ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫全体表示

イメージ 1

「名古屋ラーメン祭り2018」の会場で責任者の方に挨拶してラーメンを堪能したあとは近くのホテルにチェックイン。
すでに「味噌中華」と「沖縄そば」を食べていますがお腹には全然余裕があります。
ウォーキングがてらちょっと早い夕食に出掛けます(^^)。
名古屋のどんな麺を楽しもうか色々悩みましたが、やはりここ「味仙」は外せないでしょう!
開店の5時から少し過ぎの入店でしたが8割がた客で埋まってました。
8人掛けの丸テーブルで相席です。


イメージ 4

着席するといきなりビール瓶が出されてビックリ!
ビール頼んでないんだけどな、間違い?
と思ったら水でした(^^)



イメージ 2

イメージ 3

オーダーはこれです、これ!
名古屋名物「台湾ラーメン」680円!
ここ「味仙」は台湾ラーメン発祥の店なのだとか。
こちらのご主人が台南の名物「担仔麺」をアレンジしてできたのだとか、そうでないとか。
ひと口啜ろうとしてむせ返り、またひと口啜ろうとしてむせ返る!
なんだこりゃ、けっこう辛いぞ(^^;
見た目通り、唐辛子の辛さがガツンときて次に鶏の旨味がジンワリきます。しかし辛い(^^)。
ニンニクもガッツリ効いてます。
ビールで口の中を冷やして、また恐る恐るすすり込んではむせ返るwww
ハンカチで流れる汗を拭きながら、ビールを飲みながら本場の台湾ラーメン完食。
しかし名古屋では680円なんですね。神田の味仙の800円という値段はどうなんでしょうね(^^;



イメージ 5

イメージ 6

せっかくの名古屋なので手羽も注文。440円。
甘辛くてビールのいいおつまみです。
店内も本場台湾の夜市っぽい雰囲気があって、それも人気なんでしょうね。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事