ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫中野区のお店

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

新井薬師に新しいラーメン店が開店したと聞いて、そそくさとラーメンランチウォーキングです(^^v。
着いてみればラーメンの幟は出てるものの、様子はラーメン屋のそれとは違います。
どうやら夜は焼き鳥屋さんで、ランチタイムにラーメンを始めた模様。
最近こういう二毛作系も増えてきましたね(^^)。



イメージ 4

イメージ 2

イメージ 3

メニューはらーめん(煮干し100%)とアサリらーめん、つけ麺(煮干し100%)、辛味噌らーめんの4種類。
らーめん 780円をオーダーしました。
煮干しはスープ1杯あたり130gの煮干しを使用してるそうで、清湯のルックスながらはっきりと煮干しが来ます!
苦味もえぐみもないスッキリとしたまっとうな煮干し味。
美味いです(^^)。
麺は近所の大成食品。加水低目のストレート麺をしなやかに茹で上げた感じ。
岩のりが面白いですね、ときどきの磯の風味がいいアクセントになります。
チャーシューも肉の旨味がしっかりあって美味しい。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

お腹にまだ余裕があるので、中野駅方面に向かってみますか(^^)。




肉そば NAMIKI@中野

イメージ 1

「貝節麺 raik」をあとにしてクロスバイクでのんびり中野駅方面へ。
ブラブラしてると駅前に新しいお店を発見。
立ち食いそば屋のようです。看板には「肉そば NAMIKI」とあります。
せっかくなので寄ってみましょうか(^^)。



イメージ 2

この日は2月の26日、一週間前の19日にオープンの模様。
開店記念で商品は全て50円引きになってました(^^v。




イメージ 3

イメージ 4

券売機の「肉そば 背脂入り 550円→500円」のボタンをポチ。

背中のリュックを下してカメラを出して撮影準備をしていると、あっという間に肉そば(背脂入り)が出来上がりました。
麺はやわ目の立ち食いそば屋のあれで、それ以上でもそれ以下でもありませんね。
さば節、焼きあご、あじ節、宗田鰹節を使ったという汁は旨味たっぶりでなかなか美味いじゃありませんか(^^)。背脂の甘味が優しい♪。
豚肉も多めで十分楽しめます。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

自転車こいで帰りま〜す♪

イメージ 1

妻が確定申告を郵送して無事終了、僕も「銀平飯科帳 第89話」をアップさせ夫婦で久しぶりに「手打蕎麦 じゆうさん」で祝杯です。
土曜日夕方5時半開店、5時40分ころの入店ですでに6割の席がうまってます(^^)。カウンターに通されました。
その後もお客さんがやってきて、6時前には外に待ちが出来てたようです。相変わらずの人気店。っていうかミシュランに掲載されてたの?


イメージ 2

蕎麦前でゆっくり楽しまさせてもらいます。
手前の蕎麦の実ととろろともずくが合わさった一品、出汁が効いて旨いのなんのって!
豆腐用に付いてきた出汁醤油の美味いこと!
こんなに蕎麦前、充実してたっけ?



イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

実は「じうゆさん」からしばらく足が遠のいていたのは「天ぷら」が無くなったから。
こちらのかき揚げ等を味わいながら、最後せいろで〆るというのが僕ら夫婦の楽しみ方だったんです。
天ぷらの職人が辞めたのか、詳しいことは分かりませんがあるときを境にお品書きから天ぷらが消えました。
とても残念で悲しかったのですが、昨日のせいろを食べた瞬間、その想いは吹っ飛びました(笑)。
美味い!
圧倒的に美味い!
なんじゃこののど越し!
凄味すら感じる蕎麦なんてそうそう食べられませんよ♪
2枚盛りのせいろでお腹一杯。

美味しくいただいてごちそうさまでした(^^)。
自宅から徒歩圏内にこんな蕎麦屋があるなんて、なんて幸せなんでしょ。

ペコバク@野方

イメージ 1

ツイッタ―のTLを眺めていると官僚が「旨い!旨すぎる!」と叫んでいたので訪問してみました。
野方までランチラーメンウォーキングです。
昨年の暮れに出来た油そばの専門店「ペコバク」さん初訪です。
手作り感満載の店内、お酒も飲めるようです。



イメージ 2

イメージ 3

券売機で「コッテリそば 790円」のボタンをポチ。
レンゲ一杯分の追い飯が付いてきます。
極太のムッチリ麺に濃厚なタレが絡まり、のど越しは最高♪
確かにこれなら一杯やりながらのアテに出来そう。
卓上に数種類の薬味が置いてあり、お好みでの味付けも楽しそうですが、ぼくはデフォで十分楽しめました。

ただ真っ黒な器はどうなんでしょうね(^^;
インパクトはあると思いますが、第一印象や食欲をどう刺激するか…
ぼくは白い器のほうが美味しく思えますが。

ただ、味は問題なく、美味しくいただいてごちそうさまでした。
帰りも歩きま〜す(^^v。

漫画家の友人の国友やすゆき氏が亡くなってしまいました。
その告別式が中野の宝仙寺でとり行われました。
ぼくも国友さんにさよならすべく、最後のあいさつに行ってきました。




イメージ 1

その帰り、ちょうどお昼時。
哀しくてもお腹がすきます。
宝仙寺から青梅街道を西へ数分、お目当ての「南ばん亭」が見えてきました(^^)。




イメージ 2

イメージ 3

こちらの店の名前のついた「南ばん麺」が気になっていたんです。
券売機で「南ばん麺 ニラ入り850円」と「半ライス 100円」のボタンをポチ。
食券を渡すとご主人が「辛さは普通で?」と聞きますので、ホントは大辛とかあるならお願いしようかなとか思ったりしたのですが、葬式帰りのブラックスーツに雨まで降りだしてきて湿度も高くなり、流れ出る汗が気になり「普通でお願いします」と日和ります。(^^;
見た目のインパクトよりはかなりサラリとした大人しいスープ。
辛さもそれほででもないです。
プリプリの中華麺に唐辛子が絡みついて威嚇してきますが、それもご愛嬌。それほど辛くありません。(^^)
丸ごとのニンニクがゴロゴロ出てきますよ。
ニラの食感がアクセントになっていい仕事をしますね。
麺が終わったらご飯を投入して即席おじや。

最後の一滴まで美味しくいただいてごちそうさま。
降る雨の中、傘をさして歩いて帰りまーす(^^)。

国友さーん、さよーなら(TT)

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事