ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫神奈川のお店

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ラーメン博物館その2です(^^)。
「名島亭」
博多のトンコツラーメンの有名店なのだとか。博多取材のときも全く知らなかったお店です(^^;。
麺の硬さを聞かれたのでもちろん「やわ」で。極細麺がそうめんのようなのど越しになってこれまた旨い!
ただ妻はスープからわずかに漂う獣臭がダメなようで、ミニにもかかわらず残してました。僕はこの程度なら全然大丈夫なんですが…




イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

「カーザ ルカ」「無垢」
イタリア人によるミラノトンコツとドイツでヒットしたという濃厚トンコツ。妻はこの二つはパスして「支那そばや」へ。
ミラノにはチーズをトッピング、ドイツは超濃厚トンコツ。こんな濃いトンコツをドイツ人が好むんだ!?という驚き。
ごちそうさまでした。
ミニを5杯というのは満足感が無いですねー。僕の好みとしては普通に2杯食べてミニを1杯、という方が性に合ってるな(^^)。

しかし、13年前と違うのは外人の数。7割くらいがアジア系欧米系のお客さんで一杯でした。
ああ、楽しかった(^^)。

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

9月の妻の誕生日のお祝いをどうしようかと妻に相談したところ、「ラーメン博物館」に行きたいとの返答。
というわけで日程をやりくりして先日13年ぶりにラーメン博物館デートです(^^)。
平日のお昼、お腹をペコペコに減らして訪問です。
2017年版の「ラーメンWalker」に付いていたラー博年間フリーパス引換券で入場料はただです(^^v。




イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

まずは「二代目げんこつ屋」。
確か新高円寺の青梅街道沿いにあったと記憶しています。隣がモスが運営するちりめん亭で、けっこうなチェーン展開していたようですね。いつの間にやら潰れていたとは(^^;。
その復刻の一杯がラー博で食べられるとは感激です!
まろやかでコクのあるスープに注文ごとに切り出される中太の多加水麺。懐かしくいただきました(^^)。



イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

「すみれ」
「ラーメン発見伝」のときの札幌取材時に、一人タクシー飛ばして行ったなー。ラーメン一杯食うためにタクシー飛ばすって大人!? とか感じ入ったことを思い出しました(^^;。
当時この味が味噌の最先端って感じがしたなー。

この記事に

自家製麺SHIN@反町

イメージ 1
 
久々に神奈川のラーメン食べ歩きです。
昨日のこどもの日、東横線の反町へ。初めて降り立ちます。
4月上旬オープンの「自家製麺SHIN」さんへお邪魔しました。
 
最近ではラーメン界でも女性店主が珍しくなくなりましたが、
こちらのお店のご主人も女性。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
汁なし担々麺 750円
 
女将さんのお勧めです。
2年前に胃潰瘍を患っているので、辛さ控えめで早速お願いしました。
 
歯切れのよい加水低めのストレート麺にピリ辛が絡んで美味い。
夢中で食べて、麺アップを撮るのを忘れてしまいました(^^;。
麺を食べ終わったあとに、残った具にライスを足してもらって食べるのもよし。お腹一杯です。ごちそうさまでした。
今度は汁麺を食べに来ます。
 
 
 
 
神奈川県横浜市神奈川区反町1−3−8
11:30〜14:30
18:00〜21:00 火曜は夜営業なし
水定休
 

この記事に

開くトラックバック(1)

イメージ 1
 
昨日に続いての新東名高速のSAです。
この日の取材最後のラーメン。
すっかり日も暮れてしまいました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
こちらはあのラーメンの鬼、佐野実氏プロデュースのお店。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
塩らぁ麺
 
 
 
 
イメージ 4
 
醤油らぁ麺
 
 
 
 
鮪だしの旨味と赤鶏系統の鶏の旨味が溢れたスープ。
小麦の風味が活きたストレート細麺。
繊細な淡麗スープラーメンが楽しめます♪
 
 
どうやらこちらの店が昨今の高速ラーメン、
レベルアップの先駆けになったようですね。

この記事に

丹行味素@北新横浜

「らーめん最前線」です。
7月6日取材、久しぶりに神奈川です。
 
 
東陽町の「来来軒」で
タンメンの魅力にハマってしまったというご主人が4月に始めたお店、
話題の「丹行味素」にやってきました。
 
 
 
 
イメージ 1
 
かなり怪しげな場所にそのお店はありました。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
ご主人の他、
自らラオタと称するお店のファンの女性客2人も出迎えてくれました。
 
内装は全てご主人の手作りだそうです。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
焦がし味噌麺 750円
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
イメージ 5
野菜タン麺 750円
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
焦がし味噌つけ麺 850円
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
冷冷タン麺 850円
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
丸鶏を圧力鍋で煮込んだスープと、
昆布・アゴ節・ホタテなどで取った魚介系ダシをブレンド。
ほとんど無化調で、
一般的なタンメンよりはスッキリした味わいでした。
 
麺は京都の製麺所。
ラーメン業界に詳しくなくて、
ネットで探して気に入ったそうです。
 
たっぷりな野菜でかなりボリューミー♪
 
冷冷タン麺は奇想天外な一品!
見た目よりは食べるときにインパクトあり。
 
それぞれご主人の創意工夫を感じるタンメンでした。
 
 
 
 
 
神奈川県横浜市港北区北新横浜2−5−13
11:30〜14:00
土日祝11:30〜14:00
18:00〜20:00
金定休
 
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(1)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事