ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫全体表示

記事検索
検索

貝節麺 raik@方南町

イメージ 1

ラーメンランチサイクリングです。
この日は方南町の「貝節麺 raik」さんへ。
永福町の「Bonito Soup Noodle RAIK」の2号店になります。



イメージ 2

「raik」さんは店名通り貝とカツオ節がメインのスープで人気なのですが、この日「オマール海老の味噌らあめん」なる限定を発見。
限定に弱い僕です(^^)。



イメージ 3

イメージ 4

券売機で限定の「オマール海老の味噌らあめん 1200円」のボタンをポチ。
一本アスパラが意表を突いたルックスを演出。
オマール海老の濃厚な甘味と味噌の風味を太ストレート麺が受け止めます。
和風テイストなのにイタリアンっぽさも感じて面白い。
味変用のワサビ?は少なすぎてよく分からなかった(笑)。
麺に直接つけて味わえばよかったかな(^^)。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

クロスバイクでのんびり帰ります♪

平田牧場@山形

イメージ 1

今回の山形帰省の最終日、レンタカーを返して目指してた山形駅前のラーメン店に向かいます。
昨年の11月オープンのG系が売りのお店。
ところが店内満席のうえ、店内の待ちまでできてます。
さてと、新幹線出発まで40分あまり…
並んでる余裕はありません(^^;。
ならば駅ビル内にある「平田牧場」さんにお邪魔することに決めました。
お店の前は何度も通っているのですが、入るのは初めてです。
ご存じの方もいると思いますが「平田牧場」は山形を代表する畜産食肉加工販売外食事業の会社です。



イメージ 2


この日15日は1800円が1500円になるというので、金華豚ヘルシーかつ膳 をオーダー。
金華豚は平田牧場のブランド豚。
高田馬場の「成蔵」の肉がとろけるように柔らかかったのですが、この金華豚も負けてませんねえ。唇で肉が噛み切れそう♪
自分でゴマを擦り、味噌ダレを合わせたソースが面白い。
ゴマと味噌の風味で食欲倍増!
いやー美味い!豚のうま味をたっぷり味わいました(^^)。
キャベツとごはんがお代わり自由ということだったのですが、時間がなくてあきらめました(^^;
それでもお腹一杯。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

東京へ帰りま〜す♪



豚児@高擶

イメージ 1

今回の山形帰省時の麺活です。
13時44分、山形駅到着。
そのまま駅前のトヨタレンタカーに飛び込み、予約していた車に飛び乗り「豚児@高擶」を目指します。
雨が降ったり、青空が出たり、風が舞ったりと荒れる天候の中、
なんとか2時半の営業時間内に到着。
高擶は「たかだま」と読みます。場所は天童市、難読地名のひとつ。
時刻は2時20分ころ…

「あれ?駐車場内に客の車が無い…」
車を降りて歩き出すとお店の裏の窓がカラカラと開いてご主人が
ラストオーダーが2時なんですよ」と衝撃の一言!
ガーン…!「明日は休みですよね?」とぼく。
このお店、河合家の菩提寺のご住職から「チャーシュー大好き男が高擶に豚児という店開いたんで!」と教えていただいたお店。
ずーっと来たいと思ってた店なんです。
ガッカリして車内に戻って「吉里吉里」は何時までかな?などと近所の蕎麦屋の営業時間を調べようとしたとき、お店の勝手口のドアが開きご主人がやって来ます。
慌ててドアを開けると「丼は無理ですが中華そばなら用意できますが…」と優しい言葉をかけてくださいました!
おおおっ!ありがとうございます!


イメージ 2

ご自宅を改装してお店にしたような感じ。



イメージ 3

イメージ 4

中華そば 肉増し 大盛り 1130円

王道の中華そば!
わずかにほんのり魚介系の風味がそそります。
美味いなあ、ご主人の優しさが香る人情の一杯。
チャーシューもムハムハいただきます(^^)。
昼食を抜いていたので、大盛りですらあっという間に完食。
美味しくいただいてごちそうさまでした。
次は王将豚丼を食べに参ります。
ご主人にお礼を言ってお店をあとにします。

さあ、実家に帰ります。

卒業アルバム

今回の帰省の目的の3番目は「中学校の卒業アルバム」を持って来ること(^^v。
小さいころから絵を描くことが好きで、小学校のときは色んな賞をもらったりしましたが、その絵が残っていません。
子どものころ描いた「絵」、何か残ってないか考えてみれば…
ありました、中学校の「卒業アルバム」!
そこにイラスト描いてました(^^)。





イメージ 1

山形市立第5中学校3年6組 河合 単

生まれて初めてのボールペン画ですね(^^)。
14歳にしてはなかなか上手く描けてるんじゃないですかね(笑)。

ふきのとうの天ぷら

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ふきのとうの天ぷら…
なんという耽美な響きか(^^)
うひゃひゃひゃ♪
2019年、今年の春をいただきました。
絶妙な苦み!
口の中で「春」が爆発します。
ああ、美味しかった(^^v

スーパーで売ってるふきのとうしか知らないひとが気の毒でなりません(笑)。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事