蒼翠

そろそろ、なんとかしないといけないのかも。

全体表示

[ リスト ]

桟道を修復し軍備を整えた姜維は、またも魏討伐を上表します。度重なる出兵を諫める者の意見にも全く耳を貸しません。
そんな強行出征の中、夏侯覇が戦死します。
 
勝ったり負けたりの両陣営でしたが、姜維は突然成都へ呼び戻されます。
全く訳が分からない姜維でしたが、実は劉禅におもねる宦官・黄皓の策略と知り怒り心頭。すぐさま黄皓を殺そうとしますが郤正に止められます。そして難を避けるべきとの言葉に従い、軍備のための屯田をするという名目で成都を離れます。
 
姜維が次なる戦に向け準備を進めていることを知った司馬昭はついに蜀討伐の命を下します。
大将に艾、鍾会を据えますが、ある者が鍾会に大権を与えるのは危険だと司馬昭に進言します。
鍾会は野心家のため謀反を起こす可能性があるから、というのがその理由でした。
すると、その進言を受けて司馬昭はあることを言います。
さて、司馬昭の言葉とはどういうものだったのでしょう。
 
第一百十五回の登場人物:
胡氏、閻宇、荀勗、敦、邵悌


イメージ 1ブログランキング参加中。
バナーをポチッとお願いします☆


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事