ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫台湾取材

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

珊帝の小屋@台北

イメージ 1

台湾取材の最後のお店です。
「珊帝の小屋」は洋風の外国料理店。
にもかかわらず、ラーメンが売れちゃったんですねー^^。

日本風がモットーで、
台湾的な食材は一切なし。

イメージ 2

多分、東京正油叉焼拉麺






イメージ 3

こちらは博多豚骨かなー?
食べ散らかした後の写真ですいません。
フィルムではちゃんと押さえてるハズです^^;。




イメージ 4

取材無事終了!


台北市長安東路二段

この記事に

赤坂拉麺@台北

イメージ 1

イメージ 2

あのTVで有名な赤坂ラーメンが台湾に進出してました。

台湾ではテレビ東京の「TVチャンピオン」が大人気!
当時TV出演の多かった佐藤社長も有名人で、お店も大繁盛。

画像は佐藤叉焼拉麺。
日本と変わらぬコクのある美味しいラーメンでした。

店長の林氏は
日本の赤坂ラーメンで修業。
「本当の日式拉麺はウチ以外にない」
と豪語。

納得の一杯でした。


台北市忠考東路4段

この記事に

開くトラックバック(1)

士林夜市(台北)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

台北を代表する士林夜市の屋台村です。
台湾を知るには屋台に行け、というほどに色んな屋台があります。

夜中12時近い時間帯にもかかわらずこの賑わい、
とてもパワフルでした。

台湾の食文化のひとつなんでしょうか、
食事は食事のお店で、
アルコールはアルコールのお店で、
というスタイルがはっきりしていて、
一杯やりながら食事をする屋台がなかなかありません。

あの小籠包・餃子で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)でも
ビールで一杯やってるのは我々日本人や外国人のみ。
地元台湾の方々はただ黙々と食べてました。

鼎泰豊の写真は一枚も撮ってないようです^^;。

この記事に

殿様拉麺@台北

殿様拉麺@台北

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

実はこのお店、当初、取材予定はなく、
飛び込みで訪問したお店。

店主は元商社マンの日本人。

石神氏の顔を見て絶句^^。
よもや台湾の地でラーメン王の訪問を受けるとは
思ってもいなかったでしょうね。

快く取材を受け入れていただき、
取材後も台北の夜を案内して貰ったことを覚えています^^。







イメージ 4

一番人気のトンコツラーメン(拉麺大骨味)。
やっぱり台湾風にアレンジされたアッサリ味だったと思います。






イメージ 5

よく覚えてません^^;。
味噌ラーメンかな?




現地の女性と結婚して日式拉麺屋を営むご主人。
日本にはない苦労もあると伺いましたが、
頑張ってほしいと思います。




台北市中山區伊通街68号

この記事に

度小月@台北

度小月@台北

台湾取材のフィルム写真がみつかりました。

台湾で人気の麺料理「牛肉麺」に続いて、
「担仔麺(タンツーメン)」の紹介です。

度小月は台南で100年以上の歴史を誇る担仔麺の老舗。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

  太麺にエビのスープと秘伝の肉味噌をからめて食べます。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6





台北市忠考東路四段170巷

この記事に

開くトラックバック(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事