ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫港区のお店

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

港屋@虎の門

イメージ 1

木曜日に原稿が上がって金曜日、一日休みを取ることができました。
これ幸いと長蛇の行列が予想されるあのお蕎麦屋さんへ訪問です。
開店5分前に到着の予定でしたが、開店5分後に到着でこの有り様!
大行列です。
「港屋@虎の門」です(^^;





イメージ 2

行列に並んでるあいだにパチリ。虎の門ヒルズ!
完全にお登りさん状態(笑)。
以前この辺に来たときはまだ建設中だったのですが…
森ビル、儲かってますねー(^^)





イメージ 3

女子率3%、オジサンばっかです(笑)。
35分並んでいよいよ店内です。




イメージ 4

冷やし肉そば 870円

なにせ、ラー油で蕎麦を食べること始めちゃったんだから凄い!
最近では都内に港屋インスパイア系のお店も増えました。
硬めに茹でられた細い蕎麦をズズッと啜り上げると、ラー油の辛味と香ばしさで幸福感に満たされます(^^)。
地方ではどうなんでしょう? 港屋にインスパイアされたラー油で蕎麦を食べるようなお店は存在するのでしょうか!?
最後は卓上の蕎麦湯で〆て、ごちそうさまでした。



FBのお友達に教えてもらったのですが、サラリーマンのランチタイムを避ければこの行列の惨禍に会わずにすむようです(笑)。

紅蠍@虎ノ門

「らーめん最前線」です。
10月3日取材。
 
イメージ 1
 
店名は「紅蠍(べにさそり)」と書いて「べにかつ」と読むそうです。
8月6日オープンの担々麺専門店。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
汁なし担々麺 880円
 
左の肉味噌が乗った茹でもやしは全てのメニューに付くそうです。
ラー油の辛さと花椒の痺れが強烈な、
いわゆる「麻辣味(マーラーウェイ)」。
麺はサッポロ製麺製のモッチリモチモチ♪
 
 
 
 
イメージ 3
 
ラー油はハバネロパウダーなどを使った自家製のものと、干し海老などが入った中国製の食べられるものの二種類を使用。
辛さは三段階あるそうなのでお好みで(^^)。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
白胡麻担々麺 900円
 
鶏と豚のスープ。
 
 
 
 
東京都港区新橋3−1−2
11:00〜21:00
土11:00〜15:00
日祝定休

開くトラックバック(1)

札幌 炎神@大つけ麺博

イメージ 1
 
先日行ってきた「大つけ麺博」。
平日なのにもの凄い人出。
食券を買って最初に並んだのは「札幌 炎神」です。
東京や近郊のお店はいつでも行けるので、なるべく遠く離れた地のお店にしようと決めてました(^^)v。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
鶏ベースの味噌と白麻婆のつけ汁だそうです。
ニンニクがフワッと効いて美味い♪
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
次に並んだのは九州の「博多新風」。
しかし、ふと隣を見るととんでもないことになってます。
 
 
 
イメージ 4
 
このお店だけ異常に人がいません。
周りの行列はこれだけ凄いのですが、
最初、店が開いてないのかな?と思ったほどです。
これだけ不人気だとかえって興味をそそりますよねえ♪
「博多新風」の行列を離れてこちらに並んでみました。
並んでたのは4人でした。
「Menkouともや」という三重県は鈴鹿のお店らしいです。
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
なんというストイックなルックス!
動物系不使用のスープだそうですが、僕の苦手な甘酸っぱい味で、
箸休めに逃げようにもメンマもチャシューもありません(^^;
ちょっと辛いつけ麺でした。
千人に嫌われても二人好きになってくれればいい!というお店の人の声が聞こえてきました。
お店の人、大丈夫かな。心折れないかな。
 
 
 
10月17日までの期間中、もう一回行けそうです♪

大つけ麺博@浜松町

イメージ 1
 
浜松町の大つけ麺博に行ってきました。
今日から第二陣!
平日なのに凄い人出です。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
時代ですねえ♪
こんなブースがありました(^^;
 
さて、どこに並びましょうか。

イメージ 1
 
イメージ 2
 
アクアシテイお台場5Fご当地麺祭りに
4月14日オープンしたばかり。
 
勝浦タンタンメン 790円
 
ちょいとお値段が張るのは場所代か?
本場で食べたことがないのでなんとも言えませんが、
都内の他のお店で食べたときはこんな妙な甘味はなかったけど、
どちらがホントの味なのだろう(^^;
 
お兄ちゃんが大声を張り上げてお客さんを呼んでいました。
 

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事