尾瀬ハイキング

尾瀬では沢山の高山植物、感動する風景に出会えますよ。

尾瀬の6月上旬

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

13年6月1日(土) 水芭蕉の群落と絶景を求めて尾瀬・尾瀬ヶ原ハイキング。
コースは鳩待峠(6:00)〜山ノ鼻(6:45)〜竜宮十字路(8:05)〜見晴(8:44)〜赤田代分岐〜東電小屋
〜ヨシッポリ田代(9:50)〜牛首分岐(10:30)〜山ノ鼻(11:00)〜鳩待峠(11:50)の
約20kmのコースでした。

好天に恵まれ、素晴らしい水芭蕉の群落と絶景の数々を堪能出来ました。
尾瀬・サイト

尾瀬の水芭蕉、一番の絶景ポイントですね。
下ノ大堀川沿いのポイント。私の周りに沢山の人が居ました。
イメージ 1

鳩待峠〜山ノ鼻間、尾瀬で最初に出合う水芭蕉の群落。
イメージ 2

山ノ鼻から湿原に入ってすぐのところ。
イメージ 3

竜宮十字路〜アヤメ平方面の長沢新道を少し進む。
イメージ 4

赤田代分岐手前。
イメージ 5

東電尾瀬橋の所。
イメージ 6

中田代に入る手前から至仏山への眺望。
イメージ 7

竜宮十字路から至仏山への眺望。
イメージ 8

燧ケ岳への眺望。
イメージ 9

見晴〜赤田代分岐間からの至仏山への眺望。
ここは上田代。
イメージ 10

赤田代分岐手前から至仏山への眺望。
イメージ 11

赤田代分岐〜尾瀬橋間から燧ケ岳への眺望。
イメージ 12

中田代、ヨッピ吊り橋〜牛首分岐間でヨッピ吊り橋近くからの燧ケ岳。
イメージ 13

花の種類がとても少ない時期ですが、写真に収めることが出来ました。
この他にも、ヤマザクラ、エンレイソウなど確認できました。
画像左から、
水芭蕉、湿原全体。
オオバキスミレ、鳩待峠〜山ノ鼻間で、山ノ鼻近く。
ニリンソウ、竜宮小屋近く。
イメージ 14

イワナシ、鳩待峠〜山ノ鼻間で木道山側土手。
スミレ、見晴キャンプ場や山ノ鼻。
エゾエンゴサク、見晴キャンプ場。
イメージ 15

コミヤマカタバミ、鳩待峠〜山ノ鼻間で山ノ鼻近く。
タテヤマリンドウ、ヨッピ吊り橋〜牛首分岐間、1輪見つけました。
ヒメイチゲ、赤田代分岐〜東電尾瀬橋間、見晴など。
イメージ 16

ショウジョウバカマ、湿原全体。
ノウゴウイチゴ、見晴キャンプ場への小道。
イメージ 17

私の「尾瀬について」のサイトです。
尾瀬・サイト

開く コメント(27)

6月上旬 - 2

08年6月1日、6月上旬の尾瀬、2ページ目です。 写真:イワナシ。鳩待峠から山ノ鼻間のコース上で見られます。 また、福島県側からの御池→沼山峠から入ると、登山道脇にたくさん咲いています。
イメージ 1


写真は皆様ご存知のスミレです。でも深山に咲くスミレです。 山ノ鼻から鳩待峠へ向かってすぐのところ、巨木の根にコケが生えているところに 咲きます。尾瀬には数種類のスミレが咲きます。群落になっているところもあります。 深い山で見るためか、とても力強く綺麗に見えます。
イメージ 2


写真:ミズバショウの群落です。 6月上旬と言えば定番です。山ノ鼻から中田代方面へ向かい、 湿原に入ってすぐのところ。左側です。木立の向こう側が尾瀬研究見本園です。
イメージ 3


写真:リュウキンカの群落です。 リュウキンカも6月上旬には群落を作ります。竜宮十字路です。
イメージ 4


竜宮十字路から至仏山の眺めです。 木道脇などにはリュウキンカの花が沢山咲いています。
イメージ 5


尾瀬研究見本園の様子です。 6月上旬、尾瀬研究見本園で見られる花は、ミズバショウ、リュウキンカ、 タテヤマリンドウ、ショウジュウバカマくらいでしょう。
イメージ 6


沢山花が咲いていなくても、景色を見ながらのハイキングは最高ですよね。
私の「尾瀬について」のサイトです。
尾瀬・サイト

開く コメント(0)

はじめまして、minaと申します。
尾瀬ハイキングのためのブログを開設しました。
06年に尾瀬・サイトを立ち上げ、主なハイキングコース8コース、略図、尾瀬の花・時期と場所、
群落を作る花・時期と場所、山小屋と休憩所などの情報を発信しています。
尾瀬・サイト
ブログでは、春〜秋までの尾瀬の様子を、今年・来年の参考にしていただきたく、
画像などを使って、移り行く尾瀬をお伝えして行きます。

写真:08年6月1日7:30 ミズバショウの花の群落。下ノ大堀川沿いでテレビ、新聞、雑誌、
ポスターなどで紹介される所です。新緑時期にはまだ早いです。湿原は褐色で植物はほとんど
生えていません。早朝のため人はまばらですが、この後混雑です。
イメージ 1

写真:同日 下田代と見晴の山小屋・休憩所、燧ケ岳。
この日、木道沿いにはザゼンソウ、ショウジョウバカマ、タテヤマリンドウ、
リュウキンカ、ミズバショウと見られる花の数は少ないです。
イメージ 2

写真:竜宮十字路から至仏山の眺め。
新緑にまだ早い尾瀬、でもミズバショウの群落、リュウキンカの群落などを見ようと
たくさんの人がハイキングに訪れます。いよいよ尾瀬シーズンスタートです。
しかし、廻りの山へは入れませんよ。雪がまだたくさんありますから。
イメージ 3

写真:見晴のキャンプ場で見つけました。早春の花で2週間後行ったら終わっていました。
花の名はエゾエンゴサクです。
イメージ 4

写真:見晴のキャンプ場。このスミレは登山道や拠水林、森林の縁などで見られます。
イメージ 6

写真:見晴のキャンプ場です。早春の花で2週間後行ったらありませんでした。
花の名はキクザキイチゲです。別名キクザキイチリンソウ。ブナ林や拠水林に咲きますが、
広葉樹が葉を広げる前に終わってしまいます。
イメージ 7

写真:帰り道、山ノ鼻から鳩待峠に向かう木道脇に咲いていました。
登りに入る前のブナ林の木道沿い。花の名はオオバキスミレです。
イメージ 5
私の「尾瀬について」のサイトです。
尾瀬・サイト

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事