ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫青森「津軽ラーメン」

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

山忠@弘前

イメージ 1

イメージ 2

しばらくアップするの忘れてました。
すいません^^;。

青森の津軽ラーメン取材のとき、
本誌の漫画の中にも登場してもらったラーメン屋さんです。

夕方近くの訪問でしたが、
テレビで笑っていいとも!が放映されてたのを思い出しました^^。
放映してる時間帯が違うんですね。

2年近くも前の取材です。

この記事に

開くトラックバック(2)

青森のスーパー@青森

イメージ 1

去年の夏、
青森・津軽ラーメンの取材のときに
スーパーで確認したインスタントラーメンです。
こういう風に普通に売られてるんですねー。

今頃アップするのも何なんですが、
新しいラーメン店に行けてないので…^^







今日は石神本の10周年の記念パーティが
恵比寿であります。
原作の久部氏がスピーチを頼まれてるようです。
ちょっと楽しみにしてます。
歴代の担当氏と編集長とで顔を出してきます^^。

この記事に

長尾中華そば@青森

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

本誌スペリオール連載「津軽ラーメン鑑定団」

長尾中華そば@青森

長らく青森のラーメン事情を書いてきましたが、
今回が最後です。
取材したのが7月の下旬、もう3ヶ月経つのか…。

津軽ラーメンのホープ、
弱冠31才の長尾さんが店主です。

前回の三升屋同様こちらのお店も伝統を守りつつも、
新しい味を作り出そうとしてる意欲的なお店です。

津軽ラーメンは焼き干しが味の基本ベースにもかかわらず、
焼いた味がスープに移るのがイヤで、煮干ししか使ってないと言ってました。
それにトンコツ、鶏ガラ等の動物系の旨味も加わって、
大変印象的な味でした。

こく煮干し  700円

詳細は27日発売のスペリオール本誌をご覧ください。

次回からもとの鑑定団に戻ります。
長尾中華そば [ラーメン] - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=40.47.37.393&lon=140.45.22.421&width=300&height=300&sc=4


住所: 青森県青森市大字浜田字豊田150-14
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2006年11月7日時点の情報です。


https://s.yimg.jp/images/gourmet/map_blog/img/logo_s.gif

この記事に

ラーメン鑑定団@弘前

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

6日発売のビッグコミックスペリオール、
わが「ラーメン発見伝」も青森編で盛り上がってますが、
それに連動した鑑定団も津軽ラーメン第3弾。

三升屋@弘前

このお店のユニークなところは、
既存の津軽ラーメンのスタイルを踏まえつつ、
新しい味を作り出しているという点です。

メニューの一部を撮影してきました。
歴史あるお店には見られない独創的なメニューで一杯、
津軽ラーメンのニューウェイブといった感じです。
 
写真は 塩中華700円

とんこつ、鶏ガラ等の動物系と煮干し、サバ節等の魚介系を
別取りするWスープ方式。
青森県民に受け入れられるよう、関東近辺のように濃厚ではありませんが、
美味しくいただいてきました。
麺にはゴマが練りこんであるそうです。
具にはほたてのバター焼きが乗ってます。

この記事に

開くトラックバック(2)

ラーメン鑑定団in青森

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

金曜日発売したビッグコミックスペリオール。
ラーメン鑑定団の青森、津軽ラーメン編の二回目。

赤鬼

この日の取材はこのお店だけ。ほぼ開店と同時10時に入店。
しかし、この時間にタクシーの運転手や、かなりの年配の老人や、小学生が一人で
朝ごはんとしてラーメンを食べにきてました。
朝ごはんですよ、ラーメンが!

焼き干し100%で取ったスープ、スッキリ味わい深いラーメンでした。

このお店、つけめんがありました。
聞いてみると、東京よりは歴史が古く、
決して流行りだからやってるのではないそうです。

場所や営業時間などは、スペリオール本誌にて。

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事