ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

トンコツラーメンを食べると、どうもお腹がゴロゴロし始める僕なんです。博多ラーメン取材のときの帰りの飛行機、ずーっとトイレに入ってたことを思い出しました。
で、先日アップした堀切菖蒲園のラーメン店巡りから漫画の作画飼料撮影に出発です。
まずは「スカイツリー!」
もっと近くに寄って煽らなければ欲しい構図ではないのですが、ついお腹が心配になって腰が引けた写真になってしまいました。
アシさんから3D使います!ダメ出しです(^^;



イメージ 2

そのまま西進して「墨田区石原3丁目」へ。
この辺りは江戸時代「御賄陸尺」たちの住居があったところ。
御賄陸尺とは魚河岸や市場にで買い出しをして城内へ運び込んだ台所役人の下役。俸禄は十五石二人扶ち。
長屋に毛の生えたような住居が立ち並んでいたのでしょうか。
江戸時代からタイムトリップしてきた賄頭の「平山さん」の実家がこの辺りにあったという設定です。
実際江戸時代の古地図で「平山」という家がないか調べてみましたがさすがにありませんでしたが「平岳」という家がありました。
奇跡は起きませんでした(^^)。
この辺りでお腹がゴロゴロし始めたので近所のコンビニに入るもトイレの貸し出しはしてないそう!ひ、ひどい(><)。



イメージ 3

そのまま西へ直進すると大手門にぶつかります。
ここで「平山さん」が自分が勤めていた江戸城をしみじみ思い出すわけです。しかし外国人観光客が増えましたねー(^^;

この日の走行距離42.33㎞!
お腹は何とかもって無事自宅到着でした(^^v

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事