ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫新宿区のお店

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

少し時間ができたのでランチラーメンサイクリングで高田馬場へ。
気になっていた「ピコピコポン」初訪です。
土曜日、開店5分前に到着で8人の並び。
みんな若い。土地柄か学生風(^^)

開店後ご店主さんが話しかけると慶應の柔道部のみなさんなのだとか。なんかトッピングのサービスとかオーダー取ってますよ。学生さんを応援したいタイプの店主さんなのかもしれません。それで高田馬場に開店したのかな?と推察。





イメージ 2

イメージ 3

券売機でラーメン780円のボタンをポチ。
野菜ニンニクのコール。

いわゆる二郎インスパイアのラーメン。
G系好きの間ではすでに高評価されてるんです。
ちょいと柔らかめに茹で上げられた野菜が食べやすい。
平打ち中太麺がむっちりと色気たっぷりにしなります。
こりゃたまらんな(^^)。
意外と醤油感のあるスープが麺にまとわりついて華麗なる旨味を放ちます。
うめー!(^^)
また豚のボリュームが半端ない!
ホロホロっと口の中で溶けて行きます。
この肉塊がなんと2つ!嬉しくて震えが止まらない!
あっという間に完食。
ああ、美味しかった(^^)。

若者に交じってオヤジもピコピコポンを堪能させていただきました。

この記事に

からまる@大久保

イメージ 1

大つけ麺博で「焔」を楽しんだあと、お腹にはまだ余裕があったので大久保駅界隈を漁ってみると広島のラーメンを冠したお店を見つけたので入ってみました。
店名が「からまる」。「辛丸」なのか江戸時代の蔦屋のあだ名の「からまる」なのか判然としませんが入店。
新しいお店かと思えば9月で4周年なのですね(^^)。



イメージ 2

広島のご当地ラーメンが色々食べられるようです。
色々悩みましたが久しぶりに「広島流つけ麺 800円」をオーダー。
懐かしい(^^)。
辛さが10から100まで選べるそうで、ここは当然100を選ぶべきでしょうが歳を取って心が弱くなったぼくは30と日和ります(^^;
6年前の広島旅行以来の広島つけ麺。
麺は加水低目の極細のストレート、広島っぽいですねー。
30でもけっこうジワリと汗が吹き出ます。
箸休めのキャベツがいいですねー(^^)ホッとします。
意外とけっこうなボリュームでお腹一杯。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

このあとは東中野までのウォーキング。
ネームの直しが待っています。

この記事に

イメージ 1

昨日10月23日、ネーム直しの合間、再び「大つけ麺博」行ってきました(^^)。クロスバイクで行くつもりでしたが生憎の雨模様。ウォーキングで約1時間と少し、オープンの11時より少し遅れて11時10分頃の到着。目的のお店「焔」はすでに大行列。



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

手際のよさで十数分で「焔」の手打ち麺にありつくことができました。
白山の白河ラーメン「火風鼎(かふうてい)」を取材したのは2010年。そのときお会いした小白井氏は、高校生のころから麺を打っていたという。その麺にかける思いは並々ならぬものがありました。
初めてドンブリの底にサインさせて頂いたのは楽しい思い出です。その後紆余曲折があって那須の地に「焔」をオープン。今や押しも押されぬ人気店になっています。
詳しくはラーメン官僚こと田中一明氏著の「ラーメン超進化論」を参考にしてください。
いつか「焔」に行こうと思っていたのですが、「焔」の方からやってきてくれたのは僥倖(^^)。押っ取り刀で出かけたわけです。

極太の縮れ麺が荒々しく暴れます。麺の存在感がもの凄い。これは絶対本店に行かなくてはっ!と改めて感じ入った次第です。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

帰りは大久保近辺でもう一杯ラーメン食べて東中野まで腹ごなしのウォーキング。ネームのこともあったのであとは急いで大江戸線で帰宅。雨が恨めしい一日でした(^^)。

この記事に

951@新宿

イメージ 1

大久保公園で催されている「大つけ麺博」が混んできたので退散。
そういや近所に最近よくグルメ雑誌で見かけるカレー屋さんがあったと思い出し行ってみることに。
「SPICY CURRY 魯珈」さん到着も大行列(^^;。
最近ブイブイいわせてるだけあります。しかも若い人たちが多いですねぇ。
さすがにこの行列に並ぶ器量はないのですぐそばの「951」さんへお邪魔することにしました。
「らーめん五ノ神製作所」がメニューをリニューアルし屋号も「951」へ変更したお店。




イメージ 2

お勧めは「牛」みたいです。



イメージ 3

なので券売機のお勧めの「牛肉汁つけ麺 750円(並)」のボタンをポチ。
つけ汁の中にはたっぷりの牛肉が入って、もの凄いお得感(^^)。牛特有の柔らかい甘味のスープにコシのある中太麺。
これは旨い!スプーンのトマトジュレは味変用かな。
途中、つけ汁にジュレを溶いてトマトの旨味と酸味を追加。
これはどっかで食べた味になっちゃいますな(^^)。僕はデフォの牛肉汁の味の方が好み。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

クロスバイクでのんびり帰ります。

この記事に

イメージ 1

編集さんにネームの直しを送って返事が帰ってくるまでの時間を使ってのラーメンサイクリングです。
新宿の大久保公園で「つけ麺博」が催されたなと思い出し、行ってみました(^^)。自転車で都内中心部へ行くのは起伏が多くてあまり好きではありませんが。

ちょうどお昼の12時過ぎでしたが、ガラガラですね(^^;
どこのブースも並びがほとんどないので好きなラーメンが食べられます。
券売機で850円の食券を買ってウロウロ。
横浜の「中華蕎麦 時雨」さんに決めました。
ホロホロ鳥のスープのつけ麺というのに惹かれました。



イメージ 2

旨味がわっときます。他の鶏の旨味との違いはあまり分かりませんが、それがホロホロ鳥の力なのかな?
むっちりコシのある麺も美味しいしチャーシューも大ぶりで好感が持てます。
ただいかんせんボリュームが無い。
あっという間に完食。

もう一軒と思ってると、ガラガラだった会場が賑やかになってきました。食券売り場にも行列が出来てます。

850円払って物足りなくなるより近所のラーメン屋でお腹一杯になろうと会場を後にします(^^)。
さて、もい一杯はどこへ行こうかな。
周りには美味しいラーメン屋がいくらでもあるからな♪

この記事に

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事