ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫板橋区のお店

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

麺庵 小島流@板橋本町

イメージ 1

板橋本町の人気店「小島流」が4周年記念の限定ラーメンを提供するというので、クロスバイクで訪問。
オープン2分前に到着。
すでに行列が出来ていました。数えてみると9番目(^^)。
画像は食後店を出て撮ったものです。



イメージ 2

開店後最初のロットには入れず、暑い中外で待ちます。
日陰だったのが幸い(^^)。
およそ10数分で店内へ。



イメージ 3

冷製情熱アラビアータ 1000円

これがラーメンです(^^)。
まさにインスタ映えするルックス。
真っ赤な麺は池袋の「六感堂」が打ったもの。
アラビアータとは唐辛子を効かせたトマトソースのこと。
パスタと違ってラーメンは音を立ててすすれるからいいですねぇ♪
ピリッと時折り辛味が効いてまさしくアラビアータ。
コシのあるストレート細麺は冷たく〆られ、ソースもよく絡みます。もう少し辛くてもいいかな(^^)。
美味しくいただいてごちそうさまでした。
クロスバイクでのんびり帰りま〜す。

この記事に

イメージ 1

ラーメンウォーキングです。
三月ですから2か月前、アップするのを忘れてました。
「三代目 麺屋 みちしるべ@東武練馬」さんです。
東武練馬の駅から徒歩1分、自宅からは1時間ちょっとだったと思う(^^)。
この「みちしるべ」というラーメン屋さんは二子玉川とつつじヶ丘にもあるようです。三店舗目で三代目ということなのかな?





イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ガツンと煮干そば 730円 とチャーシュー丼 220円?

加水低目の中太ストレート麺をシットリ茹で上げたタイプの麺にセメント色の煮干しの効いたパンチあるスープのラーメン。
見た目ほど煮干しのクセが無くニボラーでなくても楽しめる一杯でした。
低温調理のチャーシューも美味しいし丁寧な仕事がうかがわれます。
チャーシュー丼もボリューミーで満足満足(^^)。
美味しくいただいてごちそうさまでした。
歩いて帰ります♪


この記事に

イメージ 1

オープンした翌日訪問も結構な行列で、あきらめて再チャレンジ。
平日のお昼、お邪魔しました。

「元祖会津中華そば べこ めでたいや」があった場所ですね。
ご主人は池袋の人気店「桑ばら」出身なのだそう。




イメージ 2

イメージ 3

興味のあるメニューは色々あるんですが、オープンしたててまだ手が回らない様子。
なので券売機の基本の「らぁめん 750円」のボタンをポチ。
ショウガの風味が優しく漂います。なるほど、店名に謳った長岡ラーメンですね(^^)。
同じ長岡ラーメンの青島食堂よりスッキリした印象。
ちょっとしょっぱいのはブレのうちかな?と思ったのですがどうやらこのしょっぱいのが「安ざわ食堂」の味わいなのだそう。

チャーシューが美味しかったので、次はチャーシューめんに親父の新潟こしひかりも頼んでみようっと(^^)。

この記事に

イメージ 1

日曜日、久しぶりの自転車麺活です(^^)。
最初に目指したのは上板橋の新店「安ざわ食堂」。
ところが開店10分後にもかかわらず外には20数人の行列が!
これはまずいということで急遽第二の目標店に変更して成増に向かいます。
ほぼ12時に「麺屋 はるか」さん到着。
この「はるか」さんは台湾まぜそばの人気店「麺屋 はなび」さんの姉妹店なのだとか。




イメージ 2

券売機で「台湾まぜそば 850円」と「小ライス 100円」のボタンをポチ。
ニンニクの有無を聞かれますがニンニクは必須ですねー(^^)。



イメージ 3

まぜまぜまぜまぜ…
極太の縮れのあるムッチリした麺をズゾゾ!とすすってああ幸せ。
パンチのある肉味噌いい仕事をしています。
ただどうしても最後にこの餡があまるのですね。
そこで追い飯のつもりで小ライスを注文したのですが、なんと店内の張り紙に追い飯のサービスが!ガーン!
レンゲ1.5杯分の量らしいのですが、そういう大事なことは券売機の脇にでもデカく貼っておいてくださいよ(^^;
ってなわけで、追い飯も美味しくいただきごちそうさまでした。

帰ろうかなーと思ったけど、もう一軒、高円寺の「Xing fu」さんまで自転車を飛ばしたのでありました。

この記事に

らあめん 元@蓮根

イメージ 1

なんと9年ぶりの訪問(^^;
2009年にオープンしたときに取材とプライベートでラーメンを楽しんでいます。
自転車で30分ほどですが、つい懐かしいと思ってしまいました。
土曜日のお昼、ほぼ満席で僕のために1席だけ空いていました。
相変わらずの人気店です。



イメージ 2

今回の訪問はSNS上でこの限定ラーメンの存在を知ってしまったから。
「背脂パンチ塩豚骨」!
「元」といえばスッキリした味わいの「塩ラーメン」というイメージなので「背脂パンチ」という表現にワクワクしてしまいました。



イメージ 3

イメージ 4

背脂パンチ塩豚骨 800円

背脂の甘味とトンコツのコクを塩でまとめられていて、これが旨い!
しなやかな麺ものど越しがいいですねぇ(^^)
メニューに「担々麺」を発見。定番の「塩」もいいですが変化球も楽しんでみたいと思いました。
美味しくいただいてごちそうさまでした。
自転車で帰りま〜す(^^)。


この記事に

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事