ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫全体表示

イメージ 1

「亀戸煮干中華蕎麦 つきひ」をあとにしてクロスバイクでふらふらとひと駅戻ると「中華そば 満鶏軒(まんちーけん)」に並びます。
ここは「真鯛らーめん 麺魚」があったところですね。「麺魚」ははす向かいに移転したようです。



イメージ 2

イメージ 3

券売機の左上の「鴨中華そば(塩)850円」と「鴨ロースチャーシュー250円」のボタンをポチ。「つきひ」でけっこうお腹一杯に食べたにもかかわらず、ついチャーシュー追加してしまいました。
おかげでドンブリは鴨まみれ(笑)。

「鴨と水のみ」という謳い文句のスープが冴えわたります。
ここ数年、鴨を素材にしたラーメンも増えてきましたねぇ。おかげで中々味わうことができなかった鴨が手軽に食べられます。
鴨でお腹一杯になってごちそうさまでした。

クロスバイクでのんびり帰りま〜す(^^)。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事