ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫全体表示

イメージ 1

野方にあの山形の蕎麦が食べられるお店がオープンしたとのことで、やってまいりました(^^)。
「山形の蕎麦 もがら」さん、先月の7月オープン。
「もがら」…?
「じゃがらもがら」の「もがら」ですかね。
そばウォーキングです。自宅から5000歩と少し。
この場所は「角ふじ」とかあった場所ですね。



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

券売機で「冷たい肉そば 700円 + 肉増し 100円」のボタンをポチ。
「冷たい肉そば」とは山形県は河北町のソウルフード。
ここ数年、東京でも食べられるお店が増えてきましたが、どれもいま一つの出来なんだよな。
こちらもあまり期待せずにズズッとすすると…
お!旨い!
ギュッと水で〆られた硬めのそばに鶏等の旨味が効いた冷たい汁!
鶏は老鶏を使うそうで、そばの上に乗ってる鶏肉も少々硬め。
なかなかの出来です。
でもついつい本場の方がまだ上と思ってしまうのはしょうがないですねかねー(^^)。
「いろは分店」で食べたのはもっと旨かった気がする(^^)
地元では冬でも「冷たい肉そば」を食べますが、東京ではどうするんだろう?と思っていたらちゃんと「温かい肉そば」がありましたwww
ちなみに、山形に「もがら」というお店があるかネットで調べてみましたがヒットしませんでした。
美味しくいただいてごちそうさまでした。
歩いて帰りまーす♪

サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事