ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1

GWの10連休が終わった昨日7日、ネームの合間のラーメンランチサイクリングに出掛けました。
昨年5月、幡ヶ谷から新宿御苑前に移転した「金色不如帰」さんへ。
ブログで確認するとなんと12年ぶり!もちろん移転してからは初めてです(^^;
店舗外観の画像は食べ終えてから撮ったものです。
自宅からクロスバイクで約40分、開店10分前に到着。
9人の並びがあってPPは中華系女性2人男性1人の3人グループ、7番目と8番目は欧米系のカップル。
10年前には考えられない光景ですよねえ、外国人がラーメン店に並ぶなんて。
どうやってラーメン店の情報を得るんでしょうね。ネットですかねぇ?



イメージ 2

イメージ 3

5分ほど遅れて開店。
券売機の横には英語で書かれた説明書があります。
悩んだ挙句、連食を考えてるので「そば(醤油)850円」のボタンをポチ。
欧米系のカップルの隣りのテーブル席に相席になりました。
2m近い巨体を小さなテーブル席に押し込めてる姿は少し気の毒。

そばは自家製麺になりトリュフが香ります。貝の旨味が強く感じます。
欧米系はやはり音なく食べていますね。パスタじゃないんだから。
すすれないと聞いたこともありますが。
空気と一緒にすすり込んで撹拌された風味を口中に広げて楽しんだほうが美味しく感じるのにな。
美味しくいただいてごちそうさまでした。
そういやビブグルマンには選ばれてないのかな?

もう一軒行きますか(^^)。

松戸富田麺絆@東京

イメージ 1

イメージ 2

「銀座 八五」のあとは東京駅丸の内に完成した集合施設KITTEへ。
ここの地下1Fにできた「ラーメン激戦区」にやってまいりました。
ここに松戸の超行列店「とみ田」の東京初進出店「松戸富田麺絆」があります。
呼び込みの方に聞けば40分待ちとのこと。
最後尾に並びます。
何年ぶりの「とみ田」だろう?ブログで確認すれば11年ぶりです。
思ったよりも回転がよく、20分ほどで店内へ。




イメージ 3

イメージ 4

濃厚つけ麺(並200g)920円をオーダー。

ドロリとした超濃厚トンコツ魚介のつけ汁。
一時期はこれを真似た濃厚豚魚ばかりになって濃厚豚魚に拒否反応が出るほど嫌悪したことがありました。
しかしさすが本家は揺るがず今も美味い。
濃厚ながらもフルーティな甘味で砂糖のそれとは違う爽やかさ。
もっちりの極太麺も歯を押し返す弾力で箸が止まりませんなぁ♪
スープ割りもいただいてごちそうさまでした。

もう一軒行けたら隣の「福味」と思っていたのですが、さすがに無理(^^;
またの機会にします。
クロスバイクでのんびり帰りま〜す。

銀座 八五@東銀座

イメージ 1

昨日5月3日の憲法記念日、ペン入れが終わって仕上げをアシさんに委ねてランチラーメンサイクリングです。
ちょいとばかり今年のGWに参戦することができました。
元号が「令和」に代わっての最初のラーメンになります。
令和最初のラーメン、どこが相応しいか色々考えましたが、やはり「銀座 八五」でわないかという結論になりました!(^^)。

自宅からクロスバイクで55分、無事到着です♪

11時開店で、11時16分ごろの到着でしたが、すでに大行列!
サッと数えれば40人ほど。
1時間30分と見込んで最後尾に並びます。
前々日に打ち合わせを終わらせ次の話の流れも決まっているので、ネームの構成やセリフを考えながら、アッという間に時間が経ちますねぇ。
1時間18分ほどで店内に入ることができました。





イメージ 2

イメージ 3

券売機の「特製中華そば 1050円」のボタンをポチ。

ご主人はホテルのフレンチの元シェフ。
水道橋の「勝本」を始まりとし、神保町に2号店の「つけそば 勝本」を展開し、この「銀座 八五」は3店舗目になります。
関係者やラオタの間で鳴り物入りで開店したこの店の最大の特徴は
「かえし」あるいは「たれ」が無いこと!
一般的なラーメンは醤油等のキレのあるかえしをドンブリに注ぎ、そこにガラや豚骨から採ったスープを加えて作るわけだが、そのかえしが無いのだ(@ @;。
いわゆる岐阜の高山ラーメンの作り方。
ラーメン発見伝にもラーメンというのは寸胴の中でスープとタレが一緒に煮込まれてると勘違いするおっちょこちょいのグルメ評論家がいましたねぇ。(^^)

さてその味はというと…
今までに味わったことのない味…、あるいは今までにどこかで味わったような味…
不可思議な既視感を感じるラーメンなのだ。
フランス産の鴨や名古屋コーチン、コンブ、干しシイタケ等の旨味に、イタリア産のプロシュート(生ハム)で塩味を追加。
なるほど、それでこの豊かなコクと精練なキレが同居するスープが紡ぎだされるわけなのか。(^^)
高山ラーメンのように煮詰まって濃くなったりしないのかが心配。
きっとその辺の配慮もしてあるのだろう。

麺は浅草開化楼、不死鳥カラス氏によるもの。FBでよく「勝本」のことを取り上げていました。
しなやかしっとりと最後まで伸びることがなかった。

チャーシューの上に乗ってるコショウは「ペッパーキャビア」という珍しいもの。フード評論家の山路氏によるとマダガスカルの原生林で収穫される野生のコショウなのだそう。
華やかで芳醇な香りが楽しめる。
沈めればスープの味変にも一役買いますなぁ。

実に面白くて美味しい、まさに令和最初に相応しい一杯でした。

次はKITTE向かいます(^^v

イメージ 1

げんこつ屋が復活したと聞いて、懐かしくて訪問です。
横浜のラーメン博物館では3年前食べてきましたが(^^)。
以前は確か青梅街道沿いにあったと思うのですが、阿佐ヶ谷の中杉通りに復活です。志田家のあと地ですかね。
開店してすぐの時間帯でしたが、すでにガテン系の方や女性の一人客もいますね。



イメージ 2

イメージ 3

券売機で「ワンタンメン 950円」のボタンをポチ。
加水高めのストレート細麺にまろやかでコクのある醤油味。
ワンタンもトォウルントォウルンで王道の食感。
時間に余裕があるとカウンター内の機械で麺を切り出してます。
意外と女性の一人客が入ってきます。
この優しい味なら納得。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

もう一軒いけますかね(^^)。

アデランス

イメージ 1

令和に改元されたのを機に、育毛剤をアデランスに代えてみます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事