ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫港区のお店

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

穴子拉麺@六本木

穴子拉麺@六本木

イメージ 1

2005年11月頃訪問のラーメン鑑定団です。
東京屈指の繁華街、
六本木の静かな佇まいの中にありました。



イメージ 2

取材中の様子。




イメージ 3

確か穴子の骨からダシを採ったというラーメン。
かなりアッサリしてたと思います。



イメージ 4

こちらは牡蠣が乗ってますね。
失礼ながらメニュー名は失念してしまいました。




イメージ 5

こちらはサイドメニューの穴子丼?かな^^;。



全体的にかなりアッサリ目で、
塩味も控え目、
身体には優しいんでしょうけど、
僕の好みとしては
もう少しパンチが欲しいと思ったのも事実です。



東京都港区六本木7-8-16 
11:30〜15:00
18:00〜24:00
日祝定休

営業時間やメニュー等は、
当時と違うかもしれませんのであしからずです^^。

開くトラックバック(1)

ラーメン屋 秀@赤坂

博多取材のあと、
ラーメン鑑定団で「東京で食べられる博多ラーメン」を紹介すると言う企画で訪問しました。
2004年夏ですね^^。

ラーメン屋 秀@赤坂

イメージ 1

外観を撮ってないので店内の写真を^^。

博多の人気店「秀ちゃんラーメン」の東京進出店。

店主の河原氏の博多の味を守るだけでなく、
精力的に新しい味を求めようとする姿勢が印象的でした。







イメージ 2

自家製麺です。
可愛い店員さんが麺を作ってました。







イメージ 3

イメージ 4

どちらかがお店お薦めの「トロ肉チャーシュー麺」。

どちらも、
かなり美味しかったという記憶があります。

また行きたいお店の一つであります^^。




東京都港区赤坂2−17−58
12:00〜23:00
無休

中華そば むらさき山@三田

最近、その評判を聞くことが多くなったので
訪問してみることにしました。

最寄り駅は地下鉄の三田か山手線の田町なのですが、
ウチからだと大江戸線の赤羽橋で降りれば、
乗り換えなしの一本で行けます。

交通費の節約にもなりますし、
赤羽橋から歩くことにしましょう^^。




イメージ 1

赤羽橋を降りると、
ドーンと東京タワーが出迎えてくれます。







イメージ 2

約10分で「むらさき山」到着!

話題の券売機があります。
「おっ、噂どおりしゃべった!」^^。
店内は8割ほど学生が占め、
大賑わいでした。






イメージ 3

つけめん 700円

ご主人は和歌山ラーメンの有名店出身と聞きました。
確かに麺が和歌山っぽいです^^。

最近流行りの極太麺も好きなんですが、
このポキッっとした感じの細麺も中々美味しいですねー。
新鮮な食感に大満足^^。

つけ汁は濃厚な動物系が支配して、
多少の粘度をもって麺にからみついてきます。
砂糖の甘味がないのも高評価。
ざく切りのチャーシューも柔らかくて美味しかったー^^。




イメージ 4

ピンボケですいません^^;
卓上にある柚子胡椒です。

麺を半分ほど食べすすんだ頃投入してみました。
またひと味の変化を楽しめて食が進みますねー^^。

スープ割りもいただいて、
美味しくごちそうさまでした。


極太麺に飽きたら、
こちらの細麺のつけめんも面白いかも、ですねー。




東京都港区芝5−23−8
11:30〜14:30
17:30〜22:00
日定休

開くトラックバック(4)

おらが@新橋

鑑定団です。

おらが@新橋

イメージ 1

今年3月オープン、訪問日は5月7日。

最近はお店の外観がラーメン屋っぽくない場合が多いですねー。






イメージ 2

基本はらーめんと盛りそばというメニュー構成。






イメージ 3

東池大勝軒系の某有名店で修業したというイケメン店主。







イメージ 4

流行りの濃厚豚骨魚介系ながらも、
他店との差別化を図るため
スープにはコマイとも呼ばれるヒメダラを2種類使用。
イメージ 5

かえしはカツオ、サバ、コンブ等を使用。
麺は「武蔵」「青葉」「ちばき屋」等でも使用されてる
北海道はカネジン食品のハリのある中太麺。






イメージ 6

ココナッツを隠し味に、
香味油に干しダイを使用した盛りそば。



色んなアイデアを駆使した、
意欲溢れるラーメン屋さんでした。


星二つ半。




東京都港区新橋4−14−4
平日11:00〜15:00
  18:00〜22:00
土 11:00〜15:00
日祝定休

希須林@赤坂

希須林(きすりん)@赤坂
イメージ 1

赤坂で気になってたもう一軒。

ここ数年、都内でこういう坦々麺の専門店を
見かけるようになりましたね。

お昼前で店内は混雑してましたが、
すぐ着席できました。





イメージ 2
四川坦々麺 950円
五段階の辛さから選べるようになってました。
3番目がノーマルのようなので、
ちょい辛めの4番を選びました。

この日、白いTシャツだったので
気を付けて啜らないとヤバイと思いましたが、
紙エプロンが用意されてるのでひと安心。




イメージ 3

濃厚な胡麻の香りと旨味と、
その後に心地よい辛味が来ます。

思ったほど辛くありませんでした。
5番目の一番辛いやつ選んでもよかったかも。


もともと坦々麺は、その字のとおり
担いで屋台で売ってたもので、
汁はありませんでした。
それが日本風に汁があるものにアレンジされ、
汁のない坦々麺を
わざわざ「汁なし坦々麺」というふうに呼ぶ
逆転現象がおきました。




イメージ 4

ライスが無料サービスなので、
麺を食べたあと、スープに入れておじや風に。

一杯で二度楽しめます。

画像が汚らしくてすいません。
ごはんもよくみえませんね^^。


美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。




この後は赤坂から新宿まで軽く散歩。
それでも一万歩歩きました^^。




港区赤坂3−7−9
月〜水11:00〜15:00
   17:00〜22:30
木金 11:00〜15:00
   17:00〜23:30
土日祝休

開くトラックバック(1)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事