価格は低く抑えられる。これでは農家に意欲がわく筈がない。

 そこへの外国産米の輸入であれば、当然反対は起きるし民主党時代のような農家の戸別補償金のような話が出て来る。しかし、そのような金をばら撒いても何の解決にもならない。

 水田を守りながら、しかも、コメ作を続けるにはどうしたら良いか?コメの需要拡大は望めない。そこで考えられるのは新たなコメの栽培である。

 それが飼料米の栽培である。勿論品種改良をしてこれまでとは違った収穫量の多い飼料米としなければならない。水田の状態のままで農業機械もこれまでのが使える。

 大型の耕運機やコンバインもそのまま利用すればいい。家畜の餌に利用する場合は刈り取るだけで脱穀の必要はない。

 豚も鶏も飼料米なら喜んで食べる。政府は早急に飼料米を買い取り、それを安く畜産農家に売る為の努力を開始すべきだ。物流が問題になるので全国に水田地帯と畜産地帯をつなぐ物流ルートを作るべきである。

 コメ作農家も畜産農かも共に助かり経営も安定する。畜産農家にはコメ作農家が作る飼料米をある程度数量を決めて購入を義務付け、その差額を補償するならばまだ良いが、ただ赤字になるからと補填するような補助金、助成金では、いつまで経っても弱い農業のままである。

 このような施策がなぜ実施できないかといえば、外国からの穀物輸入商社とそれを受け入れて農家に販売する農協が反対するからだ。彼らは外国からの飼料の輸入で莫大な利益を上げている。

 だから、飼料米を作ってそれを国内の畜産農家に売るアイデアが生まれながら、一向に進まない。全ては商社と農協、そして自民党がこのアイデアを潰してしまう。本気になって飼料米の普及に取り組まない。

 農林水産省などもただやっているふりだけだ。もう、いい加減にそのような利権構造を打破して行かないと日本農業は滅びる。

 感心のある方は更にこちらを読んでみてください。

http://livedoor.blogimg.jp/the_radical_right/imgs/4/9/4970a784.jpgchikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/.../post-3df5.html - キャッシュ
たわわに実る飼料米品種「モミロマン」 【写真提供】(独)農研機構作物研究所. 農水省 発表では40%(カロリーベース)と低迷する日本の食料自給率。牛・豚など家畜のエサの 自給率に至ってはわずか25%。国産の肉類を食べたとしても、エサと ...

たわわに実る飼料米品種「モミロマン」
【写真提供】(独)農研機構作物研究所




 読者の方からご自分のメルマガの紹介があったので紹介しておきます。

 
「政治の本質」TPPの基本合意成立で僕達の暮らしは良くなるの?


この記事に

「TPP、参加交渉したら抜けられない」ってどうやらデマっぽいですね!!。

では、なんでそんなデマが流れたんだ?!。

悪意の風説の流布?!。

こんなことをするのは?!。。。。

支那が、日本がTPP参加交渉のテーブルに付くことを警戒しているそうですね。

バカだねえ!!。

一発でバレちった!!。

<支那が嫌がること≒日本の利益>


「私はTPPには反対だ!!だが、それは米国の言いなりになる必要はないという意味だ!!」
独立総合研究所青山繁晴。

「国際間交渉で一回テーブルについたら抜けられないなんて聞いたことが無い」
元外務省主任分析官佐藤優。

「国会承認が必要な条約と、条約や国会承認の範囲内でしか認められない"行政取極"の区別はすでに1974年に画定されている」
経済評論家上念司。


"今"の日本のリーダーは誰だ?!。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f9/6f/motok0485/folder/702446/img_702446_32349994_0?20130317145510

転載元転載元: 初詣は靖国神社のブログ

この記事に

中国の反響 「新たな冷戦」 牽制

2013.3.16 11:11 産経ニュース


\?\᡼\? 3
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 4
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m


 中国中国外務省の華春瑩報道官は15日の記者会見で、安倍晋三首相によるTPP交渉への参加表明に関して、「中日韓などアジア太平洋地域の自由貿易協定(FTA)交渉はまさに進んでおり、そうした現実を尊重すべきだ」と述べ、間接的な表現ながらも交渉入りを牽制(けんせい)した。


 中国の経済専門家は産経新聞の取材に対し、「TPPはいわば関税同盟で、貿易面から世界に新たな“冷戦構造”を作りだすことになる」と警戒感をあらわにする。

 TPPが“中国包囲網”を形成し、かつての米ソ対立のような二極構造が経済面から米中間に生じるとの見方が、中国内部で台頭していることを示した。
 日中韓3カ国は、5月にも首脳会談を含む本格的なFTA交渉に入る見通しだが、曲折も予想される。(北京 河崎真澄)

