ここから本文です

書庫【超危険】反日「市民の党」

記事検索
検索

全1ページ

[1]

北朝鮮絡み…市民の党再び

皇紀2675年(平成27年)7月8日
 http://www.sankei.com/affairs/news/150707/afr150707……
 ▲産經新聞:「市民の党」に脱法献金か 5議員ら2団体に分散 北側と密接関係
 政治団体「市民の党」や「MPD・平和と民主運動」の闇については、平成二十三年に産經新聞社が熱心に取材を重ね、真正保守政策研究所も調査しています(該当記事参照)。
 市民の党らは、かつて「北朝鮮との疑惑の塊」とも申せた東京都千代田区平河町の龍伸ビルに全ての事務所を置いていましたが、平成二十四年以降の政治資金収支報告書を見る限り同三鷹市下連雀の富士見マンションに移っているようです。
 今回の産經配信記事に出てくる「(市民の党と同じ所在地に事務所を構える)三鷹市の女性市議」とは、伊沢けい子市議会議員(元都議会議員、平成二十一年に逮捕・略式命令で苦労したよう)であり、表向きは「山本太郎となかまたち」所属の扱いでした。山本参議院議員の選挙を市民の党の酒井剛代表(本年五月に逮捕・起訴)が仕切っていたことから、この繋がりも無視できません。
 今更このような話がまた出てくるということは、日本国民拉致事件を解決(拉致被害者を全員帰国)させようとしない北朝鮮に対する「資金源の締め上げ」をわが国側が改めて行っているということでしょう。そもそも違法なのですから当然です。
※ 本日午後六時配信の動画は、いよいよ世界遺産登録にまつわる外務省の言い分が判明しましたので、それを「言い訳」とも申しますが、とにかく私たちの闘い方の一手をお示しします。


【反日市民の党関係記事リスト】

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事