ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫全体表示

南北麺館@尾久

イメージ 1

イメージ 2

中国には5大麺というのがあるそうだ。
四川の担々麺、広東に伊府麺(イーフ麺)、山西の刀削麺、北京の炸醤麺(ジャージャー麺)、そして武漢の熱乾麺の五つ。
このうち広東の伊府麺と武漢の熱乾麺は中々馴染みがないですが、この五つの麺が手頃の値段で食べられる店が出来たというので、クロスバイクで尾久へやって参りました。
銀座などの高級中華ではメニューにあるところもあるようです。
自宅から約1時間、春の穏やかな日差しの中そのお店はありました。
「南北麺館@尾久」尾久の駅前から徒歩7分くらいですか。

さて、何を食べましょうか(^^)。
ここは生まれて初めて聞いた武漢の熱乾麺にしてましょう。
券売機に「熱乾麺 700円」とありますが、ランチタイムは+110円で半チャーハンが付くようです、
810円のセットのボタンをポチ。




イメージ 3

店主はたぶん中国の方?かな?
「辛いの大丈夫ですか?」と来かれ「大丈夫です」と答え、しばらくして「熱乾麺」がやってまいりました。



イメージ 4

イメージ 5

よく混ぜて食べてくださいというので、まぜまぜ。
半チャーハンもやってまいりました。ドンブリに入ったチャーハンというのは中国の感覚なのですかね(^^)。

熱乾麺…いわゆるゴマだれ混ぜそば。
極太の縮れでコシの無い柔らかめの麺に、甘いゴマだれが全体を覆います。少し辛味のある肉味噌がアクセントに。
なるほど、こういうものかと感心する一杯。
チャーハンは焦げたラードの香りも香ばしく、パラパラとした本格的なもの。こちらも美味しい。
伊府麺や炸醤麺も食べてみたいですね。

美味しくいただいてごちそうさまでした。
せっかく尾久まで来たので、もう一軒行きますか(^^)。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事