ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫杉並区のお店

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ピンギリ@荻窪

イメージ 1

「迂直」のあと向かったのは環八沿いの「ピンギリ」です。
オープンは2011年の5月。行こう行こうと思いながら初訪になります。(^^;
到着時5人の待ちがありましたがほどなく入店できました。



イメージ 2

イメージ 3

こちらでは千葉のご当地ラーメン「勝浦タンタン麺」が食べられます。850円。
行列に並んで冷えた身体を温めるにはこれが一番!
なんでも漁から帰って来た漁師たちの冷え切った身体を温めるために生まれたとも聞きます。
真っ赤なラー油が一面を覆い見た目のインパクトは絶大(^^)。
辛さのあとに花椒の痺れが追い打ちをかけます。
麺は少しゴワついた玉子麺。
刻んだタマネギと挽き肉がこれでもか!と入っており、食べきるのは至難の業(笑)。
なのでランチ時にはライスが無料サービス。ごはんにこの具を山ほどかけて掻き込めば至福の時が味わえるでしょう♪
ただ見た目ほど辛さはなくジンワリ汗をかく程度。
こりゃはまる人ははまるだろうな。
みなさん顔を上気させてお店を出ていきます。

お腹一杯、美味しくいただいてごちそうさまでした。
テクテクテクテクを起動させてクロスバイクでのんびり帰ります。

この記事に

迂直@荻窪

イメージ 1

やばいぞ!やばいぞ!やばいぞ!
超ウルトラやばい麺だぞ!

昨日2月8日、11時45分ころクロスバイクで到着。
店の前には4人の客が座って待っており、店の前に自転車を停め「どっちが最後尾ですか?」と尋ねるも「ここに自転車置くと怒られますよー」とか「行列はここからずっと先です」と指を差され「ハテ?」と自転車で行くと70mほど先に8人の行列があるではありませんか!?
自転車を近所に停めて行列に並びます(^^;
しばらくするとお店の若いお兄ちゃんがやって来て「先頭のお二人、どうぞ」と促されてます。
へー、こういうシステムか…(^^)



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ほどなく店内で券売機で「鰹昆布出汁 大盛・醤油つけ麺 980円」と「肉増し 180円」のボタンをポチ。
並び始めてからつけ麺が出てくるまでおよそ1時間。

見て驚愕!なんだこの美人さんは!
極細の平打ちストレート麺、キラキラ輝く色白細面の和服の似合う美人さんが僕の目の前に佇んでいます(笑)。
昆布水をまとったその肌をつまみあげるとしなやかに揺れ、なんと恥ずかしそうに頬を染めるではありませんか!
もう、この麺は変態です!

鰹昆布出汁はかなりアッサリですが上手に醤油でまとめ上げられてます。蕎麦か!?
チャーシューも低温調理ながら香ばしく美味い!
あっという間に食べてしまいましたが、アッサリな分単調で後半口飽きしますか(^^)。残り4分の1ほどのところで卓上に唯一あった一味唐辛子を入れてみました。
うん、鮮烈さがよみがえってまた楽しめました。

僕の隣りの男性は特製の大盛りを食べていましたが、途中よりペースダウン。かなり持て余し気味。やはり口飽きしたのかなぁと思ってしまいました。
僕はこの麺なら生醤油でも食べられますけどね。大好きな麺です。

美味しくいただいてどちそうさまでした。
せっかくなのでもう一軒行きますか(^^)。

この記事に

イメージ 1

12月1日オープンの高円寺の新店、「六九麺」さんにラーメンランチウォーキングです。
六九麺は「ろっくめん」と読むようです。
店頭の看板には青森シャモロック、山形さくらんぼ鶏、大山地鶏の文字が踊る。
開店10分前に到着。図らずもPPゲット。
券売機の「醤油らぁ麺と鶏たまごはん 980円」のボタンをポチ。
食券を渡すとプラス100円で鶏たまごはんにチャーシューを乗せられますとのこと。
お願いしました(^^)。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

キラキラ輝く見た目にも美味しそうなルックス。
ひと口すすれば「おおおおっ!」と思わず感嘆の雄叫びが!
ちょいと旨いぞ、このスープ!
鶏の旨味にグルタミン酸とグアニル酸の旨味成分が深みを与え、とにかく美味い!
加水高めの細ストレート麺がこれまた好み(^^)。
バカの一つ覚えのように加水低目のぼそぼその不味い麺を使用しないところがまた憎い。
この麺は大正解!
ここ最近食べたラーメンの中でも頭抜けて美味い!
鶏たまごはんは地鶏の生玉子に鶏節がかかってます。
鶏節は話に聞いていましたが食べるのは初めて。
卓上の特製醤油をかけてこれまた美味い!
さらに卓上の山椒油を加えればスパイシーさで美味さ大爆発!
満足感一杯になってお店をあとにしたのでありました。

てくてく歩いて帰りま〜す(^^)。

この記事に

イメージ 1

あの伝説のラーメン店「なんでんかんでん」が帰ってきました。
環七の大行列店、環七に渋滞まで引き起こしたという伝説のラーメン店です。
ただ機会が無くぼくは食べたことが無かったのですが。
場所は高円寺。さあ、ランチラーメンウォーキングです(^^)。

11時開店とのことで11時45分ごろ到着すれば、まだ店が開いていません。仕込みが遅れて12時開店との張り紙が(^^;。

15分ほど待って開店、入店です。



イメージ 2

イメージ 3

若いスタッフが数名で店を回していました。
3バカラーメン 1070円をオーダー。
玉子、のり、ネギがばかみたいに乗ってお得なようです。
麺は「やわらかめ」でお願いしました。

のりには「しくじり先生」とプリントされてます。
そういや店主の川原さんはTV番組の「しくじり先生」に出演して失敗談を語っておられましたね。

なるほど、正統派のトンコツラーメン。
豚骨の臭みもなくサラリとしてなかなか美味しい。
いわゆる往年のトンコツラーメンですが、当時はまだ珍しかったのかもしれません。
今ではどこでも食べられますからね。
ただ「やわらかめ」でオーダーした麺がどうにも硬い。
これじゃバリカタだろ?
はっきりいってボソッとした食感は苦手。




イメージ 4

麺量が少ないので「かえ玉 150円」をオーダー。
こちらもしっかりと「やわらかめ」とお願いしたのですが、やってきた麺はどう食べても「バリカタ」。
やわらかめができないなら最初から聞かなければいいのに。

ちょいと不満を残しながら退店。

ふと店のわきの道をのぞくと大行列ができていました。
びっくりして帰りも歩きます(^^)。

この記事に

中華そば JAC@高円寺

イメージ 1

この日日曜日、猛烈な暑さの中のラーメンサイクリングです。
阿佐ヶ谷の担々麺の新店に振られ、さして当てもなく高円寺方面へフラフラやってきて思い出したのが「中華そば JAC」。
徳島ラーメンのお店です。



イメージ 2

イメージ 3

中華そば大盛700円

並も大盛りも同じ値段でうれしいですね(^^)。
久しぶりのJACのラーメンです。
ガツンと塩分が来ます!
加水低目のモソッとした細ストレート麺をズルズルとすすり込みます。濃厚なトンコツに鶏ガラも炊いてあるのだそう。
豚バラをほお張ればどうしてもごはんが欲しくなりますね。
ライスを頼まなかったのは大失敗。
途中生卵を割り入れ、まろやかに味変(^^)。
大量の汗をかいて抜け出たミネラルを一気に回収(笑)。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

クロスバイクでとろとろ帰ります。

この記事に

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事