ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫板橋区のお店

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

麺や・河野@下赤塚

イメージ 1

ランチラーメンウォーキングです。
この日は昨年の夏、中村橋から下赤塚へ移転した「麺や 河野」さんへ。
移転後初です。
氷川台駅。平和台駅、と住宅街の中のほとんど一本道を「テクテクテクテク」をやりながらてくてく(^^)。
開店時間より10分早く到着。図らずもPPゲット。

中村橋時代は狭い小さな店で、ご主人一人で切盛りされてましたが、こちらは広くてゆったりの店構え。女性店員さんがテキパキ動いてます。
あっという間に満席になりました。



イメージ 2

イメージ 3

券売機の「醤油ちゃーしゅー麺 1110円」のボタンをポチ。
麺は「小」「中」「大」から選べるので迷わず「大」をお願いしました。
極太平打ち縮れ麺は健在。七彩出身の方のお店は間違いなく麺が旨い(^^)。こちらも出色の出来。
いわゆる喜多方系とでも申しましょうか。
細いメンマがコリコリと泣かせます。
このメンマの出来だけでも充分レベルの高さが分かりますねぇ♪

楽しみにしていたチャーシュー!
分厚くシットリと柔らかく、食べ応えは十分。

そういやつけ麺や油そばも食べてみたいですね。
美味しくいただいてごちそうさまでした。
お腹一杯になってウォーキングで腹ごなしです(^^)。

この記事に

イメージ 1

昨年末、東上線の大山に「吉田のうどん」のお店ができたと聞いてうどんランチウォーキングです(^^v。
「吉田のうどん」とは山梨県の富士吉田近辺のご当地うどんです。
その特徴は「硬い!」こと。
日本一硬いうどん!として有名なのです。
武蔵野うどんでもかなり硬いうどんの場合があるので、その辺りを想像してもらえれば分かりやすいかな?(^^)
こちらのお店「月見里」と書いてなんと「やまなし」と読むそうです。なんとも洒落てますね。



イメージ 2

昔、沼袋の居酒屋がランチで吉田のうどんを出していたことがあり、それを一度食べたことがあります。




イメージ 3

イメージ 4

平日のお昼、けっこう賑わってる店内。
メニューを見ながら「かけ肉キャベツ 700円」+「きんぴら 150円」をオーダー。
キャベツが乗るのが特徴のようです。
面白そうなのできんぴらをトッピングしてみました。
まさに極太の荒々しい麺が顔をだしました(^^)。
すするのも難しい感じで、ワシワシと噛みしめいただきます。
こちらの場合はまさに武蔵野うどんのようなのど越しとコシ。
出汁にはそれほどの特徴はなく節系と醤油のオーソドックスなもの。キンピラの甘辛い味が溶け込んで食欲をそそりますねぇ♪
ボリュームは少し足りない感じ。
次は大盛りだな。
この「吉田のうどん」は「吉田うどん」ではなくて「吉田のうどん」なんですね。
なぜなんだろう?と思いながら美味しくいただいてごちそうさまでした。歩いて帰りま〜す。(^^)

この記事に

佐野麺屋@大山

イメージ 1

大山に「吉田のうどん」のお店がオープンしたときいて、時間が取れたのでウォーキングがてらやってまいりました。
大山商店街を歩いていると…ん?
「佐野麺屋」?
こんなラーメン屋あったっけ?
早速「食べログ」で探してみると載ってない。
ならば「ラーメンデータベース」で探してみるとこれも空振り。
これは入ってみるしかないでしょー!




イメージ 2

イメージ 3

佐野というからには「佐野ラーメン」のお店か?と券売機を見ると、お店お薦めの左上を見ればあにはからんや「濃厚豚骨ラーメン  750円」の文字が。
というわけで「濃厚豚骨ラーメン」をオーダー。

トロリとポタージュのような濃厚なスープ。
旨いじゃありませんか(^^)。
麺は加水低目のストレート麺。
コリコリとキクラゲの食感がまた楽しい。
チャーシューがデカくて厚い。
途中卓上の高菜を乗せると、ピリッと刺激がクセになる。
中々美味しいじゃないですか(^^)。
ライスに高菜を山盛りにしてチャーシューをおかずにモリモリ食べたいと思いました。

ただお昼時にもかかわらず客は僕一人。
ややご年配のご主人が一人厨房、あと若い男性がいましたがバイトさんなのかご子息なのか。
壁にはたくさんの日本酒や焼酎が置いてありました。
夜は一杯やれるお店なのかもしれません。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

2019年01月17日現在、食べログ、ラーメンデータベースの両方に載ってませんがRettyに1件の記事発見。
どうやら昨年12月の上旬にプレオープンし、中旬に開店したようです。

この記事に

イメージ 1

年末のラーメンランチウオーキングです。
この日は背脂を補給しに「安ざわ食堂」さんへやってまいりました(^^)。
「安ざわ食堂」さんではご主人の出身地、新潟のご当地ラーメンが食べられます。
以前は長岡のショウガの効いたラーメンをいただきました。



イメージ 2

イメージ 3

券売機の「燕三条系煮干し背脂らぁめん 900円」と「味玉 100円」のボタンをポチ。麺の大盛り無料です(^^v。
ツルツルの平打ち麺と甘い背脂が優しく癒してくれます♪
煮干しが効いて旨いですね〜(^^)。
けっこうなボリュームで食べ応えがあります。

ラーメン発見伝で新潟のラーメンを紹介したころは誰も新潟4大ラーメンのことなど知らなくて、ラーメン王が「早すぎましたかね…」などと心配していたのですが、今や「新潟7大ラーメン」とかいわれてブーム花盛りです。

美味しくいただいてごちそうさまでした。
歩いてかえりま〜す(^^)。

この記事に

寿製麺 よしかわ@西台

イメージ 1

埼玉の人気ラーメン店が都内初進出!
ということでラーメンランチウォーキングです。
11時開店の少し過ぎた時刻に到着。二人の待ちあり。
ほどなく店内に案内されました。



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

券売機の「濃厚ぶりつけそば 900円」と「チャーシュー丼 430円」のボタンをポチ。
煮干しのラーメンは味の想像ができるので、食べたことのない「ぶりつけそば」を選択してみました。
つけ汁の見た目がセメントなので煮干しっぽさをイメージしてしまいますが、意外と濃厚で荒々しい魚を感じますよ!
なんか男らしい(笑)。
そのせいかどうか、途中で口飽きしてしまうかな。
そのためか器の上には柚子、スダチ、ワサビ等の味変グッズが添えられてますね(^^)。
なるほど、考えられてます。
全粒粉っぽい茶色の麺はコシが抜群。
美味しくいただいてスープ割りをお願いするとこれが「驚愕!」の一杯。
スープ割りの中にはチャーシューの切れ端が入って来ます。
それも2~3枚のアイサツ程度ではなく、これでもか!というほど大量に(^^;
これでけっこうお腹がふくれますが、肉がそびえたつチャーシュー丼があります。
これ、一見タワーのように見せて中はスカスカという経験しかありませんが、こちらのチャーシュー丼は低温調理された美味しい肉がギッシリ詰まってます!
食べても食べてもチャーシューがなくなりません(@@;。
涙目になりながら完食。
チャーシュー丼の注文は要注意です(笑)。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

お腹に余裕があったら「二郎」でも…と思っていましたが無理!
テクテク歩いて帰りま〜す。

この記事に

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事