ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫北区のお店

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

GANCON NOODLE@駒込

イメージ 1
 
「らーめん最前線」です。
昨年の11月3日取材。
 
GANCON NOODLE(ガンコンヌードル)、10月4日オープン。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
ご主人は元ラーメン専門のライター!
その当時に取材したラーメン店はなんと1000軒以上。
取材で奇をてらったラーメンを食べることも多く、そのため普通のラーメンが食べたいなあという思いから創業当時の「麺創研かなで@府中」で修業。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
ガンコンラーメン全部乗せ 880円
 
丸鶏ベースにモミジ・カツオ節・煮干し・シイタケ・昆布等のスープに、
チー油とネギ油を合わせたものを浮かべる。
醤油ダレに漬け込んだバラ肉と、ハーブと塩麹を塗して低温調理した肩ロースのチャーシューも美味♪
 
 
数々のラーメンを食べつくした人間のたどり着いた味を堪能してみるのも一興(^^/。
 
 
 
 
 
東京都北区中里1−3−3
11:30〜14:00
17:00〜22:00
第一第三火定休

イメージ 1
 
美人と評判の高い店主を一目見ようと
「ほうきぼし@赤羽」訪問です(^^/。
 
木曜平日のお昼時、店外に待ち一人。
その後僕の後ろにも一人並んで、待ち三人の状態。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
評判通りの美人店主に「汁なし担々麺 880円」を注文。
去年開店した当時、女将は若干19歳だったようです。
19歳で行列店を立ち上げるとはたいした才能ですよね。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
まぜるとこんな強暴なビジュアルにに変身!
スパイシーでモッチモチ♪
食べ進むと、頃合いを見計らって口直しのスープが供されました。
 
想像以上に辛いです(^^)。
花椒のピリピリが表面に来てニンニクはあまり感じませんでしたが、
帰るとかみさんに「ニンニク臭い!ニンニク臭い!」と悪評でした(^^;。
他のメニューも気になりますね♪
 
なお美人店主のお姿は、是非ご自分でご確認ください(笑)。
 
 
 
 
東京都北区志茂1−10−1
火水木日
11:00〜15:00
金土
11:00〜15:00
17:00〜20:00
月定休

開くトラックバック(1)

らあめん HAJIME@十条

「らーめん最前線」です。
「らあめん HAJIME」、3月7日取材。
 
 
イメージ 1
 
2月20日オープンの蓮根の「らあめん 元」のネクストブランドです。
 
 
 
 
イメージ 2
こちらのお店、牛でスープを取ってると評判になりましたが、
実は牛骨ではなく牛肉でだしをとっているのだそうです。
百杯につき牛肉20㎏ほど使用。
 
 
 
 
イメージ 3
 
牛塩らあめん 700円
 
 
 
 
イメージ 4
 
牛醤油らあめん 750円
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
ステーキのせ牛塩らあめん 1000円
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
鶏白湯らあめん 700円
 
 
 
 
20㎏の牛肉を焼いては寸胴に入れ、
焼いては寸胴に入れという作業を一時間繰り返し
7時間ほど煮込んだもの。
大量の牛肉を長時間煮込んだだけあり、
そのスープは贅沢そのものの豊潤な味わいです。
 
シンプルに塩で味を調え、
香味油にも頼らず牛の魅力で直球勝負!
 
「ステーキのせらあめん」はステーキ120g、
ほぼ原価の儲けなしだそうです。
 
 
 
 
 
東京都北区上十条2−30−9
11:30〜15:00
18:00〜22:30
月定休
 
 
 
 

開くトラックバック(2)

「らーめん最前線」です。
6月23日取材。
 
個人的に訪問しているので僕は二度目になります。
 
   焙煎汐蕎麦処 金字塔@赤羽
イメージ 1
 
                    金字塔のご主人です。
       
        中華のお店で10年ほど修業後、
        ラーメンの世界へ。
        3年前「らーめん しおの風」というお店をオープン。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
居酒屋風の店内。
もちろんお酒も飲めます。
 
 
 
 
イメージ 3
 
しおそば 680円
 
「今までに無い塩ラーメン」がコンセプト。
スープの主体である鶏ガラとモミジを
オーブンでローストしてから煮込んでいる。
 
魚を入れるとせっかくの焙煎が飛んでしまうので、
魚は一切使用していないそうです。
 
 
 
 
イメージ 4
 
つけそば 750円
 
なんと二段重ねの麺!
上は低加水の「博多麺」、
下はブランド小麦、傾奇者を使った「カブキモノ細麺」。
 
つけ汁は通常のスープを低温でゆっくり煮詰めて凝縮したもので、
りんご酢の酸味が爽やか。
 
 
 
 
イメージ 5
 
赤味噌そば 700円
 
 
 
 
イメージ 6
 
熟成しおそば 800円
 
 
 
 
イメージ 7
 
チャーシューではなく自家製ベーコン、
くちなしの実で色づけした黄金煮玉子…
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
サイド・メニューも豊富です。
 
 
アイデア満載で独創的な新店でした。
 
 
 
 
 
東京都北区赤羽1−62−5
11:30〜15:30
17:00〜24:00
無休
 

開くトラックバック(2)

焙煎汐蕎麦 金字塔@赤羽
イメージ 1
ばいせんしおそばきんじとうと読みます
 
赤羽駅から、徒歩5〜6分かな?
2月4日オープンの、
竹ノ塚の「らーめん しおの風」のネクストブランド店です。
 
こちらのお店を選んだ理由は、
特筆すべき特徴がいろいろあるからなんです
 
 
 
 
                          まず、券売機で食券を購入して席に着くと…
イメージ 2
                          コーヒー油がテーブルに置いてありました。
             
             これは…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
カウンター上の能書きを読むと、
半分ほど食べ進んでから入れてください、とのことでした。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
運ばれてきたつけそばはなんと、二段重ね     750円
 
いまだかつて、二段重ねの経験はありません。
 
チャーシューではなくベーコン。
つくねの食感もコリッとして美味。
ネギの小皿に乗ってる白く小さいもの、これがトリュフ?
これはよくわかりませんでした
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
       量の少ない上の重は加水率低め、
       下は加水率高めのツルリとした食感の麺。 
       楽しいです
 
       鶏の旨味の詰まったつけ汁
       キリッとエッジが立って美味
 
 
 
 
 
 
 
 
       半分食べたあと、例のコーヒー油を投入してみると…
 
 
        ふーん…
 
 
        劇的な変化はありませんでしたが、
        コーヒーの香りが鼻腔をくすぐり、
        食欲が刺激されますね
 
        面白い試みです
 
 
 
 
 
イメージ 6
さらにスープ割りは業界初の玄米茶割り
 
茶の量が少なくありませんかね。
それが不満と言えば不満かな?
 
 
新しくて面白いことを意欲的に試してることに、
とても好感が持てました
 
 
ごちそうさまでした。
 
 
 
東京都北区赤羽1−62−5
11:30〜15:00
17:00〜24:00
 
 
このあとは自宅まで歩いて帰ります。
約8km、1時間半の散歩でした
 
 
 
 
 
 

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事