支那がそう言うんなら
TPPは有効だと言う事だなw
元々日本の農業は衰退の一途
国内の農業政策を変えない限りは
どうにもならない所に来てるんだよ

このところの糞マスゴミの論調は
保険制度に目をつけた様だしなぁ
農業よりも、国民に与える【印象】は
大きいと踏んだんだろうな

医療業界の言い分を垂れ流すだけ
医薬品業界が儲かるだけとか
ピント外れも良い所の言い分を垂れ流してる

昨年までの民主政権時代には
全く口を開かなかった糞マスゴミが
いっせいに反対の論陣を張り始めたな
今の段階でも自由診療での
高額医療費負担は
先進医療で起きてるだろ
今更って感じだけどなぁ


薬品でも新薬とジェネリックで
違いは発生し始めてる
黙ってても、そうなるのかもしれない

TPPで問題にすべきは
そう言うところじゃなくて
経済規模の各国の占める割合とか
ラチェット条項とかの不公平な
条約規定だろ

それに、交渉の内容を非公開にするとか
将来的にも公開しないとか
どう考えても異常な交渉の内容だろ

突っ込むところが違うと思うんだがなぁ(ーー;)


支那の言い分は
どう考えても自分達の都合でしかない
社会主義国家である自国の都合を
訴えてるだけなんだよな


日本としては
どう転んでも、食料・エネルギーの自給率は
独立できないのは明白
考えてみれば
支那から取り入れることの出来るものは
食料が殆ど・・・
それも毒入りのろくなもんじゃねー
アメリカからは食料もエネルギーも供給できる

いい加減アメリカ嫌いもそろそろ考え直さんとな

自虐感から抜け出せないまま
アメリカ嫌い
中国嫌い
そればかり言ってても
何も進展しないんだがなぁ(ーー;)


日本の選択肢

1)TPP参加(米国経済圏にとどまる)
2)全方位等距離(旧社会党)
3)東アジア共同体構想(民主党)
4)中国経済圏に飲み込まれる(何も手を打たないとこうなりそう)
5)日露同盟論(ムネオ)
6)鎖国(江戸時代は良かった!)
7)大東亜共栄圏再構築(日本が自前の経済圏を構築する)


やっぱ、TPP参加しか選択肢は無いのかもしれないなぁ


この国が自立してやってくには
楽は出来ないって事だわな



\?\᡼\? 3
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 4
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m

転載元転載元: 日々のストレス溜まりまくり

この記事に

「TPPは交渉参加した時点で発効」という話の真偽について、昨日から色々な人にヒアリングしたり自分でも調査しました。結論をお伝えします。

これはデマです。

大平三原則でググりましょう。

国会承認が必要な条約と、条約や国会承認の範囲内でしか認められない「行政取極」の区別はすでに1974年に画定されております。

参考資料:
条約の国会承認に関する制度・運用と国会における議論
― 条約締結に対する民主的統制の在り方とは ―
外交防衛委員会調査室 中内 康夫


次にTPPに関する論点について整理の通り整理しておきます。

事実1:国際法の慣習に照らして分かったこと
・条約または通常協定であり、発効には議会の承認が必須。
・「交渉に参加したら発効」というのは言い過ぎ。少なくとも国際法的にはあり得ない。
・京都議定書に調印しておきながら、議会の承認が取れないということで無視し続けている国がある(もちろん、アメリカw)

事実2:アメリカ国内のTPP反対派は無視できない
・NAFTAのトラウマ(アメリカの仕事がメキシコに奪われた!)
・リベラル派のメディアはハフィントンポストを筆頭に総じてTPP反対キャンペーン中
・労働組合や一部農民も反対運動開始



事実3.オバマ大統領に交渉権ナシ
・TPA権限を議会から授与されていないので、オバマ大統領およびUSTRには全権委任状がない
・仮にTPP交渉がまとまったとしても、オバマ大統領は議会承認というハードルを越える必要がある
・米議会の承認なしに、米国内でTPPが発効することはない(事実1の通り)
(憶測ですが、、、)日米共同声明で、両国の「センシティビティー」について触れたのは、オバマの議会対策の布石だったかも、、、

結論:陰謀論的な背理法
・国際法の慣習を無視して国会承認なしでもTPPを強制できる強制力が存在すると仮定すると、、、
・国会決議を無視できるということは事実上どんな条項でも相手国に飲ませることができる
・それだけの力があれば「交渉参加を拒否した国」に対しても強制することができる
・それだけの力を持った国が存在しているのであれば、現時点で日本がその力に支配されていなければならない

