ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫全体表示

記事検索
検索

全640ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

昨年末、東上線の大山に「吉田のうどん」のお店ができたと聞いてうどんランチウォーキングです(^^v。
「吉田のうどん」とは山梨県の富士吉田近辺のご当地うどんです。
その特徴は「硬い!」こと。
日本一硬いうどん!として有名なのです。
武蔵野うどんでもかなり硬いうどんの場合があるので、その辺りを想像してもらえれば分かりやすいかな?(^^)
こちらのお店「月見里」と書いてなんと「やまなし」と読むそうです。なんとも洒落てますね。



イメージ 2

昔、沼袋の居酒屋がランチで吉田のうどんを出していたことがあり、それを一度食べたことがあります。




イメージ 3

イメージ 4

平日のお昼、けっこう賑わってる店内。
メニューを見ながら「かけ肉キャベツ 700円」+「きんぴら 150円」をオーダー。
キャベツが乗るのが特徴のようです。
面白そうなのできんぴらをトッピングしてみました。
まさに極太の荒々しい麺が顔をだしました(^^)。
すするのも難しい感じで、ワシワシと噛みしめいただきます。
こちらの場合はまさに武蔵野うどんのようなのど越しとコシ。
出汁にはそれほどの特徴はなく節系と醤油のオーソドックスなもの。キンピラの甘辛い味が溶け込んで食欲をそそりますねぇ♪
ボリュームは少し足りない感じ。
次は大盛りだな。
この「吉田のうどん」は「吉田うどん」ではなくて「吉田のうどん」なんですね。
なぜなんだろう?と思いながら美味しくいただいてごちそうさまでした。歩いて帰りま〜す。(^^)

この記事に

イメージ 1

2019年のラーメン食べ始めは高田馬場のこちら「末廣ラーメン本舗」さんからです(^^)。
ランチラーメンウオーキングでやってまいりました。

前回の訪問は2011年の8月なので7年5か月ぶりということになりましょうか。2017年に山形駅前のお店で食べてるんですけどね。




イメージ 2

昔の京都の老舗ではザルに切ったネギが盛ってあって取り放題だったらしいのですが、その流れを汲むこちらではその名残りでしょうか、卓上に刻んだネギが盛ってあって、もちろん取り放題(^^v。


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

券売機の「中華そば(大)700円」+「やきめし(1/2)300円」のボタンをポチ。

この濃い醤油色が泣かせます。
スープを吸った麺を啜れば至福の時。
あの「新福菜館」が秋田に行って、さらに高田馬場にやってきた変遷の味がします。(笑)
こりゃあ旨い!
真っ黒いパラパラチャーハンがまた香ばしい。
ジャンク感満載で正月から幸せ一杯です。
一度秋田の本店で食べてみたいものです。

美味しくいただいてごちそうさまでした。
帰りも歩きま〜す♪

この記事に

佐野麺屋@大山

イメージ 1

大山に「吉田のうどん」のお店がオープンしたときいて、時間が取れたのでウォーキングがてらやってまいりました。
大山商店街を歩いていると…ん?
「佐野麺屋」?
こんなラーメン屋あったっけ?
早速「食べログ」で探してみると載ってない。
ならば「ラーメンデータベース」で探してみるとこれも空振り。
これは入ってみるしかないでしょー!




イメージ 2

イメージ 3

佐野というからには「佐野ラーメン」のお店か?と券売機を見ると、お店お薦めの左上を見ればあにはからんや「濃厚豚骨ラーメン  750円」の文字が。
というわけで「濃厚豚骨ラーメン」をオーダー。

トロリとポタージュのような濃厚なスープ。
旨いじゃありませんか(^^)。
麺は加水低目のストレート麺。
コリコリとキクラゲの食感がまた楽しい。
チャーシューがデカくて厚い。
途中卓上の高菜を乗せると、ピリッと刺激がクセになる。
中々美味しいじゃないですか(^^)。
ライスに高菜を山盛りにしてチャーシューをおかずにモリモリ食べたいと思いました。

ただお昼時にもかかわらず客は僕一人。
ややご年配のご主人が一人厨房、あと若い男性がいましたがバイトさんなのかご子息なのか。
壁にはたくさんの日本酒や焼酎が置いてありました。
夜は一杯やれるお店なのかもしれません。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

2019年01月17日現在、食べログ、ラーメンデータベースの両方に載ってませんがRettyに1件の記事発見。
どうやら昨年12月の上旬にプレオープンし、中旬に開店したようです。

この記事に

春木屋@吉祥寺

イメージ 1

イメージ 2

吉祥寺に「春木屋」があったんですな!
知らなかった(^^;
んなわけで「成蹊前ラーメン」を食べたあと「春木屋」さんをのぞいてみました。
店の外観撮り忘れ(^^)。
クリスマスのこの日、並びはありませんでしたがほぼ満席の状態。
入り口近くの席が空いていました。

中華そば 850円をオーダー。
荻窪の春木屋では、妻と一緒にあまりにもの旨さに感動したものです。
動物系と魚介系の見事なバランスのスープ。
口の中にコンブの旨味が広がって幸せ一杯…
のはずが何かが違う。
スープや具材、麺も荻窪と同じなのでしょうけど何かが違う。
あの感動はない。
麺?
麺の茹で加減が違うのかな?

人が出入りするたびにドアから冷たい空気が入り込んで寒い(^^;
会計を終えて外に出ると数組の待ちができてました。
本店の感動はありませんが、美味しくいただいてごちそうさまでした。
クロスバイクでゆっくり帰りま〜す♪

この記事に

イメージ 1

12月25日のクリスマス、時間が取れたのでラーメンランチサイクリングで吉祥寺へ。
成蹊前ラーメン初訪です。
こちらはもともと「ラーメン二郎」の吉祥寺店。成蹊大の学生にいたずら書きされて「三郎」になり、さらに「生郎」なったという伝説のお店。
さすがにクリスマスのお昼、客はいないだろうと高をくくって入ってみると8割の入り。
券売機で「ラーメン 700円」のチケットを買って席に座ると、次々と客がやってきて外に待ちが出来る始末。



イメージ 2

イメージ 3

「ヤサイ、ニンニク、トウガラシ」のコール。
トウガラシが意外にもクリスマスっぽさを演出(笑)。
柔めに茹であがったムチムチの極太麺に豚骨清湯。
ニンニクが食欲をそそりますなぁ(^^)。チャーシューもでかく柔らかくて食べ応えあり!
旨いですねぇ♪
トウガラシが結構刺激的。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

せっかくなのでもう一軒行きますか(^^v。

この記事に

全640ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事