ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫目黒区のお店

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

俺式@目黒

イメージ 1
 
ラーメンの食べ歩きには厳しい季節になってきましたね。
昨日の東京は気温35℃を超え、今年の最高気温の真夏日でした。
 
そんな中、ラーメン食べ歩き盟友のKKCさんがふられたお店に、
敵討ちに向うべく出かけてきました。
 
「土佐の男が作ったとんこつらーめん 俺式」です。
 
6月10日にオープンしたばかり。
店名の土佐の男とは「せたが屋グループ」の総帥、
前島氏のことのようです。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
ラーメン 680円
 
濃厚な博多のラーメンといった趣で、
臭みは一切無し。
 
 
 
イメージ 3
 
そうめんと見まがうほどの細麺。
それでもしっかりコシがあって美味しいです。
 
 
 
 
イメージ 4
 
まだまだ余裕で食べられそうなので
「替え玉(120円)」をお願いしました。
 
 
 
 
イメージ 5
 
実はこちらのお店、何が俺式なのかといえば、
替え玉の新しい食べ方を提案しているのです。
 
卓上に鎮座ましますこちらの食べ放題のラー油。
これを……
 
 
 
 
イメージ 6
 
替え玉の上に乗っけまして…
 
 
 
 
イメージ 7
 
グジャグジャっとかき混ぜて、
油そば風にいただきます。
 
そんなに辛くないので、
3〜4杯分のラー油をまぜてこんな感じです。
塩分の補強はラーメンのたれで。
 
なかなか面白いアイディアですね。
 
お腹もふくれて幸せな気分で店をあとにするのでありました。
ごちそうさまでした。
 
 
 
東京都目黒区下目黒3−4−6
11:30〜15:30
17:30〜22:30
無休

開くトラックバック(1)

麺処 びぎ屋@学芸大学

イメージ 1
 
麺処 びぎ屋@学芸大学
「なわて http://blogs.yahoo.co.jp/hitoetann/61608505.html」から歩くこと10分あまり、
学芸大学の賑やかな商店街の中にありました。
 
こちらも「なわて」同様2009年7月オープン。
 
老若男女のお客さんで賑わってます。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
醤油らーめん 700円
 
鶏と魚介のバランスが秀逸ですねー。
特に突出したインパクトはありませんが、
とても丁寧な仕上がりを感じます。
 
加水率低目の麺。
 
僕はどうしても加水率が高い方が好みですな
これは好みの問題ですので。
 
 
 
ごちそうさまでした。
 
 
東京都目黒区鷹番2−4−9
11:30〜15:00
18:00〜スープ切れまで
不定休
 
このあと店を出るとポツリポツリと雨が。
コンビニで傘を買って自宅まで歩いて帰るのでした。
目黒駅からラーメン店2店舗回って約17km

開くトラックバック(2)

イメージ 1
 
らーめん つけめん なわて@武蔵小山
2009年7月オープン
塩ラーメン専門店。
濃厚豚骨魚介のつけ麺に辟易しているので、
塩味のつけ麺を求めて訪問してみました。
 
ご主人はせたがやグループ出身らしいです。
 
 
最寄り駅は武蔵小山ですが、
目黒駅から歩いてみました
 
暑さと湿気でベトベトです
エアコンの効いた店内に助けられました。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
つけめん 750円
平打ち麺、最近多いでしすね。
ピシッと塩が効いてます
塩分と旨味のバランスがいいですねー。
つけ汁とよく絡んでツルツルとのど越しがいいです♪
 
あっと言う間に完食。
 
四種類の塩を駆使した塩ダレだそうです。
 
ごちそうさまでした。
 
 
こちら東京都の南部方面にはなかなか来ることがないので、
もう一軒連食です
 
 
東京都目黒区目黒本町3−3−12
11:00〜14:30
18:00〜21:15

開くトラックバック(2)

千里眼@東北沢

らーめん最前線です。

千里眼@東北沢

イメージ 1

11月1日オープンの二郎インスパイアのお店。

最寄り駅は小田急の東北沢で徒歩5分ですが、
井の頭線の駒場東大前からも徒歩8分です。

ゴチャゴチャ能書きをたれるよりは、
見ていただきましょう!









ドーン!
イメージ 2









ドーン!
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この迫力!
見てウットリ…
この見事なお姿にホレボレです♪





麺は「浅草開化楼」の切り歯12番の超極太麺!
大盛りだと400gになります^^。
イメージ 6





石神氏がベタ誉めのトンコツスープ。
他の二郎系とは一線を画すレベルと王様のお墨付き。
イメージ 7




野菜は注文ごとに茹でるので、
シャキシャキで美味!
野菜にかけられたアブラとカラメのタレが美味しくて、
山盛りの野菜をもりもり食べられます♪

分厚いチャーシューも美味しいですよー♪
ガブリとほお張ってください。





しかし、量が量なので…
惨敗でした^^;
イメージ 8






東京都目黒区駒場4−6−8
平日
11:30〜14:30
17:00〜22:00
日祝
11:30〜14:30
17:00〜21:00
月定休

藤巻激城@中目黒

赤(朝日が昇る情熱の海)

イメージ 1

初めてのお客は、
この赤から食べなければならないという、
この店の基本のトムヤムラーメン!


骨ごとミンチにした丸鶏、豚スネ肉、干しエビ、干し貝柱を主体としたスープ。
いわゆるフランス料理のコンソメスープの取り方と一緒だそうです。

スープは金をかければかけるほど美味しくなる!というご主人。
確かにその通りですねー^^。


タレはペースト状。
味噌、ナンクリッパオ(バーベキューソース)、日本酒、白胡麻、ショウガ、ニンニク、ハーブ、固形コンソメ、
唐辛子、鶏脂、みりん、レモン汁等々、教えていただけた範囲です^^。


プルプルした中太麺。











白(太陽を浴びた珊瑚の海)

イメージ 2

基本の「赤」にココナッツをプラスした白。








黒(月明かりの無い漆黒の海)

イメージ 3

「赤」に黒胡麻をプラスして黒。




全て3000円。

一杯3000円のラーメンを600円のラーメンのように、
ズズッとすすって「ごちそうさま」と言ってポンと払って席を立つ…
というカッコよさ、そういう男のカッコつけられるお店とご主人。

さらに女性同伴であれば、なおさらです。

確かにそういうコンセプトのお店が一軒あってもいいですね^^。

完全予約制にしたのも、
行列でお客を並ばせないようにしたとのことでした。






イメージ 4

イメージ 5

シメには、タイ米ごはんが出され、残ったスープをかけて、お茶漬け風に楽しみます。

一杯にタイ料理のフルコースを込めたようなラーメン、という石神氏。
具の一つ一つもレベルが高く丁寧な作りでした。




イメージ 6

「色んなサプライズを含め、こんなお店は空前絶後。ラーメン好きなら、一度は訪れてほしい!!」
そんな王様でした^^。







東京都目黒区上目黒3-36-28地下一階
03-3792-7743
(昼)12:00〜15:00
(夜)18:00〜21:00 ※完全予約制
定休日 水曜日、年末年始

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事