ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫全体表示

イメージ 1

青森の超人気店「長尾中華そば」が神田にやってきました。
7月30日オープンでおよそ2週間が経ちましたが、すでに行列ができるお店になっています。
青森の「長尾中華そば」を取材で訪問してからすでに12年。
ひえ〜っ、干支を一回りしてしまいました。
お盆休みの真っただ中、クロスバイクで40分、12時ちょい前到着!
すでに14人が並んでます。食券を買ってから並ぶようです。
日陰に並べるのが幸い(^^)。
回転が早く17〜8分で入店。




イメージ 2

イメージ 3

FB友のラーメン王山本氏が裏メニューのごぐ煮干しを推奨していましたが、券売機でよく分からず、結局12年前にいただいた「こく煮干し 850円」と「ねぎだく 50円」のボタンをポチ。
元々青森は「焼き干し」文化が豊かな土地柄。焼き干しラーメンが発達しました。当時のブログによりますと、長尾氏はこの焼き干しの焼いた味がスープに移るのがイヤで煮干しを使ったとのこと。
その焼き干しも高価にになり量も少なくなってラーメンの素材としては無理が出るようになり、今では青森といえば煮干しというようになりました。
その煮干しとトンコツや鶏の旨味がガッツリ効いたスープにムッチリの中太麺が見事にマッチ(^^)
いやーっ、懐かしくて旨いですねー。
当時は「あっさり」や「こく鰹」とかも食べてるはずですが、ブログには「こく煮干し」しか上がってませんでした(^^;
近々、麺などの仕様が代わるようですので、しばらくしたら再訪してみたいと思います。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

もう一軒行ってみましょうか。


この記事に

  • 結構太い麺でござるのう、三鷹の地下の中華そば屋のに似ておりますなぁ。

    モノノフ

    2018/8/17(金) 午前 11:01

    返信する
  • アバター

    青森いいですねー。ラーメンで土地を感じるのもいいですね。

    コケマロ

    2018/8/17(金) 午後 10:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事