ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫荒川区のお店

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

一由そば@日暮里

イメージ 1

この日は取材撮影で日暮里へ。もちろんクロスバイクで(^^)。
終了後のランチは「一由そば」さんへ。
日暮里の有名な立ち食いそば屋さんです。
こここそ男の聖地、女子はさすがい来ないだろうと思っていたらちゃんと並んでますね(笑)。
この写真は食べて出てきたときのもの。

システムが分からずドキドキしながら入店しましたが、そばの量とトッピングを告げてお金を払えばいいようです。





イメージ 2

そば大 270円 + ジャンボゲソ天 140円 をオーダー。

安い!(^^)
さらに卓上の小口切りされたネギは盛り放題。ネギ好きにはたまりません(^^v。
自家製と思われる七味をかけていただきまーす!
カツオが効いて旨〜い!
ゲソ天っていうのは山形っぽいですね。
山形ではそばもラーメンもゲソ天が大人気です。

店頭にはかなりの種類の天ぷらが揚げてあってそれを選ぶ楽しさもあります。サイドメニューのおにぎり類も豊富。慣れた人はそばとトッピングとおにぎりを注文してサッと食べていきます。
立ち食いの真骨頂ですな(^^)。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

もう一軒行けるね(^^)。

この記事に

イメージ 1

ネームの合間、時間が取れたのでラーメンサイクリングです。
三ノ輪の「トイ・ボックス」さん初訪。
久しぶりの三ノ輪で、取材等で何度か来てる場所でしたが店に着くまで少々迷ってしまいました(^^)。
自転車で1時間弱、ちょうどお昼どき3人の待ち。
ビブグルマン獲得のお店。




イメージ 2

醤油ラーメン750円と地鶏そぼろご飯250円

湯切りを見ていると既視感を覚えます。
オールバックの髪型のラーメン屋を彷彿させるなあと思って、店内を見渡すとその方とツーショットの写真が。
そちらで修業されたのでしょうか。





イメージ 3

イメージ 4

シンプルなルックスの流行りの鶏清湯。
鶏の旨味があふれる一杯。
旨い!文句なしに旨い!
麺ののど越しも言わずもがな。
麺を食べたあとは、スープでそぼろご飯をかき込んでごちそうさまでした(^^)。

この記事に

イメージ 1

ラーメンウォーキングです。
「裏サブロン」でドイツのTV局のインタビューを受けたあと町屋まで軽く散歩。町屋の「1/20(にじゅうぶんのいち)」さん初訪です。



イメージ 2

券売機の左上のボタンをポチ。
塩そば(味玉入り)880円。
塩が一押しなんですね。




イメージ 3

加水低目のストレート細麺。
塩分が抑えられた鶏の旨味がジンワリくるスープ。
ツルツルっと身体に入っていきます。
物足りなさも感じるけど身体に優しい塩分で、僕のようなお年ごろにはちょうどいいかもしれません。
店名の1/20ってどういう意味なんでしょうね、塩分が1/20なのかも(^^)。
美味しくいただいてごちそうさまでした。

この記事に

裏サブロン@日暮里

イメージ 1

イメージ 2

ラーメンウォーキングです。
日暮里駅から徒歩7〜8分。
「サブロン」という洋菓子屋さんの裏手に回ると…
なにやらTVカメラを持った外国人がいます。
「?」と思いながらも「サブロン」の裏のドアをガタピシと開けるとそこは「裏サブロン」というつけ麺専門店です(笑)。
手作り感満載の4席しかないつけ麺店。
椅子はビールケースです(笑)。

東池袋大勝軒の味にほれ込み独自にその味を目指したという洋菓子屋のご主人がオープンしたお店です。
以前は「カフォルニア ヒュージョン」という店名でしたがいつからか「裏サブロン」に変更したんですね。

メニューは「つけ麺700円」と「肉増しつけ麺1000円」のみ。
つけ麺をお願いして支払いを済ませます。
手を洗いご主人が調理を始めました。

すると後ろの扉がガタピシと鳴って流暢な日本語の女性が「ドイツのテレビ局なんですが、食べてる最中にこちらの店をどうやって知ったかとかどちらから来たかとか聞かせてもらってもいいでしょうか?ドイツ国内だけでの放送になります」と言ってきました。
隣の男性客とお互い顔を見合わせながら「い、いいですよ」と返答。
ドイツがラーメン店の取材とは!?
一瞬頭をよぎったのは新横浜の「ラーメン博物館」に入っている
「無垢-muku-ツヴァイテ」というドイツのラーメン屋さんのこと。
もちろん日本人の手によるラーメン屋さんなのですが、ドイツでは人気のラーメン屋さんなのだそう。
こういうお店がきっかけでドイツでもラーメンが人気になっているのかな?ということをその女性に聞いてみたいと思いました。
思っただけです(^^)。



イメージ 3

イメージ 4

そうこうしてるうちにつけ麺700円が到着です。
甘味と酸味が主張してきますね(^^)。
少々オイリーで満足感を演出。
極太でモッチリの麺も美味!
つけ汁もよく絡みます。これは旨い!

そうこうしているとカウンターからカメラが出てきて先ほどの女性がインタビューを始めました。
女性「どうやってこのお店を知りましたか?」
僕 「一番最初はラーメン関係の雑誌で知りました」
女性「近くに住んでいるのですか?それともわざわざ食べに?」
僕 「ラーメンの食べ歩きをしています。今日もここで食べるた    めにわざわざやって来ました」

ラーメンの食べ歩きというところに少し突っ込みが入るかな?と思ったけどスルー。なのでラーメンの漫画を描いていましたと言っても理解されるかどうか分からなかったので秘密にしておきました(笑)。
隣の男性は職場が近所でよく大行列なのを見ていたけど、今日は行列がなかったので入りましたというようなことを言ってました。

なぜドイツのテレビスタッフが「裏サブロン」に興味を持ったのでしょうね。場末感でしょうかね(^^)。それなら讃岐うどんなんかも興味持つかもね。

「裏サブロン」のつけ麺は想像以上の旨さだったのでまた食べに来たいと思いました。次は肉増しかな(^^)。

この記事に

大和水産@三河島

イメージ 1

この日三河島の「にゃがにゃが亭」で冷やしラーメンを食べたあと、もう一軒寄ることにしました。
すぐそばにある「大和水産」というお鮨屋さん。
こちらのランチが評判のようでずっと前から目を付けていたいたのです(^^)。





イメージ 2

イメージ 3

みっくす丼(赤身中トロ)1000円

マグロよりはカツヲが好みの僕ですが、この値段で山盛りのマグロ丼が食べられるなら迷わずいただきます(^^v。
大ぶりに切られた赤身と中トロにかぶりつく。
旨〜い♪
脂の乗った中トロが口の中でとろけます。
もう説明はいらないでしょう。

近隣の住人やサラリーマンに人気なのもわかります。

帰りはお約束のウォーキング、22,000歩はけっこう歩きましたね。

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事