ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

小雨降る中「金沢蔵」をあとにして「あらきそば」に向かいます。 創業は大正9年、蕎麦好きで知らないものはモグリと言わしめる老舗です。 どっしりと構えた茅葺き屋根の佇まいからは底知れぬオーラが感じられます。 最上川三難所そば街道十四番店、全国から蕎麦通が訪れるという名店である。 色気すら感じるまで使い込まれた艶を放つ長机を裸電球が照らします。 土曜日の午後、本来ならば客であふれかえってる店内は男性の先客が一組、後客の若いカップルが一組でこの日の雨で客足が遠のいていると思われます。 前の訪問は50年ほど昔になるでしょうか(^^)。親父の会社の家族ら数人で庄内浜での海水浴の帰りに連れられてきたことがあります。当時月山道は無く山形市すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • はせ川@喜多方

    2017/4/22(土) 午前 9:09

    喜多方ラーメン2軒目です。(^^v 1軒目の「まこと食堂」は僕の推薦で行きましたが2軒目の「はせ川」さんは妻がネットで選んだお店。 狭い町なので「まこと食堂」から歩こうと思ってグーグルマップで確認すると3 ...すべて表示すべて表示

  • まこと食堂@喜多方

    2017/4/20(木) 午前 8:59

    この度の帰省の最大イベントは喜多方訪問です(^^)。 ご存じ日本三大ご当地ラーメンといわれる札幌、博多と並ぶラーメン処です。 妻が喜多方ラーメンを喜多方で食べたことがないというので、僕が案内してあげることにしました。 これ ...すべて表示すべて表示

  • 食堂 七彩@都立家政

    2017/4/17(月) 午前 8:59

    ツイッタ―をながめていたら都立家政の「食堂 七彩」さんが「和歌山中華そばの限定始めました」とつぶやいていました。 この日ネーム中でしたが時間に余裕があったのでラーメンウォーキングに出掛けました(^^)。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事