(結論A)国会決議を経ない法律に基づいた規制や判決が出ていることが確認できないのでこの仮定は間違っている→交渉経緯を見守り、骨抜きにならない場合は国会で撃破
(結論B)すべてを支配している勢力が結論Aを巧妙に隠蔽している→そんなに強力な敵がいるならもう何をやっても無駄です。あきらめてください。

安倍総理は自民党が決議した例外品目リストを片手に交渉に臨みます。
今はガセネタで盛り上がっている場合ではありません。(そういう人は自重しましょう)
私は安倍総理を信頼して、今後の交渉の経緯を見守りたいとおもいます。

自民 TPPの例外品目で決議 NHKニュース



追記

反証可能性を担保するため、以下の3つの事柄について発見したらご一報を! 
情報求む!

‖臺浸宛饗Г鯣歡蠅垢訐府見解、法律など 
議会に承認されない条約(行政取極は除く)が発効する法理論 
7がる他国に無理やり好き勝手なルールを強要する方法(あれば事例など)



上念司氏。

【スクープ!】「TPP交渉参加したら抜けられない」というデマを流しているのはデフレ派だった!

転載元転載元: 初詣は靖国神社のブログ

この記事に

TPPの真の狙いは「日米で中国を潰すため」経済的、軍事的に牽制
 
 
日米で中国潰し 経済的、軍事的に牽制 TPP交渉参加

安倍晋三首相がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加を正式表明した。
オバマ米大統領とのトップ交渉で関税撤廃の例外を認めさせて反対・慎重派を黙らせ、
「今がラストチャンス」と果敢に踏み込んだ。背景には、単なる経済戦略にとどまらず、
虎視眈々とアジア太平洋地域での覇権を狙う中国に、日米両国で対峙する意図もありそうだ。

「交渉参加は国家百年の計。同盟国の米国などと新たなルールを作ることは、わが国の安全保障や
アジア太平洋地域の安定にも寄与する。日本の国益となるだけでなく、世界の繁栄につながる」

安倍首相は15日夕の記者会見でこう言い切った。

アベノミクスの起爆剤として期待される一方、日本や米国、オーストラリアなど「自由」「民主主義」
「基本的人権」「法の支配」
などを共有する諸国中心の枠組みは、共産党一党支配のもと、アジア太平洋での覇権を狙う中国をけん制する効果を持つ。

現に、ズムワルト米国務次官補代理は13日、ワシントンでの講演で、日本のTPP交渉参加について、
台頭する中国を念頭に「米国を含むアジア太平洋地域の自由貿易の枠組みができる。日本にとっての戦略的な意義があり、それがTPPだ」「(それ以外の選択肢は)米国を含まない枠組みで、どちらを選ぶのかは日本自身が決断すべきことだ」
と語っていた。

オバマ米大統領は、何事にもビジネスライクで実利を求めるとされる。日本がTPPに加われば、経済規模は一気に拡大し、米企業は日本市場の需要開拓につなげることができる。外交筋は「米政府内で日本のプレゼンスは格段に高まる。
日米同盟のさらなる強化につながる」という。

逆に、日本がTPPに不参加ならば、軍事力と経済力を背景にした中国の覇権を防ぐことは極めて厳しい。
「TPP反対派や反対政党に、親中派や中国に近い勢力が多いのは偶然ではない」(官邸周辺)

安倍首相は今後、日本経済の再生とともに、沖縄県・尖閣諸島の強奪を狙う中国の野望をくじき、北朝鮮による日本人拉致問題を解決に導かなければならない。そのいずれも米国の協力は不可欠であり、TPPによって日米関係を
強固にしておく意義は大きい。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130316/plt1303161436003-n1.htm
イメージ 1
 
 
 
一方支那はビビリまくり

>中国の反響「新たな冷戦」牽制 2013.3.16 11:11
 中国の経済専門家は産経新聞の取材に対し、「TPPはいわば関税同盟で、貿易面から世界に新たな“冷戦構造”を作りだすことになる」と警戒感をあらわにする。
 TPPが“中国包囲網”を形成し、かつての米ソ対立のような二極構造が経済面から米中間に生じるとの見方が、中国内部で台頭していることを示した。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130316/fnc13031611120002-n1.htm
 
 
 
 
 
僕はこれを支持します(^^)
 
これしかTPPの意図は考えられません。

転載元転載元: ローリージャパンの日々雑感!

この記事に

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事