ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫渋谷区のお店

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

イメージ 1

今年初の自転車麺活です(^^)。
クロスバイクで35分、去年振られた「名前のない中華そば屋@幡ヶ谷」初訪です。
去年来たときは厨房の工事中でした。




イメージ 2

イメージ 3

中華そば 780円
東池袋大勝軒で修業されたという節の効いた一杯。
チャーシューが思いのほか大きくてぶ厚い(@@;
麺は硬めの茹であがりで、個人的には食べ進めてスープを吸ってシットリにゅるんとなった麺の方が好みかな。
全体的にけっこうなボリュームでCP的にはすぐれてるのだと思う。
ただ領収書をお願いしても出してくれないので印象悪し!

クロスバイクを購入してちょうど1年です。
帰りに金色不如帰を覗いてみたら「山形のイベントに出るのでお休み」との張り紙。
連食止めて自転車でのんびり帰ります。

この記事に

麺恋処 いそじ@代々木

イメージ 1

「冷やし中華」が評判になってるので訪問してみました。
代々木駅からすぐの住宅街「麺恋処 いそじ」。
ブログで確認するとなんと9年ぶり(^^;。
土曜日の「㐂九家」のことがあって自転車に乗る気力は無し、大江戸線一本で到着。帰りは歩けるところまでという思いで到着です。
到着時外待ち4人、10分ほどで店内へ。
写真は食べ終えて撮った一枚。店内に6~7人待ち。




イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

冷やし中華 940円

提供前にからし付けますか?と聞かれます。
キンキンに冷やされたドンブリに盛られて登場。
太いストレート麺もきっちり冷やされています。
ルックスは一般の冷やし中華とは違いますね(^^)。

飾り包丁の入ったキュウリ、海苔、トマト、ヤングコーン、ワカメ、大葉、カイワレ、味付け玉子、メンマにチャーシューと具沢山。さらに凍ったタレが乗っていました。

はたしてこれは「冷やし中華」の範疇なのか?「冷やし麺」と呼んだ方が馴染むのでは?と思いながらすすります。

どこか遠くに酸味がありますね。
これは「冷やし中華」でいいのかな(^^)。
太い麺が餡に絡んで旨いですねー。
あの中途半端な生温い感じは無し、これは高得点、評判になるわけです。




イメージ 5

スープ割りができるということでお願いしました。
残った餡をスープで割って登場。
これはつけ麺の味ですね。より酸味がハッキリしてきました。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

この記事に

蕎麦 ちばから@渋谷

イメージ 1

クロスバイクでランチサイクリングです。
この日は渋谷まで行ってみました。
自宅から55分、1時間かかりませんね(^^)
目的場所は「ちばから」、港屋のインスパイアのお店です。




イメージ 2

港屋といえばラー油たっぷりのつけ汁で蕎麦を食べさせるボリューミーなお店。
このメニューに加えて「ちばから」では「あぶら蕎麦」のメニューが増えたとラーメン官僚こと田中一明氏の記事がFBにあったので、興味を持っての訪問です(^^)。





イメージ 3

あぶら蕎麦 800円

右奥に見えるのはニンニクの小皿です。



イメージ 4

まぜまぜ、まぜまぜ…

超極太の蕎麦にコクのある醤油タレが絡みつきます。
ずぞぞぞと啜り上げて胃の腑に落ちる満足感。
途中で採り放題の無料の生卵を加えてまろやかさアップ。
こりゃぁうめーや!


イメージ 5

蕎麦を食べ終えたら、残った具とタレにこれまた無料の飯を追加です。
これで満腹にならないはずがない(^^)。
お腹一杯でごちそうさまでした。





イメージ 6

土曜日のランチ時、先客一人後客一人と寂しい感じでしたが隣の「海老昌」はごらんの大行列。
僕だったら迷わず「ちばから」ですけどね(^^)




イメージ 7

帰りに代々木公園を覗くと「ふるさとの食 にっぽんの食」というイベント開催中。
お腹一杯だったけど「上州太田の焼きそば」食って、山形のおみ漬けと秋田の黒ニンニク味噌と大分のカボス汁買ってきました。
大満足の土曜日でした(^^)

この記事に

イメージ 1

先日アップした「ウメノキスズメ」をあとにして「ホープ軒」に向かいます。
ズッと訪問したいと思っていたのですが中々機会がありませんでした。
途中右手に見覚えのある建物が見えてきました。
「将棋会館」です。初めての道なのに見覚えがあるのは漫画「月下の棋士」のせいでしょうか(笑)。
およそ10分で到着です。




イメージ 2

店頭の券売機でラーメン750円の券を買ってカウンターに置くだけ。
立ち食いなんですね。ふと環七にあった「土佐っ子」を思い出しました。
カウンターにあるネギは取り放題。
背脂の浮いたラーメンの上に多めに載せます。
中太のストレート麺は短いですね。
スルスルっと身体の中に納まります。
一昔前だったら脂でギトギトのラーメンの代表でしたが、他に濃厚なラーメンが増えた今は逆に身体に優しいラーメンに感じてしまいます(笑)。
さすがにここは男の牙城だろうと啜っていると自転車に乗った主婦らしき女性が普通に入って来ました。もう男の牙城など無いのかもしれません。
ごちそうさまでした。




イメージ 3

ついでに目の前の工事中の国立競技場はこんな感じです(^^)。

この記事に

イメージ 1

あけましておめでとうございます。
今年もダラダラととりとめのないブログを続けたいと思います。
今年最初の記事は「ウメノキスズメ@北参道」さんです。
店名じゃ何のお店か分かりませんが、ラーメン屋さんです。
最寄駅は北参道駅。山手通り沿いのビルの地下にあります。




イメージ 2

海老ワンタンそば 850円

寒い外から店内に入るとメガネが曇ってしまいました(^^)。
当然カメラのレンズもご覧の通り。
なかなか曇りが取れないので急きょスマホで撮影です。



イメージ 3

スッキリしましたね(^^)。
動物系の食材は一切使用していないのだそうです。
香川県伊吹産のイリコ等で採ったスープに加水低目の麺。
チャーシューは無く、海老のワンタンのみ。
煮干しと醤油のみのスープはまるで日本蕎麦の汁のよう。
蕎麦の汁に中華麺を合わせたラーメンがありましたね、山形県は天童市を中心にした地ラーメン「鶏中華」です。
ただ「鶏中華」の場合、汁はカツオ節が中心で麺も加水の高い縮れ麺。チャーシューなどの動物系も使っているのでウメノキスズメさんのラーメンとは趣が違います。

加水が低いといっても僕が嫌いなバリバリに硬い麺ではなく、何となくしなやかさも残してありのど越しもソフト。
プリプリのワンタンで口直し、なかなか美味しいです(^^)。



イメージ 4

プラス150円で「その日のお魚ごはん」がいただけます。
はい、見事に曇ってます(笑)。




イメージ 5

この日はシジミの炊き込みごはんでした。
シジミの炊き込みごはんというと「深川めし」を思い出しますね。
美味しくいただいて、ごちそうさまでした。


さてもう一軒、近所に行きたかったお店があるんです。
徒歩10分ほどのようです。

この記事に

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事